By ゆき / 最後の更新 2020年12月22日

目次:お好きなところからご覧ください~

Windows Server 2003について

Windows Server 2003はマイクロソフトがWindows 2000 Serverの後継として開発した小規模~大規模サーバ用のオペレーティングシステム(OS)です。2005年6月にx86プロセッサの64ビット拡張に対応したWindows Server 2003 x64 Editionsがリリースされ、Windows Server 2003を基にしたクライアント版のWindows XP Professional x64 Editionも合わせてリリースされました。また、同年12月にWindows Server 2003 R2がリリースされました。

Windows Server 2003

マイクロソフトはこのバージョンにおける新しいツールや特徴・機能を「Feature Packs」という形で無償ダウンロード提供をおこなっています。ユーザーの異なるニーズを満たすためにWindows Server 2003のエディションの種類も様々です。例えば:

  • Standard Edition:中小企業向けまたは大企業等で利用されるファイルサーバーやプリントサーバーを目的とした小規模サーバー用途である。

    ファイルサーバーのバックアップを簡単に行う方法

  • Enterprise Edition:SQL Serverの使用やeコマースを目的としたバックエンド サーバー用途である。Standard Editionと比べてクラスタリングなどの高度な機能をサポートしている。

  • Datacenter Edition:高度な信頼性や拡張性、可用性が必要な環境で使用される。

Windows Server 2003バックアップの必要性

★Windows Server 2003サポート終了★ マイクロソフト社が提供しているOS「Windows Server 2003」のサポートが2015年7月15日(日本時間)に終了します。

◆マイクロソフト社のOSサポート終了後にWindows Updateの適用がなくなり、修正プログラムが提供されないため、発見された脆弱性に対する修正が行われません。脆弱性を悪用した攻撃の対象となりやすくなり、「企業・組織の業務停止」「機密情報漏洩」「内部不正への悪用」などの被害に遭う可能性があります。セキュリティリスクが高くなります。リスク回避のために、現在ご利用中のWindows Server 2003/Windows Server 2003 R2を、マイクロソフト社のサポート中のOSへ入れ替えることを推奨します。OSの入れ替えを行う時に、操作ミスや故障に備えて、事前に重要なデータをバックアップし、イメージを作成することをお勧めします。必要があれば、失われたデータをイメージバックアップから復元することができます。

◆当時Windows Server 2003を利用していた企業では、多くが新バージョンであるWindows Server 2008/2012またはWindows Server 2016/2019に移行しましたが、「新バージョンへの移行が難しい」「バージョンアップに伴うアプリケーション・プログラムの改修や作り直しが必要となる」「現在の業務システムが新しいOSやハードウェアでは動作しない」などの理由で、Windows Server 2003を使い続けることを選択するというケースもあります。Windows Server 2003で重要なデータを保護するために、イメージバックアップを作成する必要があります。

Windows Server 2003向けのバックアップソフト

Windows Server 2003でイメージバックアップを作成するために、強力なバックアップソフトウェアが必要です。ここではAOMEI Backupper Serverを強くお勧めします。それは、Windows Server 2003(R2)だけでなくWindows Server 2019/2016/2012(R2)/2008(R2)、Windows SBS 2003/2008/2011、Windows 10/8.1/8/7/Vista/XPにも対応します。大切なデータを守るために、ファイル/システム/パーティション/ディスクバックアップをローカルドライブ、外付けHDD、共有フォルダ、クラウドストレージなどのデバイスに作成できるし、バックアップスケジュール/スキームを詳細に設定できます。ウィルス感染、HDD故障などが発生した場合は、別のデバイスに保存されたイメージバックアップを利用して失われたデータを復元することもできます。わかりやすい操作画面があるので、パソコン初心者でも簡単に使えます。

バックアップスキーム:バックアップディスク領域を自動的に管理

30日間無料体験 安全かつ快適

次は、Windows Server 2003でのファイルバックアップを例として、AOMEI Backupper Serverでのバックアップ作成方法をご紹介しましょう~ヽ(*´∀`)ノ

Windows Server 2003でイメージバックアップを作成する方法

手順 1. このWindows Server向けバックアップソフトAOMEI Backupper Serverをダウンロードしてインストールします。

手順 2. AOMEI Backupper Serverを起動した後、「バックアップ」タブ→「ファイルバックアップ」をクリックします。

ファイルバックアップ

手順 3. 「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックしてバックアップしたいファイルまたはフォルダを選択します。

ファイルを追加

手順 4. バックアップ先(外付けHDD、USBメモリ、DVD-Rなどの外部記憶装置、または共有フォルダ、クラウドストレージなど)を指定します。

バックアップ先

手順 5. 「開始」をクリックします。

Windows Server 2003でイメージバックアップの作成が完了しました。

結論

上記の画像の通り、AOMEI Backupper Serverはバックアップスケジュールの設定オプションも提供しています。特定の曜日や時刻にフル/増分/差分バックアップを自動で実行することができます。また、「オプション」をクリックすると、イメージを圧縮、分割、暗号化することもできます。さらに、データのバックアップと復元の他に、AOMEI Backupper Serverは「イメージをチェック」「イメージをマウント」「ブータブルメディアの作成」などの高度な機能を備えています。今すぐダウンロードして試してみませんか?

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。