By Machi / 最後の更新 2022年05月05日

バックアップ先が一杯になったら、なぜ気にする必要があるのか?

Windows10には、システムイメージのバックアップの作成や、以前のバージョンのファイルの定期保存など機能が搭載されています。これらの機能は、ファイルやシステムの保護に役立ちます。

バックアップ先としてのディスクがいっぱいになると、バックアップは作成できず、パソコンに問題があった場合、重要なデータが紛失する可能性があります。したがって、Windows10でバックアップファイルをちゃんと管理することが非常に重要です。

バックアップファイルを削除

バックアップファイルを削除してディスクの空き容量を増やす方法

前述の通り、Windows 10には、多くのバックアップ機能があります。これから、「バックアップと復元(Windows 7)」「復元ポイントを作成」「ファイル履歴」によって作成したバックアップファイルを削除する方法をご案内します。ディスクの空き容量を増やしたいなら、是非読み続けてください。

1. バックアップと復元によって作成したバックアップを削除する

ステップ 1. 「スタート」→「設定」→「更新とセキュリティ」→「バックアップ」→「バックアップと復元に移動(Windows 7)」→「領域を管理します」をクリックします。

領域を管理します

ステップ 2. 「Windowsのバックアップディスク領域を管理」が表示されます。ニーズに応じて次のいずれかのボタンをクリックし、作成したシステムイメージを削除します。

バックアップディスク領域を管理

☛「バックアップの表示」:指定した期間にバックアップされたすべてのファイルを削除できます。

バックアップの表示

☛「設定の変更」:「バックアップ履歴用の領域をWindowsに管理させる(バックアップファイルがバックアップドライブの30%を超えないのを確保)」か「最新のシステムイメージのみを保持し、バックアップの使用領域を最小にする」を設定できます。

設定の変更

2. システムの保護によって作成した復元ポイントを削除する

#1. すべての復元ポイントを削除する

ステップ 1. 検索バーで「復元」を入力し、検索結果から「復元ポイントの作成」をクリックします。「システムの保護」タブをクリックし、「保護設定」でバックアップドライブを選択し、「構成」をクリックします。

構成

ステップ 2. 「このドライブのすべての復元ポイントを削除します。」の横にある「削除」ボタンをクリックします。

削除

#2. 最新の復元ポイント以外のすべてを削除する(推奨)

ステップ 1. 「エクスプローラ」でいっぱいになるバックアップドライブを右クリックし、「プロパティ」を選択し、「全般」タブ→「ディスクのクリーンアップ」→「システムファイルのクリーンアップ」をクリックします。

システムファイルのクリーンアップ

ステップ 2. 「その他のオプション」タブをクリックし、「システムの復元とシャドウコピー」セクションの「クリーンアップ」ボタンをクリックします。確認ウィンドウで、「削除」をクリックして、最新の復元ポイント以外のすべてを削除します。

クリーンアップ

3. ファイル履歴によって作成したバックアップを削除する

デフォルトでは、ファイル履歴はバックアップファイルのすべてのバージョンを永遠に保存するため、最終的にはバックアップドライブがいっぱいになってしまいます。この設定は古いバージョンの自動削除を有効にすることで、変更できます。

「ファイル履歴」のバックアップファイルを削除する前に、バックアップドライブがパソコンに接続され、「ファイル履歴」がオンになっていることを確認する必要があります。そうでない場合は、ファイル履歴によって作成したファイルを削除することはできません。

詳細については、読み続けてください:

ステップ 1. 「スタート」アイコン→「設定」→「更新とセキュリティ」→「バックアップ」タブ→「その他のオプション」→「詳細設定の表示」→「詳細設定」→「古いバージョンのクリーンアップ」をクリックします。

古いバージョンのクリーンアップ

ステップ 2. ポップアップウィンドウで、ニーズに応じて削除の対象期間を選択します。「クリーンアップ」をクリックし、確認します。

クリーンアップ

これら3つのWindowsのバックアップ機能はすべて、必要なときにディスクの空き容量を増やすことになっています。理論的には、以上の方法でバックアップディスクの空き容量を増やしたり、バックアップの自動削除を有効にしたりした後、容量が不足することはないはずです。しかし、それでもWindows 10ではバックアップディスクが一杯になってしまうことがあります。その場合は、バックアップディスクの容量をより柔軟に管理できるプロのバックアップソフトの使用をお勧めします。

より柔軟な方法でバックアップ用のディスク領域を管理する

Windows向けのバックアップ&復元ソフトをお探しの場合は、AOMEI Backupper Professionalをお勧めします。このソフトは:

4つのバックアップモード:ファイル、パーティション、システム、ディスクバックアップに対応しています。
自動バックアップ:自動バックアップを設定できます。毎日/毎週/毎月/USB挿入/イベントトリガー(システム起動/シャットダウン、サインイン/サインアウト)の5つの柔軟的な自動バックアップモードに対応しています。
古いバックアップの自動削除時間、日数/週数/月数、バックアップファイルの数により、古いバックアップの自動削除を設定できます。ニーズに応じて設定できます。
他の省容量機能バックアップファイルの圧縮、使用されているセクターのみバックアップする「インテリジェントセクターバックアップ」、変更された部分のみバックアップする増分/差分バックアップなど様々な省容量機能を備えています。
全Windows PCに対応:Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPに対応しています。Windows Serverのユーザーである場合、AOMEI Backupper Serverをご利用ください。

では、AOMEI Backupper Professionalでバックアップファイルを管理(バックアップファイルの自動削除を設定)する方法をご案内します。この前まず、AOMEI Backupper Professionalをダウンロードし、インストールしましょう。30日間無料で利用可能なので、安心して体験しましょう~(ง •_•)ง

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

まず、AOMEI Backupperを開きます。「バックアップ」タブをクリックし、ニーズに応じて、システムバックアップディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップを選択します。

ファイルバックアップ

バックアップ元とバックアップ先を選択した後、「スケジュール」をクリックし、自動バックアップを有効にします(自動バックアップが有効になっている場合だけ、バックアップの自動削除が有効にできるので、ご注意ください)。ニーズに応じて、自動バックアップモードを選択します。

スケジュール設定

そして、「スケジュール」の「スキーム」タブに移動し、「バックアップの自動クリーンアップを有効にする」スイッチをオンにし、バックアップファイルの自動削除を有効にします。「数」「時間」「日数、週数、月数」の3つのクリーンアップ方式から1つを選択します。ちなみに、バックアップを手動で削除したい場合は、エクスプローラで行います。

バックアップスキーム

ヒント:
インテリジェントセクターバックアップ(デフォルト)や、バックアップの圧縮レベルなど他の省容量機能については、「オプション」で設定します。
AOMEI Backupperは現在使用しているファイルをバックアップすることもできます。
増分バックアップは前回のバックアップを基に作成されます。増分バックアップを削除すると、削除したバックアップ以降の増分バックアップは役に立たなくなります。したがって、増分バックアップを削除する前に、フルバックアップを作成する必要があります。差分バックアップは、増分バックアップとは異なり、最初のフルバックアップを基にして作成されるので、どの差分バックアップを削除しても構いません。基としてのフルバックアップがそのままである限り、差分バックアップは有効です。
バックアップを復元したい場合、「復元」機能をご利用ください。「ユニバーサル復元」機能を有効にすれば、システムバックアップを異なるハードウェア構成の別のPCへの復元も可能です。

まとめ

この記事では、Windows10でバックアップファイルを削除する方法を4つ紹介しました。必要に応じていずれかの方法を選択できます。

バックアップ先としてのディスクは空き領域が不足している問題に二度と遭いたくないなら、AOMEI Backupper Professionalの使用をお勧めします。このソフトを使ってバックアップの自動クリーンアップを有効にすることで、ターゲットデイスクの空き領域の不足問題を回避できます。

また、バックアップと復元に加えて、AOMEI Backupperはクローン、同期、ディスク消去など様々な機能も備えています。今すぐダウンロードし、体験しましょう!