By Machi / 最後の更新 2022年04月14日

比較:M.2 SATA SSDとM.2 NVMe SSD

M.2(旧称:Next Generation Form FactorNGFF)は、従来のmSATA(Mini-SATA)に代わる、コンピュータの内蔵拡張カードのフォームファクタと接続端子について定めた規格です。

M.2 SSDは、標準的なHDDやSSDとは異なり、ケーブルでマザーボードに接続するのではなく、専用のM.2コネクタスロットを使用してマザーボードに直接差し込みます。M.2 SSD には、SATANVMeベースの2つのタイプがあります。

m2 ssd

ここでは、M.2 SATA SSDとM.2 NVMe SSDについて簡単に紹介します。

SATAドライブは、NVMeドライブより手頃です。本記事公開時点では、WDの1TB SATA SSDは100ドル前後で販売されており、WDの1TB NVMe SSDは200ドル前後から販売されています。

しかし、NVMe SSDはSATA SSDよりも高速です。大量の大きいファイルを転送する予定がある場合や、最高のゲーム速度を求める場合は、より高価なNVMe SSDに投資する価値があります。

M.2 SSDを換装するタイミングは?

M.2 SSDを換装したくなるのはどんなときですか?

多くのユーザーは、より多くのソフトウェア、ゲーム、ビデオ、写真、およびドキュメントを保存するために、元のM.2 SATAをより大きいM.2 SATA SSDに交換したいと考えています。

さらに、M.2 SATA SSDをNVMe SSDにアップグレードして、コンピュータの性能を向上させたいと考えている人もいます。コンピュータ上のソフトウェアや大きいファイルをより速く読み込めます。

ディスククローンソフトの力を借りて、M.2 SSD全体を新しいSSDに移行することで、OSを再インストールするトラブルを避けることができ、手動でシステムを元の設定に再構成する必要もありません。非常に便利です。

起動問題を回避できる最高のM.2 SSDクローンフリーソフト

Windowsには、クローン機能が搭載されていないので、M.2 SSDのデータを移行するために、信頼できるM.2 SSDクローンソフトウェアを見つけることが特に重要です。

AOMEI Backupper Standardは強力なディスククローンソフトで、数回のクリックだけでシステム及びデータを新しいM.2 SSDに移行できます。データの整合性を確保し、新しいハードディスクドライブから安全に起動できるようにします。

以上に加えて、このソフトは次のようなメリットがあります:

様々な種類のドライブに対応HDD、SATA SSD、NVMe M.2 SSD、USBドライブ、SDカードなどのクローン作成に使用できます。
全メーカー製のSSDに対応 サンディスク、Western Digital、SAMSUNGなど全メーカー製のSSDをクローンできます。
3つのクローンモードAB Stdでは、ディスククローン(ハードディスク全体をクローン)とパーティションクローン(特定のパーティションまたはボリュームをクローン)に対応しています。AOMEI Backupper Professionalにアップグレードすると、システムクローン(システムのみをクローン)が利用可能です。
全Windows PCに対応Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPに対応しています。
異なる容量のディスクの間のクローンに対応AOMEI Backupperはデフォルトで、使用されているセクターのみクローンするので、大きいディスクから小さいディスクへのクローンが可能です。使用されているかどうかにかかわらず、すべてのセクターをクローンしたい場合、「セクタ単位のクローン」にチェックを入ればよいです。しかし、クローン先のディスクの容量はクローン元と同じまたはより大きい必要があります。
無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ノートパソコン/デスクトップパソコンのM.2 SSDを換装する方法

ここでは、より大きいM.2 SATA SSDへのアップグレードを例に、AOMEI Backupperを使用してWindowsを再インストールせずにM.2 SSDを換装する方法をご紹介します。NVMe SSDへのデータ移行をご希望の場合は、AB Proなどの上位版へのアップグレードをご検討ください。

※ NVMe SSDはUEFIブートモードにしか対応していないため、そこからパソコンを起動したい場合、NVMe SSDをGPTで初期化する必要があります

M.2 SSDをアップグレードする前に、いくつかの準備を行う必要があります。詳細については、読み続けてください。

▶ 注意:クローンした後、ターゲットディスクのデータはすべて上書きされます。その中に重要なデータがある場合、あらかじめそれらのファイルをバックアップしておいてください。

#1. 新しいM.2 SSDをインストール・初期化

ステップ 1. まず、コンピュータをシャットダウンし、電源を抜きます。その後、新しいM.2 SSDをノートパソコン/デスクトップパソコンにインストールします。

 ▶ ノートパソコン/デスクトップパソコンにSSDスロットが1つしかない場合、M.2 SSD外付けケースで新しいM.2 SSDをコンピュータに接続してください。

外付けケース

 ▶ ノートパソコン/デスクトップパソコンにSSDスロットが2つある場合、パソコンのケースを開け、M.2 SSDスロットを探します。SSDをスロットに挿入し、ドライバーで固定します。詳細については、次の記事をご参照ください。

M.2 SSDの取り付け

取り付け

ステップ 2. 次に、コンピュータを再起動します。「Win」+「R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」を開き、「diskgmt.msc」と入力して「OK」をクリックし、「ディスクの管理」を開きます。

ステップ 3. 新しいSSDを右クリックし、「ディスクの初期化」を選択します。パーティションスタイルをソースディスクと同じに設定し(MBRまたはGPT)、「OK」をクリックして確認します。

ディスクの初期化

#2. M.2 SSDをより大きいM.2 SSDにクローン/データ移行

準備作業が完了した後、AOMEI Backupperを使って、M.2 SSDをより大きいM.2 SSDにクローンすることができます。

ステップ 1. AOMEI Backupperを起動し、「クローン」→「ディスククローン」をクリックします。

ディスククローン

ステップ 2. OSを含む元のM.2 SSDをソースディスク(クローン元)として選択し、「次へ」をクリックします。

ソースディスク

ステップ 3. 新しいM.2 SATA SSDをターゲットディスク(クローン先)として選択し、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

ステップ 4. すると、「操作概要」ページが表示されます。クローン完了後、SSDの書き込みと読み取り速度を向上させるために、「SSD 4Kアライメント」にチェックを入れてください。すべての設定を確認し、問題がなければ、「開始」をクリックします。

開始

パーティションの編集小さいディスクを大きいデイスクにクローンする場合、この機能を使用して、ターゲットディスクのパーティションのサイズを手動か自動で調整することができます。クローンした後、ターゲットディスクが間違った容量が表示される問題を回避できます(AB Proで利用可能)。

#3. クローンしたM.2 SSDからパソコンを安全に起動

ステップ 1. M.2 SSDの接続:

 ▶ コンピュータにSSDスロットが1つしかない場合は、古いM.2 SSDをクローンしたM.2 SSDと交換します。

 ▶ スロットが2つある場合は、空のスロットにクローンしたM.2 SSDを挿入すればよいです。

ステップ 2. PCを再起動し、メーカーのロゴが表示されると、コンピュータ/マザーボードのメーカーによって特定のキーを押して、「BIOS」に入ります。

bios起動キー

ステップ 3. 矢印キーで「Boot」タブに移動し、クローンしたM.2 SSDを最初に起動するドライブとして設定します。「F10」キーを押して、設定を保存し、終了します。

boot

クローンしたM.2 SSDからパソコンを正常に起動できない場合、次の記事をご参照ください。

Windows 11/10/8/7でクローンしたSSDが起動しない!4つの対処法とは?

まとめ

この記事では、Windowsを再インストールせずにM.2 SSDを換装する方法について詳しく説明しました。手順に従い、信頼性の高いクローンソフトウェア-AOMEI Backupperを使用すれば、クローンした後、起動問題を回避できます。システムを再インストールする必要がないので、時間と労力を大幅に節約でき、手動でシステムを元の設定に再設定する必要もありません。

AOMEI Backupperはクローン機能に加えて、バックアップ、復元、同期、ディスク消去などの様々な機能を備えています。古いM.2 SSDを新しいM.2 SSDのバックアップ保存用ディスクとして使用したい場合、その「バックアップ」機能は役立ちます。また、古いM.2 SSDを廃棄したり、譲渡したりしたい場合、「ディスク消去」機能を使って、ディスクのデータを徹底的に消去し、個人データの漏洩を防止できます。

今すぐダウンロードし、データを守りましょう!

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

Windows Serverのユーザーである場合、AOMEI Backupper Serverをご利用ください。AOMEI Backupper Serverには、「PXEブートツール」という機能が搭載されます。これによって、ネットワーク経由でLAN内の複数台のクライアントパソコンを起動させることができます。企業ユーザーには非常に便利です。