By Machi / 最後の更新 2022年05月12日

ユーザー事例

 

Windows 8を搭載していた東芝のノートPCを何年も使用しています。無償アップグレード期間、Windows 8をWindows 10にアップグレードしました。最近、ノートPCに新しいハードディスクを購入しました。どのようにこのハードディスクにWindows 10をインストールするのでしょうか?お教え願います。

 

hdd

新しいHDDにWindows 10をインストールするには、Windows 10に標準で搭載されているツールを使用するか、信頼できるサードパーティ製ソフトを使用するかを選択できます。この記事では、その2つの方法をご紹介します。必要に応じていずれかを選択することができます。

新しいHDDにWin 10をインストールする方法

Windowsが標準で備える機能を利用する場合は、Windows 10のインストールメディアを作成してから、新しいハードドライブにWindows 10をインストールします。詳しい手順は方法1をご覧ください。より簡単な方法を探している方は、安心安全なサードパーティ製ツールを選択して、Windows 10を含むディスクを新しいHDDにクローンすることができます。方法2の手順に従って操作すればよいです。では、これからご案内しましょう。

方法1. Microsoftが提供するツールで新しいHDDにWin 10をインストール

この方法は、マイクロソフトが提供する「メディア作成ツール」を使用します。このツールを使ってインストールメディアを作成し、新しいハードドライブにWindows 10をインストールすることができます。

始める前に、いくつかの準備作業を行う必要があります。

8GB以上のUSBドライブを用意します。作業には8GB以上の容量が必要です。
他のUSBドライブを取り出します。コンピュータに複数のUSBドライブがある場合、BIOSが間違えて他のUSBドライブから起動する可能性があります。
重要なファイルをバックアップします。Windowsのインストールメディアを作成する過程でターゲットディスクがフォーマットされるので、あらかじめ重要なファイルをバックアップしてください。
Windows 10のインストールメディアを作成する

手順 1. マイクロソフト公式サイトで「メディア作成ツール」をダウンロードし、起動します。

メディア作成ツールをダウンロード

手順 2. 「適用される通知とライセンス条項」が表示され、「同意する」をクリックします。

同意するをクリック

手順 3. 「別のPCのインストールメディアを作成する(USBフラッシュドライブ、DVD、またはISOファイル)」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

次へをクリック

手順 4. デフォルトで言語、エディション、およびアーキテクチャが選択されます。変更したい場合、「この PC におすすめのオプションを使う」のチェックを外すと、設定することができます。確認した後、「次へ」をクリックします。

次へをクリック

手順 5. 「USB フラッシュ ドライブ」を選択し、「次へ」をクリックします。「ISO ファイル」を選択した場合は、後でDVDにコピーする必要があります。

USBフラッシュドライブを選択

手順 6. リストからUSBドライブを選択して、「次へ」をクリックしてWindows 10のインストールメディアの作成が開始されます。

USBを選択

注意:必要なドライブが表示されない場合、「ドライブの一覧を更新する」をクリックします。

手順 7. 「USB フラッシュ ドライブの準備ができました」というメッセージが表示されたら、Windows 10のインストールメディアが作成したことを意味します。その後、「完了」をクリックして終了します。

完了をクリック

新しいHDDにWindows 10をインストールする

手順 1. まず、新しいHDDとインストールメディアを含むUSBドライブをコンピュータに接続します。次に、コンピュータを再起動し、PCのメーカーによって「F2」キーまたは「F12」キーなどを押してBIOSに入り、「Boot」タブでUSBドライブを最初に起動するドライブとして選択し、最後に「F10」キーまたは「Enter」キーを押して終了し、再起動します。

BIOS

手順 2. コンピュータがUSBドライブから起動すると、以下のような画面が表示されます。インストールする言語、キーボードまたは入力方法などを設定して、「次へ」をクリックします。

次へをクリック

手順 3 . 「今すぐインストール」をクリックします。

今すぐインストールをクリック

手順 4. プロダクトキーを入力して、「次へ」をクリックします。プロダクトキーがなければ、「プロダクト キーがありません」をクリックします。

プロダクトキー

手順 5. インストールするOSを選んで、「次へ」をクリックします。

インストールするOSを選ぶ

手順 6. 「適用される通知とライセンス条項」が表示され、「同意します」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

同意するにチェックを入れる

手順 7. 「カスタム:Windowsのみをインストールする(詳細設定)」を選択します。

カスタムを選択

手順 8. 「ドライブ 0 の割り当てられていない領域」を選択し、「次へ」をクリックすると、新しいHDDにWindows 10がインストールされます。

ドライブ0の割り当てられていない領域を選択

方法2. サードパーティ製ソフトで新しいHDDにWin 10をインストール

Microsoftが提供しているツールのほかに、AOMEI Backupper Standardという安全安心なサードパーティ製のフリーソフトを使用してWindows 10を新しいHDDにインストールすることもできます。「ディスククローン」機能を使って、Windows 10を新しいハードディスクにクローンします。クローンしたディスクからコンピュータを直接起動することができ、再インストールする必要がありません。人気の高いディスククローンソフトとして、以下のような大きなメリットがあります:

インテリジェントクローン:デフォルトでは、使用されているセクターのみをクローンするので、大容量HDDを小容量SSDに簡単にクローンすることができます。
バックグラウンドで実行:クローンがバックグラウンドで実行できるので、クローン作業中でも通常通りコンピュータを使用することができます。
複数のストレージデバイス:HDDだけでなく、SSD、USB、NAS、クラウドなどへのクローンをサポートします。
全Windows PCに対応:Windows 11/10/8/7/Vista/XPに対応しています。
注意:ディスククローンを実行すると、クローン先にあるデータがすべて削除されるので、あらかじめ重要なファイルをバックアップしてください。

では、AOMEI Backupper Standardを使って新しいHDDにWindows 10をインストールする方法をご案内します。

手順 1. 新しいHDDをコンピュータに接続します。AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールして起動します。「クローン」→「ディスククローン」の順にクリックします。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ディスククローンを選択

★ 注意:
AB Stdはデータディスクのクローンと、MBRからMBRへのシステムクローンのみサポートしています。GPTからGPTへ、MBRとGPTの間のシステムクローンを作成したい場合、AOMEI Backupper Professionalへのアップグレードをご検討ください。
「ディスククローン」は、ソースディスクにあるOS、アプリ、設定、および個人ファイルなどすべてのものをクローンします。OSだけをクローンしたい場合は、AB Proにアップグレードして、「システムクローン」機能をご利用ください。

手順 2. 古いハードディスクをソースディスクとして選択します。

ソースディスクを選択

手順 3. 新しいハードディスクをターゲットディスクとして選択します。

ターゲットディスクを選択

手順 4. 操作内容を確認した後、「開始」をクリックします。

開始をクリック

パーティションを編集ターゲットディスクがソースディスクより大きい場合、この機能を使って自動的または手動でターゲットディスク上のパーティションを編集したり、サイズを調整・変更したりすることができます(AOMEI Backupper Professionalで利用可能)。
SSD 4Kアライメント:ターゲットディスクがSSDの場合、この機能を使って、読み書き速度を向上させることができます。
セクター単位のクローン:使用されているかどうかに関わらず、ディスク上のすべてのセクターをクローンすることができます。空白のセクターであっても、論理的な不良セクターであってもクローンされます。

クローンが終了すると、このHDDからコンピュータを直接起動して、前通りコンピュータを使用することができます。

◎ おまけ:古いHDDの処分と再利用について

1. 古いHDDを廃棄、売却、譲渡する場合、データ流出を防止するには、「ツール」→「ディスク消去」でHDDを徹底的に消去するのをお勧めします。これによって消去されたデータは、プロのデータ復元ソフトを使っても復元できません。

ディスク消去

2. 古いHDDを使い続けたい場合、新しいHDDのデータを持続的に保護するには、「バックアップ」で古いHDDに新しいHDDを定期的にバックアップするのをお勧めします。これで、パソコンが何か問題があった場合、事前に作成されたバックアップを使って、パソコンを正常な状態に復元できます。

バックアップ

まとめ

この記事では、新しいHDDにWindows 10をインストールする2つの方法をご紹介します。ご覧のように、2番目の方法はより簡単です。USBを用意したり、Windowsを再インストールしたりすることが必要ないからです。

また、上記で述べたように、AOMEI Backupperは多機能ソフトで、クローン、バックアップ、ディスク消去に加えて、同期、復元などの機能も備えています。今すぐダウンロードし、体験しましょう!