Windows 11を以前の状態に戻す?方法2つを解説

最新のWindows Updateをインストールした後、システムに問題が出るので、Windows 11を以前の状態に戻したいのですか?この記事では、その方法を2つ紹介します。ぜひご覧ください。

Machi

By Machi 最終更新日: 2022年12月08日

共有: instagram reddit

Windows 11を以前の状態に戻す原因

Windows 11を以前の状態に戻す

一般的、PCに何らかの問題が発生したとき、または今のシステム環境に慣れていないときに、ユーザーはWindows 11を以前の状態に戻す需要があります。

これは、OSのアップグレードや、システム設定を変更した後のソフトウェアの競合の発生、不正なアプリ/サービス/ドライバーのインストールを行った後に起こることが多いようです。

これらの問題は、従来の手段で解決できることもありますが、多くの場合、システム障害によってパソコンが正常に動作しなくなったり、起動しなくなったりすることがあります。そこで、このような場合には、より効果的な方法が必要です。

では、Windows 11 PCを以前の状態に戻すにはどうすればよいのでしょうか?次に、2つの方法を紹介します。詳細については読み進めてください。

Windows 11を以前の状態に戻す方法

方法1:システムの復元を使用する

Windows 11では、システムイメージのバックアップを作成して、必要な時にPCに復元できる「システムの復元」というツールが搭載されています。だたし、「システムの復元」を使用するには、この前、復元ポイントが作成されたことが必要があるので、ご注意ください。復元ポイントを作成する方法は「復元ポイントを手動/自動で作成する方法」をご参照ください。

#ケース1. Windows 11が起動できる

システムが起動できますが、正常に動作しないため、以前の状態に戻したい場合、次の手順を試してください。

1. 「スタート」アイコン→「設定」→「システム」タブ→「バージョン情報」→「システムの保護」をクリックして「システムのプロパティ」ウィンドウを開きます。そして、「システムの復元」ボタンをクリックします。

システムの復元

2. 「システムの復元」ウィンドウが開きます。「次へ」をクリックします。

次へ

3. 次に、復元したい復元ポイントを選択します。ここで「影響を受けるプログラムの検出」をクリックすると、選択する復元ポイントによって影響を受けるプログラム/ドライバーを確認することができます。確認した後、「次へ」をクリックします。

復元ポイントを選択

4. その後、「復元ポイントの確認」画面が表示されます。問題がなければ、「完了」をクリックし、復元を始めます。

完了

#ケース2. Windows 11が起動できない

パソコンを正常に起動できない場合、Windows回復環境(WinRE)にアクセスし、作成した復元ポイントを使用してパソコンを復元することができます。

1. PCに電源を入れて、起動画面になる前、PCが完全にシャットダウンするまで電源ボタンを押し続けます。再度電源ボタンを押して、コンピュータの電源を入れます。前述の手順を2~3回繰り返し、PCが自動的にWinREに入ります。「トラブルシューティング」を選択します。

トラブルシューティング

2. 「詳細オプション」→「システムの復元」を選択します。残りの手順は、ケース1の手順2~4と同じです。

システムの復元

以上は、「システムの復元」でWindows 11 PCを以前の状態に戻す方法でした。「システムの復元」で復元ポイントを使用すると、システムを以前の時点に復元することができますが、先に復元ポイントが作成されない場合や、システムクラッシュによって復元ポイントが破損した場合に、復元を実行できません。この場合、次の方法を試してみてください。

方法2:バックアップ&復元フリーソフトを使用する

「システムの復元」で復元できない場合、サードパーティー製のシステムバックアップ&復元ツール-AOMEI Backupper Standardの使用をお勧めします。システムだけでなく、パーティション、ディスク、または個々のファイル&フォルダのバックアップと復元に使用することができます。

AOMEI Backupperを使って、Windows PCを以前の状態に戻すには、まずこのソフトでシステムバックアップを作成する必要があります。その後、システムを復元することが可能です。

詳細な手順については、読み進めてください。

#ケース1:Windows 11が起動できる

1. AOMEI Backupper Standardを無料ダウンロードし、インストールし、実行します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

2. 「復元」タブをクリックし、「タスクを選択」または「イメージファイルを選択」をクリックします。

タスクを選択

3. 復元するシステムイメージを選択し、「次へ」をクリックします。

復元するイメージを選択

4. 「このシステムイメージを復元」または「システムイメージからパーティションを復元」を選択し、「次へ」をクリックします。

イメージ情報

5. 「操作概要」画面ですべての設定を確認し、「開始」をクリックします。

開始

パーテイションを編集:復元先のディスク/パーテイションはシステムイメージより大きい場合、容量を最大限に活用するには、このオプションで、「パーティションのサイズを手動で変更」または「各パーティションに未使用領域を追加」の2つオプションから、パーティションのサイズを調整できます。復元後、復元先のディスク/パーテイションに使えない未割り当て領域がないことを確保できます(AOMEI Backupper Professionalなどの上位版で利用可能)。
SSD 4Kアライメント:復元先がSSDの場合、このオプションにチェックを入れると、復元後、SSDの読み書き速度と読み込み速度を一層に向上させます。
#ケース2:Windows 11が起動できない

Windows 11がクラッシュし、正常に起動できない場合に、システムイメージを復元するには、AOMEI Backupperでブータブルメディアを作成する必要があります。

また、この方法でWindows 11を復元するためのもう1つの条件は、以前に作成されたシステムイメージがUSBメモリ、外付けHDDやNASなどの内蔵ディスク以外の場所に保存されている必要があります。

もし、以前にAOMEI Backupperでシステムイメージを作成しない場合または、システムイメージが問題のあるPCの内蔵ディスクに保存されている場合、AOMEI Backupper Professionalなどの上位版へアップグレートして、正常に稼働する他のWindows 11 PCでシステムイメージを作成し、「ユニバーサル復元」機能を使用してそのイメージを問題のあるPCに復元してください。

1. 他の正常に稼働するPCでAOMEI Backupperをダウンロードし、インストールし、起動します。「ツール」→「ブータブルメディアの作成」をクリックし、画面の指示に従ってブータブルメディアを作成します。手順が簡単なので、ここで詳しく説明しません。もし詳しい手順を参照したいなら、「ブータブルメディアを作成する方法」をご覧ください。

ブータブルメディアを作成

2. システムイメージを保存している外付けHDD(または他のストレージデバイス)とブータブルメディアを問題のあるPCに接続します。PCに電源を入れて、パソコンメーカーのロゴが表示されると、パソコン/マザーボードのメーカーによって特定のキーを連打し、BIOSに入ります。矢印キーで「Boot」タブに移動し、ブータブルメディアによってCD/DVDまたはUSBメモリを最初に起動するドライブとして設定し、「F10」キーを押して変更を保存します。

BIOS

3. これで、パソコンが自動的にブータブルメディアから起動し、AOMEI Backupperのインターフェースが表示されると、ケーズ1の手順に従ってWindows 11を以前の状態に戻します。

まとめ

この記事では、Windows 11を以前の状態に戻す方法を2つ紹介しました。PCの状況に応じて最適な方法を選ぶことができます。

ご覧のように、AOMEI Backupperを使用する方法はより深刻な場合にも対応できるので、お勧めします。また、AOMEI Backupperはクローン、同期、ディスク消去ソフトでもあります。データをHDDからSSDに移行する場合や、ディスクを復元できないように消去したい場合にも役立ちます。今すぐダウンロードし、その豊富な機能を楽しみましょう~

Machi
Machi · この記事を書いた人
Technology会社の編集者としてAOMEI製品についての記事やコンピュータに関する記事を翻訳したり、書いたりしています。パソコンの基礎知識とか、AOMEI製品のバックアップ&復元、クローン、同期などの機能について詳しいです。IT業界に対して深い興味を持っています。そのほか、旅行、映画、音楽、色々なことに趣味があります。