By Machi / 最後の更新 2022年04月26日

なぜWindows 10を外付けHDDにバックアップするのか?

Windows 10のバックアップとは、システムファイル、設定、インストールされたプログラムが含まれるシステムイメージ(または起動ドライブ全体のコピー)を作成することです。このバックアップによって、コンピュータを以前の状態に復元してシステムの問題を解決できます。

Windows 10のバックアップはさまざまな場所に保存できますが、外付けハードディスクに保存するのが一番おすすめです。ローカルドライブから独立しているため、ハードドライブの故障、システムクラッシュ、ウイルス感染などにより、バックアップファイルが破損したりアクセス不能になったりすることを防げます。これで、コンピュータに問題が発生したとき、外付けドライブを接続してシステムの完全復旧を実行できます。

Windows 10を外付けドライブにバックアップ

Windows10を外付けHDDにバックアップする方法

次にWindows 10を外付けHDDにバックアップする方法を3つご紹介します。開始する前に、いくつかの注意事項を確認する必要があります。

Windows標準ツールの「バックアップと復元」でWindows 10をバックアップするには、外付けハードドライブをNTFSでフォーマットする必要があります。もしこのような面倒を避けたいなら、AOMEI Backupper Professionalのようなもっと効率的なバックアップツールをご利用ください。
ターゲットドライブはシステムイメージを保存するのに十分な大きさである必要があります。
ターゲットドライブをパソコンに接続し、検出できることを確認します。

方法1. プロのバックアップソフトでWin 10を外付けHDDにバックアップ

AOMEI Backupper ProfessionalはWindows 11、10、8.1、8、7、Vista、XPに対応する総合バックアップツールです。このソフトを使用して、いくつかのクリックだけでWindows 10を外付けドライブにバックアップできます。また、次のようなメリットがあります:

自動バックアップ自動バックアップを設定できます。毎日/毎週/毎月/イベントトリガー(サインイン/サインアウト、システム起動/シャットダウン)/USB挿入の5つの柔軟的な自動バックアップモードに対応して、好きなように設定できます。
省容量機能:①バックアップファイルの圧縮レベルと使用されているセクターのみバックアップする「②インテリジェントセクターバックアップ」を設定できます。③増分/差分バックアップをサポートし、変更されたファイルのみバックアップできるので、ターゲットドライブの容量とバックアップにかかる時間を節約できます。また、④バックアップの自動クリーンアップという機能にも対応しています。有効にすると、古いバージョンのバックアップが設定によって自動削除されます。
様々なストレージデバイスに対応:全メーカー製の外付HDDに加えて、内蔵HDD、SSD、USBドライブ、クラウドストレージ、NAS、ネットワーク共有フォルダなどのストレージデバイスにも対応しています。

今すぐ30日間無料体験版をダウンロード、インストールしましょう。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

これから、AOMEI Backupper ProfessionalでWindows 10を外付けドライブにバックアップする方法をご案内しましょう。外付けドライブをパソコンに接続するのを忘れないようにご注意ください。

1. インターフェースの左側にある「バックアップ」をクリックし、「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

2. Windows 10の実行に必要なドライブが既に選択されるので、保存先だけを選択すればよいです。

保存先

下部のオプションをクリックし、バックアップを詳しく設定できます:
オプション:バックアップファイルの圧縮レベル/暗号化/分割、バックアップ完了後のメール通知、「インテリジェントセクターバックアップ」/すべてのセクターをバックアップする「完全なバックアップ」を設定します。
スケジュール:バックアップの自動実行を設定します。
バックアップスキーム:フル/増分/差分バックアップ、バックアップの自動クリーンアップを設定します。

3. すべての設定を確認し、「開始」をクリックして、Windows 10を外付けハードドライブにバックアップします。

開始

★ 注意:
バックアップが完了する前に、外付けハードディスクをコンピュータから取り外さないでください。
外付けドライブへの自動バックアップを設定した場合、外付けドライブのドライブ文字が変更されないことを確認する必要があります。外付けドライブに永続的なドライブ文字を割り当てることをお勧めします。
HDDからSSDにアップグレードしたい場合、クローン機能がオススメです。クローン機能でデータを移行した後、復元せずにSSDからパソコンを起動できます。

Windowsを起動できない時に、システムイメージを復元したい場合に備えて、あらかじめ「ツール」→「回復環境」で回復環境を作成するのがおススメです。作成した後、「AOMEI Backupper 回復環境」オプションがシステム起動メニューにを追加されます。回復環境からパソコンを起動すると、AOMEI Backupperで作成されたイメージを復元できます。

回復環境

方法2. ワンキー復元ソフトでWin 10を外付けHDDにバックアップ

AOMEI OneKey Recoveryは全メーカー製のWindows PC&サーバーに対応する信頼性の高いワンキー復元ソフトウェアです。これによって、工場出荷時の復元イメージを作成し、コンピュータをデフォルト設定にリセットすることが可能です。システムイメージをAOMEI OneKey回復パーティションまたは外付けハードドライブなどの場所にバックアップできます。

さらに、ブートメニューの追加、高速キー(F11またはA)の指定によって、ブータブルメディアを使用せずAOMEI回復環境にアクセスできます。

また、システムがあまりにも多くのディスク容量を占有する場合は、バックアップイメージの圧縮レベルを調整できます。また、あなたのコンピュータに他人に見られたくない機密データがある場合、バックアップの暗号化を有効にし、パスワードを設定できます。

では、デモ版をダウンロードして試してみましょう:

無料体験 全Windows PC&サーバーに対応
安全かつ高速

これから、AOMEI OneKey RecoveryでWindows 10を外付けドライブにバックアップする方法をご紹介します。

1. AOMEI OneKey Recoveryを起動し、「OneKeyシステムバックアップ」をクリックします。

システムバックアップ

2. 「システムを他の場所にバックアップ」を選択し、「次へ」をクリックします。

他の場所にバックアップ

下部の2つのオプションをクリックし、システムバックアップを設定できます:
バックアップオプション:システムイメージの圧縮レベルと暗号化を設定します。
スケジュール設定:システムの自動バックアップを設定します。毎日/毎週/毎月の頻度に対応し、必要に応じて設定できます。
システムディスクにバックアップイメージを保存する十分なスペースがある場合、システムをAOMEI OneKey回復パーティションにバックアップすることをお勧めします。

3. 「参照」をクリックし、外付けドライブをターゲットドライブとして選択します。

参照

4. すべての設定を確認し、「バックアップ開始」をクリックします。

方法3. バックアップと復元でWin 10を外付けHDDにバックアップ

Windows 10の標準ツールでWindows 10をバックアップしたい場合、「バックアップと復元」を使用できます。ちなみに、フォルダを外付けドライブに自動バックアップしたい場合は、ファイル履歴がオススメです。

これから、バックアップと復元でWindows 10を外付けドライブにバックアップする方法をご案内します。

1. Windows 10の検索ボックスで「バックアップと復元」を入力します。そして、検索結果から「バックアップと復元(Windows 7)」を選択します。

2. 左側にある「システム イメージの作成」をクリックします。

システムイメージの作成

3.「バックアップをどこに保存しますか?」ページで、「ハード ディスク上」を選択し、ドロップダウンから外付けハードディスクを選択し、「次へ」をクリックします。

ハードディスク上

4. 「バックアップの開始」をクリックして、Windows 10を外付けハードドライブにバックアップします。プロセスが完了するのを待ちます。

バックアップの開始

▶ 注意:バックアップが完了した後、「システム修復ディスクの作成」ウィンドウが表示されます。これは、災害が起こったときにコンピュータを起動し、問題のトラブルシューティングを行うために使用されます。CD/DVDを持っている方には、作成するのをお勧めします。CD/DVDを持っていない方はAOMEI Backupperの「ブータブルメディアの作成」機能で、システム修復USBを作成できます。

まとめ

Windows 10を外付けハードディスクにバックアップすることは、必要なときにクラッシュしたシステムを救出するための良い方法です。

何の準備もなく災害が起こったとしても、AOMEI Backupperを使って、正常に動作するコンピュータで起動可能なメディアを作成し、問題のあるコンピュータをWinPEに起動し、バックアップやトラブルシューティングを行えます。

Windows Serverのユーザーであれば、AOMEI Backupper Serverをご利用ください。AOMEI Backupper Serverには「PXEブートツール」という機能が搭載されています。この機能によってネットワーク経由で、LAN内の複数台のクライアントパソコンを起動させることができます。企業ユーザーには非常に便利です。今すぐダウンロードし、無料体験してみましょう!

Serverの無料体験版 ServerとWindows PCの全バージョン
安全かつ高速