By AOMEI / 最後の更新 2021年07月29日

目次:お好きなところからご覧ください~

なぜ、Windows10入りのSSDからHDDにクローンするか?

ほとんどの場合、パソコンの処理速度を上げたり、Windows10の動作を速くしたりするために人々はHDDをSSDにクローンしようと思います。例えば、今まで使用していたHDDをKingston SSDにクローンしたいかもしれません。しかし、SSDからHDDにクローンを作成する人はいますか?なぜ、SSDをHDDにクローン作成したいですか?次のような理由が考えられます。

  • 一般的にSSDは低容量なので、OSと多くのアプリケーションはそこに保存されると、容量不足になりがちです。十分な空き領域を確保するために小容量SSDを大容量HDDにクローンする必要があります。大容量SSDにもクローンを作成できますが、ご存知のように同じサイズのHDDがSSDよりも安いので、コストを抑えるためにHDDを選択したほうがいいと思う方は多いでしょう。

  • ご存知のようにSSDはデータの読み書き回数の上限(寿命)が決まっています。また、大容量のデータの読み書きを行うほど劣化していきます。SSDと比較すると、HDDは書き込み可能回数に制限がないので、SSDより長時間使用できます。つまり、データの長時間保存に適するのはHDDです。そのため、SSDをHDDにクローンすることも当然です。

  • Windows10での操作についてよく知らない人は、誤って重要なファイルを削除することに備え、Windows10入りのSSDをHDDにクローンしたいかもしれません。クローンしたHDDはバックアップとして使用できます。そうすると、データを二重に守ることができるようになります。

  • 最も重要なことに、HDDからデータを復旧するのはSSDよりも簡単です。そのため、ご覧のようにHDDを使うのは多くのメリット・利点があります。

上述の場合は、Windows10入りのSSDをHDDにクローンするのはかなり役に立ちます。

Windows10入りのSSDからHDDにクローンするためのフリーソフト

しかし、Windows10であろうと、Windows7/8であろうと、Windows標準搭載ツールでSSDをHDDにクローンするのは難しいです。そのため、SSDからHDDへクローンを作成するには、信頼性のあるサードパーティ製クローンソフトウェアを使う必要があります。ここでは、AOMEI Backupper Standardという強力なバックアップ&復元、クローン、同期フリーソフトを強くお勧めします。Windows10(32/64ビット)を再インストールせずSSDをHDDに安全にクローンできます。また、クローンしたHDDが正常に起動することも保証できます。

誰でも簡単に使えるので、今すぐダウンロードし、試してみませんか?

この無料クローンソフトは「インテリジェントクローン」と「セクター単位のクローン」2つのクローン方式を提供しています。必要に応じて1つを選択してください。SSD上のセクタが破損しても大丈夫です。AOMEI Backupperは不良セクタのあるドライブもうまくクローンできます。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/Vista/XP
5千万人以上のユーザーに信頼されてる

※ヒント:データディスククローン(またはMBR間の起動ディスククローン)、パーティションクローンは無料で実行ですますが、起動ディスクをMBRからGPTへ、GPTからMBRへ、GPTからGPTへクローンするか、システムだけをクローンする場合は、有料版にアップグレードしてください。

そのほかのバージョン | AOMEI Backupper

1台のServer向けのServer版、台数無制限のPC向けのTechnician版、台数無制限のServer向けのTechnician Plus版もあります。Technician(Plus)版を利用して、クライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~

ab techplus

Windows10入りのSSDからHDDにクローンする簡単な方法

次はAOMEI Backupperを使用してWindows10入りのSSDをHDDにクローンする方法をご紹介しましょう~ლ(╹◡╹ლ)

ご注意:クローン後、ターゲットドライブ上のすべてのデータが上書きまたは削除されるので、重要なデータがあれば、事前にそれらをバックアップしておいてください。

ステップ 1. お使いのPCにHDDを接続します。AOMEI Backupper Standardをインストールして起動します。「クローン」タブをクリックして「ディスククローン」を選択します。

  • ※ヒント:この例では、SSDとHDD両方はMBRパーティションスタイルであることとします。

ディスククローン

ステップ 2. ここではソースドライブ(クローン元のSSD)を選択して「次へ」をクリックします。

ソースドライブ

ステップ 3. 次には、ターゲットドライブ(クローン先のHDD)を選択して「次へ」をクリックします。

ターゲットドライブ

ステップ 4. デフォルト設定では、「SSD上の使用済み領域だけをクローンする」インテリジェントクローンを実行します。もし、使用、未使用に関わらず全てのセクタをクローンしたいなら、「セクター単位のクローン」にチェックを入れて「開始」をクリックします。

開始

●クローン作成が完了した後、HDDに未割り当て領域が作成されるかもしれません。心配しなくて、クローン後の未割り当て領域を参照して、これらの未割り当て領域を活用できます。

●HDDにWindows10 OSをクローンした場合、BIOS設定で起動順位を変更して、Windows10はHDDから起動することを確認してください。

●「パーティションを編集」をクリックすると、HDD上のパーティションのサイズを調整できますが、「セクター単位のクローン」を選択したら、パーティションサイズは変更できなくなります。

●HDDにクローンを作成するので、「SSD 4Kアライメント」にチェックを入れる必要がありません。

まとめ

AOMEI Backupper Standardを使用すると、ただ4つのステップでWindows10入りのSSDをHDDにクローンすることができます。上述の方法はWindows10だけでなくWindows7、8、8.1にも適用されます。また、AOMEI Backupperは世界中のデータを守るために、色々な機能を提供しています。例えば、システム/ディスク/パーティションのバックアップ&復元、ファイル同期、ブータブルメディアの作成などです。

システムバックアップのやり方

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。