By Machi / 最後の更新 2022年01月28日

リアルタイム同期とは?

ファイル同期は、ファイルをある場所から、何も変わらずに他の場所に保存することを意味します。ファイル同期を実行するたびに、追加、変更、削除などのファイルへの変更は同期されます。ファイルを1つずつコピー・貼り付け・削除することと比較して、時間を大幅に節約できます。

リアルタイム同期とは、ソースフォルダのファイルの変更をほぼ遅滞なくターゲットフォルダに同期することです。手動でファイルを同期する必要はなく、同じ変更がリアルタイムで行われます。リアルタイム同期により、同期効率を大幅に向上させることができます。

リアルタイム同期

リアルタイムのファイル同期って必要があるか?

リアルタイム同期の意味を理解した上に、この同期方法が本当に必要があるかと疑問されることがあるでしょう。下記は、必要がある場合をまとめます。

重要なデータを別のフォルダにバックアップする場合。リアルタイム同期では、バックアップのバージョンを常に最新の状態に保つことができます。

同僚と協働して仕事をする場合。フォルダをネットワークドライブまたはクラウドドライブにリアルタイムで同期することで、作業ファイルを同僚と即座に共有することができます。仕事の効率を向上させることができます。

異なる装置で同じファイルを編集する場合。よく使われるファイルを異なる装置(デスクトップ、ラップトップまたはタブレット)へ転送することで、どこでも便利で編集することができます。

フォルダのリアルタイム同期をとる必要がある場合は、次から最高のリアルタイム同期フリーソフトウェアをお勧めします。

Windows 10でフォルダのリアルタイム同期を作成する方法

AOMEI Backupper ProfessionalはWindows 11/10/8.1/8/7/Vista/XP向けのプロの同期ファイルです。その「同期」機能で、ファイルをローカルフォルダ、ネットワーク共有フォルダー、NASデバイスまたは、クラウドドライブに同期することができます。

AOMEI Backupper Professionalは有料版ですけど、30日間に無料体験することができます。では、早速に無料ダウンロードして、リアルタイム同期を始めましょう。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 1. AOMEI Backupper Professionalを開きます。「同期」→「リアルタイム同期」をクリックします。

リアルタイム同期

手順 2. 他の同期タスクと区別するように、「タスク名」で、タスクに名前を付けてください。「フォルダを追加」をクリックして同期したいフォルダを追加します。複数のフォルダを追加したい場合、一度追加した後、ソースパスの上にある「+」アイコンをクリックすればよいです。

フォルダを追加

手順 3.(オプション)左下にある「オプション」をクリックし、同期タスクにコメントを書き込んだり、同期完了後にメール通知を有効にしたりすることなどを設定できます。

手順 4. すべての設定を確認した後、問題がなければ、「開始」をクリックして同期を実行します。

開始

※注意:
ファイル同期を行った後にソースフォルダ名を変更しないでください。そうしないと、プログラムはそのフォルダを同期できなくなります。
「リアルタイム同期」機能は現在、ソースフォルダからターゲットフォルダへの一方向同期のみをサポートしています。双方向同期を利用したい方は、「同期」タブの「双方向同期」機能を使用してください。

まとめ

この記事では、リアルタイム同期の定義と、リアルタイム同期を実行する方法をご紹介しました。前述したように、最新状態のバックアップを維持したり、ファイルをリアルタイムで共有したり、異なるデバイス間でファイルを転送したりするには、リアルタイム同期が必要です。

リアルタイム同期を実行したい方には、AOMEI Backupper Professionalの使用を強くお勧めします。なぜなら、このソフトはエラーを回避して、リアルタイム同期を実行することができます。それに、このソフトはUIデザインがシンプルで使いやすく、初心者でも気軽に使えます。

また、AB Proは同期だけでなく、バックアップ、復元、クローン、ディスク消去など様々な機能も備えています。削除したファイルを復元したい場合や、ノートパソコンHDDをSSDに換装・変換したい場合に、このソフトがベストな選択です。今すぐダウンロードし、体験しましょう!

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速