By Machi / 最後の更新 2022年03月17日

シリコンパワーSSDについて

シリコンパワーSP/Silicon Power)は、メモリーカード、USBドライブ、ポータブルHDD 、SSD、DRAMモジュール、工業用グレード製品の大手メーカーです。優れた製品と高品質のサービスを提供することを約束しています。シリコンパワーは、現代のデジタルライフのあらゆるニーズに応える完璧なデータストレージソリューションを提供するために努力を重ねています。

シリコンパワーSSDには、mSATA SATA III SSD、M.2 SATA III SSD、2.5'' SATA III SSD、PCIe SSDがあります。その容量は、32GBから4TBまであります。シリコンパワー製PCIe SSDの読み込み速度は1,600MB/s~5,000MB/s、書き込み速度は1,000MB/s~4,400MB/sです。シリコンパワーの公式サイトでは、様々な種類のSSDが用意されているので、詳細はこちらを参照ください。

シリコンパワーSSD

なぜユーザーはシリコンパワーSSDをクローンしたいのか?

ユーザーはシリコンパワーSSDをクローンする原因はたくさんありますが、その中でも代表的なものを以下にに挙げていきます。

1. SSDのアップグレードと交換。古いSSDを何年も使っていた後、空き容量が不足しているため、パソコンの起動や動作が遅くなるなどの問題で、新しいSSDに交換したいユーザーはたくさんありますよね。この場合、クローンで、古いSSDを新しいSSDにデータを移行すれば、再インストールや再設定などの手間と時間を節約できます。

2. 不測の災害を防ぐためのデータのバックアップ。バックアップとして、シリコンパワーSSDのクローンを取った場合もあります。バックアップと違って、クローンは設定なども含まれるクローン元のデータと状態を丸ごとコピーします。したがって、お使いのハードディスクやパソコンに何か問題が発生した時、クローンしたディスクからパソコンを起動し、再設定など一切せずパソコンを前のように使えます。

シリコンパワーのクローンソフト-NTI Echo

SPの公式サイトでは、SP Widget、SP ToolBox、SP USB Flash Drive Recovery Softwareなど、SP製品で使用できるソフトウェアが提供されています。HDDの交換やSSDのアップグレードの際には、クローンソフトの使用が必要です。SPはNTIと協力して、HDDをSSDに換装してパソコンをアップグレードしたいユーザーのためにNTI Echoを提供します。

NTI Echoは、パソコンのHDDを別のHDD/SSDに正確にコピーできるクローンソフトです。NTI Echoを使用すると、HDDのデータは全て新しいドライブにクローンされます。必要に応じてターゲットパーティションのサイズを自動的に調整することができます。

NTI EchoでシリコンパワーSSDをクローンする方法

これから、NTI EchoでシリコンパワーSSDをクローンする方法をご紹介します。読み続けてください。

★ 事前準備:
シリコンパワーSSDをパソコンに接続し、検出できることを確認します。
シリコンパワーSSDに重要なファイルがある場合は、事前にそのファイル/フォルダをバックアップしてください。なぜなら、クローン作成中にターゲットディスク内のすべてのデータが削除されるからです。

手順 1. NTI Echoを開きます。シリコンパワーSSDをソースとして選択して、クローン先を選択します。

ソースとクローン先を選択

手順 2. 下部の「オプション」をクリックし、クローニングモードを変更できます。

オプション

最新バージョンのNTI Echoでは、3つのクローニングモードに対応しています。ニーズに応じて、いずれかのモードを選択できます。

NTI Echo

◆ 動的なサイズ変更

元のドライブのパーティションのサイズを自動的に変更して、より小さいまたは大きいターゲットドライブに適合させます。これはデフォルトで推奨されるクローン方法です。

◆ 一対一

元のハードドライブのパーティションの構造とサイズを維持します。このクローン方法では、新しいドライブのサイズが元のドライブよりも大きい場合、新しいドライブの未使用領域は未割り当て領域となります。

◆ ユーザー定義

新しいドライブ上のパーティションのサイズを手動で調整します。このクローン方法では、ユーザーのニーズに合わせて、ターゲットドライブのパーティションのサイズをカスタマイズすることができます。

手順 3. クローニングモードを選択した後、「OK」をクリックし、設定を保存します。すべての設定を確認し、問題がなければ、「開始」をクリックします。警告ポップアップウィンドウが表示され、「OK」をクリックし、クローンを実行します。

開始

以上は、NTI EchoでシリコンパワーSSDをクローンする方法です。非常に簡単です。でも、NTI Echoはいくつかの制限があります:

複数ドライブRAIDシステムはサポートしていません。
ダイナミックディスクには対応していません。
大容量ディスクから小容量ディスクへのクローンに対応していません。

それに、このソフトは無料ではなく、シリコンパワーSSDのラベルの裏に印刷されているリンクにアクセスして、NTI Echoの検証ページに行ってダウンロードする必要があります。

上記の制限に加えて、一部のユーザーはこのソフトウェアを使用する際にいくつかの問題を報告しています。例えば、インストールした後、実行できないことや、クローンモードに入る前、再起動のループに陥ったことなどです。

最高のNTI Echo代替フリーソフト-AOMEI Backupper

NTI Echoの制限を考慮して、NTI Echoの代替フリーソフト-AOMEI Backupper Standardを使用することを強くお勧めします。すべてのWindows OS(Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XP)に対応しています。あるディスクからすべてのデータを別のディスクにコピーすることができ、クローン後にコンピュータが正常に起動できることを保証します。他のクローンソフトと比べて、どのような利点があるかを見てみましょう。

3つのクローン方法を提供:ディスククローン、パーティションクローン、システムクローン。※システムクローン、パーティションクローンはダイナミックディスクをクローンできます(システムクローンとシステムクローンはAOMEI Backupper Professionalで利用可能)。
大容量ディスクから小容量ディスクへのクローンに対応:デフォルトで、使用されているセクターのみクローンするので、大容量ディスクから小容量ディスクへのクローンも可能です。使用されているかどうかにかかわらず、すべてのセクターをクローンしたい場合、「セクター単位のクローン」を有効にしてください。
様々な種類のディスクに対応:HDD、SATA SSD、NVMe SSD、M.2 SSD、USBドライブ、SDカード…
全メーカーのSSDに対応:HDDをInland SSD、Kingston SSD、WD Blue SSD、Samsung SSDなどにクローンすることができます。

このソフトはクローンだけではなく、バックアップ、同期、復元などの機能も備えています。ぜひダウンロードして、お使いください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

AOMEI BackupperでHDDをシリコンパワーSSDにクローンする方法

このシリコンパワーSSDのクローンソフトはUIデザインがシンプルでわかりやすく、操作も簡単です。これから、このソフトを使って、HDDをシリコンパワーSSDにクローンする方法を紹介します。

★ 事前準備:
シリコンパワーSSDをパソコンに接続し、検出できることを確認します。
シリコンパワーSSDに重要なファイルがある場合は、事前にバックアップしてください。

手順 1. AOMEI Backupperを起動して、「クローン」→「ディスククローン」をクリックします。

ディスククローンをクリック

ヒント:
AB Stdでは、データディスクがGPTとMBR間のクローン、システムディスクがMBRからMBRへのクローンをサポートしています。GPTからGPT、MBRからGPT、GPTからMBRへのシステムクローンを作成したい場合は、AOMEI Backupper Professionalへのアップグレードをご検討ください。

手順 2. 古いHDDをソースディスクとして選択し、「次へ」をクリックします。

ソースディスクを選択

手順 3. シリコンパワーSSDをターゲットディスクとして選択します。「次へ」をクリックします。

ターゲットディスを選択

手順 4. 「SSD 4Kアライメント」にチェックを入れ、クローンした後、SSDの書き込みと読み取りの速度を向上させます。そして、設定を確認して、「開始」をクリックします。

開始をクリック

◆ パーティションを編集

ディスクをより大きいディスクにクローンする場合、この機能を利用できます(AB Proで利用可能)。

パーティションを編集

パーティションのサイズを変更せずコピーターゲットディスのパーティションをそのままターゲットディスクにクローンします。パーティションのサイズや場所を変更せず、クローン元もクローン先も全く同じです(NTI Echo-一対一)。
各パーティションに未使用領域を追加ターゲットディスクの容量を十分に活用するため、ターゲットディスク全体に合わせて各パーティションのサイズを自動的に調整します(NTI Echo-動的なサイズ変更)。
パーティションのサイズを手動で変更スクロールバーをドラッグすることによって、手動でパーティションのサイズと場所を調整します(NTI Echo-ユーザー定義)。

クローンしたディスクからパソコンを安全に起動する方法

別のハードディスクをシリコンパワーSSDに、シリコンパワーSSDを別のハードディスクにクローンした後、そのクローンしたハードディスクからパソコンを起動するには、まず「BIOS」で起動順位を変更する必要があります。詳しい手順については読み続けてください。

手順 1. クローン完了後、パソコンを再起動し、メーカーのロゴが表示されると、パソコン/マザーボードメーカーによって特定のキーを押して、「BIOS」に入ります。

BIOS起動キー

手順 2. 矢印キーで「Boot」タブに移動し、クローンしたディスクを最初に起動するドライブとして設定します。

BIOS

手順 3. 「F10」をクリックし、設定を保存し、終了します。

もし、クローンしたディスクから正常に起動できない場合、こちらをクリックし、解決策をご参照ください。

おまけ:クローンされたシリコンパワーSSDの利用/処分に役立つヒント

1. バックアップ保存用デバイスとして使用する場合

新しいSSDにアップグレードした後、ハードディスクをバックアップ保存用デバイスとして使用できます。新しいSSDを定期的に古いハードディスクにバックアップし、新しいSSDのデータを持続的に保護できます。パソコンが何か問題が発生した時、保存されているバックアップファイルを復元し、データの損失に心配する必要がありません。

AOMEI Backupperはシステム、ファイル、パーティション、ディスクバックアップの4つのバックアップモードをサポートしています(全ては無料で使えます)。自動バックアップも設定できます。それに、デフォルトで、変更された部分のみバックアップする「増分バックアップ」でバックアップを実行するので、バックアップにかかる時間とターゲットディスクの容量を節約できます。

バックアップ機能

▶ 注意:バックアップファイルを復元したい場合、「復元」機能をご利用ください。

2. 他人に譲る/廃棄する場合

多くのユーザーは、ハードディスクから重要なファイルを削除するだけで(Deletキー/ゴミ箱を空にする)、それを捨てたり、他人に譲たりしています。しかし、こんな方法で削除されたファイルはプロのファイル復元ソフトを使用して、簡単に復元できるので、重要なデータを漏れる可能性があります。したがって、プロの消去ソフトでそのハードディスクを完全に消去する必要があります。

AOMEI Backupperは「ディスク消去」というツールが搭載されています。このツールを使って廃棄したいディスクを徹底的に削除できます。重要データの流出を防止できます。

ディスク消去

まとめ

以上、2つのシリコンパワーSSDクローンソフトをご紹介しました。いかがでしたでしょうか?ご覧のように、AOMEI Backupperは機能が多いので、より便利です。データやシステムの転送だけではなく、日常生活でのファイルのバックアップや復元にも役立ちます。さらに、ほとんどの機能が無料で使えます。

NTI Echoに加えて、AOMEI BackupperはR-Drive Image、DriveImage XML、Acronis True Image、Cobian Backupなどのバックアップやクローンソフトの代替品としても最適です。今すぐダウンロードして、データを守りましょう。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速