By Machi / 最後の更新 2022年05月06日

増分バックアップについて

情報化社会の発展に伴い、コンピュータの使用がますます普及になっていきます。データの安全性が重要な考慮事項となっていきます。一般的に言えばバックアップ方法が3つあります。それはフルバックアップ、増分バックアップ、差分バックアップです。

増分バックアップは、前回のバックアップに基づいて変更されたファイルのみバックアップするバックアップ方法です。3つのバックアップ方法から増分バックアップは、バックアップにかかる時間が一番短く、バックアップに必要な容量も少ないです。

増分バックアップでは、まず初回にフルバックアップを行います。2回目以降では、前回のバックアップから変更・追加されたファイルのみバックアップします。つまり、初回の増分バックアップは、初回のフルバックアップに基づいて、変更・追加されたファイルをバックアップします。2回目の増分バックアップは、初回の増分バックアップに基づいて、変更・追加されたファイルをバックアップします。

Windows Server 2012 増分バックアップを作成する方法は?

AOMEI Backupper Serverは、Windows Server 2022/2019/2016/2012(R2)/2008(R2)/2003向けのプロのバックアップソフトです。フル/増分/差分バックアップの3つのバックアップタイプと、ファイル/パーティション/システム/ディスクバックアップの4つのバックアップモードに対応しています。

このソフトを使えば、いくつかのクリックだけで、Windows Server 2012の増分バックアップを簡単に作成できます。UIデザインがシンプルでわかりやすいので、初心者でも気軽に使えます。

では、AOMEI Backupper Serverを使用して、Windows Server 2012の増分バックアップの作成方法をご案内しましょうˋ( ° ▽、° )

開始する前に、まずAOMEI Backupper Serverをダウンロードし、インストールします。

Serverの無料体験版 ServerとWindows PCの全バージョン
安全かつ高速

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverを開きます。「バックアップ」タブ→「システムバックアップ」をクリックします。

システムバックアップ

ステップ 2. 他のバックアップタスクと区別するには、タスク名を変更するのをお勧めします。デフォルトで、Windows Serverの起動に必要なドライブが既に選択されるので、バックアップ先だけを選択すればよいです。

バックアップ先

ステップ 3. 増分バックアップを作成するには、まず「スケジュール」をクリックし、自動バックアップを有効にする必要があります(自動バックアップを有効にした後、AOMEI Backupperはデフォルトで、増分バックアップでバックアップを作成します)。必要に応じて毎日/毎週/毎月/USB挿入/イベントトリガー(システム起動/シャットダウン、サインイン/サインアウト)から自動バックアップモードを選択します。

スケジュール

ステップ 5. 「スキーム」タブをクリックし、n回の増分バックアップ後、フルバックアップを実行するのを設定できます。

スキーム

ステップ 6. すべての設定を確認し、「開始」をクリックします。操作が完了するまで待ちます。

開始

▶ 注意:作成されたバックアップを復元したい場合、「復元」をご利用ください。「ユニバーサル復元」というオプションにチェックを入れると、バックアップを異なるハードウェア構成の別のPCへ復元できます。

まとめ

この記事では、Windows Server向けのプロのバックアップソフト-AOMEI Backupper Serverで、Windows Server 2012の増分バックアップを作成する方法をご紹介しました。

AOMEI Backupper Serverはバックアップ&復元に加えて、クローン、同期、ディスク消去など様々な機能を備えています。Cドライブをクローンしたい場合や、ディスクを徹底的に消去したい場合、このソフトは役立ちます。

また、AOMEI Backupper Serverには、PXEブートツールが搭載されています。このツールによって、ネットワーク経由でLAN内の複数台のクライアントパソコンを起動させることができます。企業ユーザーには非常に便利です。今すぐダウンロードし、体験しましょう!