By Machi / 最後の更新 2022年09月28日

Windows Server 2012のWbadmin機能

Wbadminは1つの内蔵機能で、管理者権限のコマンドプロンプトからオペレーティングシステム(OS)をバックアップ、または回復できます。Windows Server 2012でWBadminバックアップ機能をより柔軟に使用できます。ボリュームの他にフォルダやファイルなどの小さな項目も指定できます。スナップショットを削除する代わりに、Wbadmin削除バックアップを使用してバックアップを直接削除できます。WBadmin Windows Server 2012のすべての利用可能な機能は次のとおりです:

Wbadmin start backup – 非システム状態のバックアップを一度作成する(ボリューム、アプリケーション、ファイルまたはフォルダのバックアップ)
Wbadmin start systemstatebackup – システム状態のバックアップを作成する
Wbadmin start recovery – 非システム状態の回復を起動する
Wbadmin start systemstaterecovery – システム状態の回復を起動する
Wbadmin enable backup – 既存のスケジュールバックアップを変更、または新しいスケジュールバックアップを作成する
Wbadmin disable backup – スケジュールバックアップのタスクを無効にする
Wbadmin stop job – 進行中のバックアップまたは回復ジョブを終了する
Wbadmin get versions – コンピュータ上のすべてのバックアップの情報を表示する
Wbadmin get items – バックアップに含まれた内容を表示する
Wbadmin get disks – すべてのオンラインディスクを表示する
Wbadmin get virtualmachines – すべてのHyper-V仮想マシンを表示する
Wbadmin delete systemstatebackup – 指定されたシステム状態のバックアップを削除する
Wbadmin delete backup – 1つ以上のバックアップを削除する

Windows Server 2012 WBadminでバックアップを作成します

Windows Server 2012でWord文書、電子メール、連絡先、フォルダを含むすべての項目をバックアップに指定できます。Windows Server バックアップまたはWBadminを選択してバックアップを作成できます。WBadminでバックアップを作成するために、管理者権限のコマンドプロンプトにコマンドを入力することだけが必要です。詳細なWBadmin構文と説明について、Microsoft TechNetのWebサイトを参照できます。構文は沢山ありますが、通常バックアップの作成に関連するいくつかの構文だけが必要です。ここではバックアップと復元に使用されるWBadminのいくつかの例があります。

☛ E:ドライブにベアメタルバックアップを行います:

WBadmin start backup -backuptarget:E: –include:C: -allcritical -systemstate -vssfull

-allcritical構文はベアメタル回復のためにすべての項目を含みます。-systemstate構文を追加するかどうかにかかわらず、バックアップに含まれたものは同じです。サーバー全体を復元せずにシステム状態の回復を実行するオプションがあります。

Create System Backup Image

☛ D:ドライブ上のビデオフォルダとC:ドライブを含むバックアップをネットワーク場所に作成します:

WBadmin start backup -include:C:,D:\Video -backupTarget:\\192.168.1.222\backup -user:1 -password:1 -quiet

-include:構文を使用して1つ以上の項目を指定する時、スペースなしでコンマを使用してそれらを区切ります。ネットワーク場所をバックアップターゲットとして指定する時、-userと-password構文が必要です。-quiet構文はこのバックアップがプロンプトなしで実行されることを意味します。

☛ G:ドライブにシステム状態のデイリースケジュールバックアップを作成します:

WBadmin enable backup -addtarget:G: -systemstate -schedule:00:00

-schedule構文はWBadminスケジュールバックアップを実行する時間を指定します。一日の1つ以上の時間を指定してバックアップを実行することもできます。

使用方法を知っているユーザーにとってWBadminを使ってバックアップを作成するのは便利です。しかし、いくつかの制限があります。例えば、NTFSでフォーマットされたボリュームだけを使用できます。それに、ウィークリースケジュールバックアップまたは頻度がより低いスケジュールバックアップを実行するのは不可能です。Windows Server 2012のWBadminバックアップに満足していない場合、Windows Server向けのサードパーティ製のバックアップツールを使用できます。

Windows Server向けのバックアップソフトウェア

AOMEI Backupper Serverは使いやすいWindows Serverバックアップソフトウェアで、より多いオプションと少ない制限でバックアップを作成できます。

システムバックアップ、ファイル/フォルダバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、増分と差分バックアップをサポートしています。バックアップにNTFSだけでなくFAT 32、FAT16、EXT2、EXT3でフォーマットされたパーティションをサポートしています。バックアップターゲット場所に内蔵/外付けHDD、SSD(ソリッドステートドライブ)、USBフラッシュドライブ、ペンドライブ、ハードウェアRAIDアレイ、ダイナミックディスクとネットワーク共有フォルダに対応しています。

その直感的なインターフェースにより、バックアップと復元を簡単に行えます。

バックアップ

バックアップタスクを作成する時、スケジュールを設定してフル/増分/差分バックアップを毎日、毎週、毎月、USB挿入、イベントトリガー(システム起動/シャットダウン、サインイン/サインアウト)のモードによって実行できます。

スケジュール

バックアップディスクが容量不足になることを防ぐために、「スキーム」でディスクスペースの管理を有効にして5つの方法で古いバックアップを自動的に削除できます。それに加えて、バックアップタスクのためにより多い設定があります。例えば、コメントの追加、イメージを複数の小さなファイルに分割、暗号化の保護、圧縮レベル、電子メール通知です。

スキーム

WBadmin Windows server 2012のようにAOMEI Backupperもコマンドラインからバックアップまたは回復を実行できるAMBackup.exeユーティリティを提供します。スクリプト(.batファイル)を書いて無人タスクを実行することもできます。

まとめ

この記事では、WbadminでWindows Server 2012バックアップと回復を実行する方法をご紹介しました。また、コマンドラインに慣れていない方には、より直感的なインタネットがあるバックアップ&復元ソフト-AOMEI Backupper Serverの使用をお勧めします。

AOMEI Backupperは、バックアップと復元の他に、それは他の有用な機能を沢山持っています。例えば、システムクローン、ファイル同期、AOMEI PXE Tool、ブータブルメディアです。それを無料でダウンロードして使ってみましょう!