By ゆき / 最後の更新 2019年08月16日

この記事では、Lanケーブルとファイル転送フリーソフト(無線)を使用してPC間でデータ転送を行う方法をご紹介します。

LANケーブルを使用してPC間でデータを転送する方法

1. LANケーブルを使用して2台のPCを接続します。

LANケーブルでPC同士を連続

2. 両方のコンピュータで共有オプションをオンにします。「コントロールパネル」を検索して開きます。「ネットワークとインターネット」> 「ネットワークと共有センター」 > 「共有の詳細設定の変更」に進みます。パソコン両方も以下のオプションを変更して、「変更の保存」をクリックします。

▶ ネットワーク探索を有効にする
▶ ファイルとプリンタの共有を有効にする
▶ 共有を有効にして、ネットワークアクセスがある場合はパブリックフォルダ内のファイルを読み書きできるようにする
▶ パスワード保護の共有を無効にする

ヒント:パスワード保護を無効にすると、重大なセキュリティ上の危険があります。だから、LANケーブルでファイルを転送し終えたら、すぐに「パスワード保護の共有を有効にする」オプションをオンにします。

3. ソースパソコンからデータを転送します。

  • 共有したいフォルダを選択して右クリックします。「共有」を選択してから、「特定のユーザー」を選択します。共有

  • 「ファイルの共有」ウィンドウで、ドロップダウンメニューから「Everyone」を選択し、その横にある「追加」ボタンをクリックしてから、「共有」ボタンをクリックします。ユーザーを追加

  • 「ユーザーのフォルダーは共有されています」と表示されたら、「終了」をクリックします。

4. 移行先コンピュータの共有フォルダにアクセスします。

  • Win + E」を押して「ファイルエクスプローラ」を開けて、左側の左側のパネルに「ネットワーク」をクリックします。

  • ソースコンピュータを見つけてダブルクリックします。メッセージが表示されたら、ソースコンピュータのパスワードを入力します。共有フォルダにアクセス

  • 今共有したフォルダが表示されます。必要に応じて、共有フォルダを他の場所にコピーします。

この方法は、一度に1つのフォルダしか転送しないので、数十のフォルダを共有すれば時間がかかります。では、同じネットワーク上のPC間でファイルを転送するためのより簡単な方法はありますか?

無線にPC間でデータを転送する方法 - フリーソフト

データ転送フリーソフト:AOMEI Backupper Standardは、無料のPC同士の間へのファイル転送ソフトで、最も簡単にタスクを完了できます。同期」機能を使用すると、ファイルをローカルフォルダ、ネットワーク経由の共有フォルダ、NASデバイス、またはクラウドドライブに同期できます。「スケジュール」機能を使用すると、毎日/毎週/毎月実行するようにファイル同期タスクを設定できます。さらに、同時に複数のフォルダを転送できるため、面倒な作業からあなたを守ることができます。Windows 10/8.1/8/7/Vista/XPのようなすべてのWindows PCオペレーティングシステムがサポートされています。こちらからダウンロード

1. AOMEI Backupperをダウンロードしてインストールして起動します。「バックアップ」をクリックし、下にスクロールして「同期」を選択します。

同期

2. 他の同期タスクと区別できるように、タスクに名前を付けます。「フォルダを追加」をクリックします。

フォルダを追加

3. ポップアップウィンドウで、転送したいフォルダを選択します。

ヒント:選択したフォルダから特定の種類のファイルを除外する場合は、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードしてください。

4. 列の右端にある逆三角形をクリックして、「ネットワーク共有またはNASを選択」を選択します。

ネットワーク共有またはNASを選択

5. 共有/NAS管理ウィンドウで、「Share/NASデバイスを追加」をクリックし、移行元コンピュータのIPアドレスを入力して「はい」をクリックします。プロンプトが表示されたら、ユーザー名とパスワードを入力します。

Shareデバイスを追加

6. IPアドレスを追加すると、その下のすべてのフォルダが一覧表示されます。共有フォルダを保存するフォルダを1つ選択し、「はい」をクリックします。

保存先パスを選択

7. 「開始」ボタンをクリックして操作を実行します。

同期開始

>> オプション:現在の操作にコマンドを書きます。検索する必要がある場合、ユニークなコメントは、他の操作から区別することができます。または、ここで電子メール通知を有効にすることもできます。

>> スケジュール:毎日、毎週、毎月、イベントトリガー、USBプラグイン、リアルタイム同期の6つのモードがあります。

8. 同期プロセスが完了したら、上記のように移動先コンピュータの共有フォルダにアクセスします。

まとめ

イーサネットケーブルを使用してPC間にデータを転送するには、この記事に記載されているガイダンスに従うことができます。PC間で複数のフォルダを同時に転送するには、AOMEI Backupperを試してみてください。