By ゆき / 最後の更新 2022年11月02日

Windows10/11 HDDの引っ越しが必要である理由

  • 状況:Windows 10/11のOSはリリースされた以来、多くのユーザーはWindows 7/Windows 8からWindows 10/11にアップグレードしましたが、時間が経つにつれてパソコンの起動やプログラムのロードを長時間待つことに飽きてしまって、新しいHDDまたはSSDへの換装を考えています。今のWindows 10/11がインストールされたHDDをより大きいHDDやSSDに丸ごと引越しようと思います。

それで、ネットでちょっと調べたら、HDDを丸ごとコピーするのは一番簡単な引越し方法が分かりました。HDDのコピーはバックアップを作成してから復元する作業(この方法はバックアップと復元、2つの段階が必要で、決して最も簡単な方法とは言えません)ではなく、一度に済ませる作業です。

引っ越し後、OSを再インストールする必要がありませんし、HDDを新しいHDDやSSDと交換すると、そのまま新しいHDDやSSDから起動して直接使用することができます。中身のデータや設定、アプリケーション、環境等は元の通りであり、少しも前と変わらないことです。次はこの方法の詳細な手順をご紹介します。

Windows10/11 HDDを丸ごとコピーするための準備

Windows10/11 HDDを丸ごと引っ越しする前に、いくつかの準備をしなければなりません。

1. まずは新しいHDDまたはSSDを用意しましょう。新しいHDD/SSDの容量が古いHDDより大きい方がいいです。そして、新しいHDD/SSDをパソコンに取り付けるか、接続します。接続する場合、HDD/SSDのインターフェースによってUSB変換アダプタを用意する必要があります。

HDD/SSDをパソコンに取り付け

2. 次はHDD引っ越しソフトを用意しましょう。ここでは、AOMEI Backupper Professionalという専門的なディスククローンソフトをお勧めします。

3. クローン完了後、ターゲットディスクのSSD/HDDにあるすべてのデータが上書きされるので、あらかじめ重要なファイルをバックアップしておいてください

以上の準備は全部完了した後、今からWindows10/11 HDDを丸ごと引っ越ししましょう。

Windows10/11 HDDを丸ごとコピーする手順

ステップ 1. AOMEI Backupper Professionalをダウンロードし、インストールします。画面の左側にある「クローン」をクリックし、画面右の一覧から「ディスククローン」を選択します。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ディスククローン

ステップ 2. ソースディスク(古いHDD/SSD、ここはディスク0です)をクローン元として指定し、「次へ」をクリックします。

ソースディスク

ステップ 3. 次の画面で、ターゲットディスク(新しいHDD/SSD、ここはディスク1です)をクローン先として指定し、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

ステップ 4. 操作を確認して問題なければ「開始」をクリックします。

※ヒント:
ターゲットディスクはSSDである場合、「SSD 4Kアライメント」を選択して、SSDの性能を向上させます。
HDDをより大きいHDD/SSDにクローンする場合、ターゲットディスクの容量を最大限に活用するには、「パーティションを編集」で、パーティションのサイズを手動/自動で調整できます。これで、使えない未割り当て領域が、クローンしたHDD/SSDに作成されません。また、異なるパーティションスタイルのディスクの間にクローンを作成する場合、ここでの「ターゲットディスクをGPTからMBRに変換」または「ターゲットディスクをMBRからGPTに変換」にチェックを入れる必要があります。
「セクター単位のクローン」は、不良セクターや空白セクターを含む、全てのセクターをクローンします。この機能はターゲットディスクの容量がソースディスクと同じまたはより大きい場合に利用可能です。「パーティションを編集」と同時に使えません。

操作概要

ステップ 5. ディスククローンの進捗状況は100%に達すると、「完了」をクリックします。

引っ越しした後、新しいHDD/SSDからWindows10/11を起動する方法

Windows10/11の入れるHDDを新しいHDD/SSDに丸ごと引っ越しした後、古いHDDを取り外して新しいものに交換するか、古いHDDと新しいSSD/HDDを併用することができます。古いものと新しいものを併用したい場合、その新しいHDD/SSDからパソコンを起動するには、あと1つの作業を行う必要があります。それはBIOS/UEFIで起動順位を変更することです。

ステップ 1. パソコンを再起動し、メーカーのロゴが表示されると、パソコン/マザーボードのメーカーによって特定のキーを連打し、BIOS/UEFIに入ります。

起動キー

ステップ 2. 新しいHDD/SSDを最初に起動するドライブとして設定します。

BIOSの場合:矢印キーで「Boot」タブに移動し、新しいHDD/SSDを最初に起動するドライブとして設定します。

bios

UEFIの場合:マウスで「SETTINGS」→「Boot」→「Boot Option #1」をクリックし、新しいHDD/SSDを最初に起動するドライブとして設定します。

UEFI

ステップ 3. 「F10」キーを押して、変更を保存し、BIOS/UEFIを終了します。

※起動順位を変更しても、新しいHDD/SSDからパソコンを起動しない場合、次の記事をご参照ください:

クローンしたドライブが起動しない時の対処法

まとめ

この記事では、準備作業から起動順位の変更まで、HDDを丸ごとコピーする方法を詳しく説明しました。どうでしょうか?一からOSを再インストールしてから、データを転送することに比べて、ずっと便利でしょう。

AOMEI Backupperはバックアップ&復元ソフトでもあり、その「ユニバーサル復元」機能で、システム/ディスクイメージを異なるハードウェアの別のパソコンに復元することも可能です。そのため、PCの買い換えの場合にも役立ちます。今すぐダウンロードし、使ってみましょう!

Windows Serverのユーザーの場合、AOMEI Backupper Serverをご利用ください。