By Comnena / 最後の更新 2020年09月11日

Windows Server 2008(R2)のバックアップスケジュールを作成したい理由

ご存知のように、万が一の時に備えて、日頃からWindows Server 2008(R2)の大切なデータをバックアップしておいたほうがいいです。

しかし、ハードディスク、パーティションまたはシステム上のデータは毎日/毎週/毎月大幅に変わるかもしれません。明らかに、いかなるデータの消失を防ぐために、最初に一度作成されたフルバックアップだけでは不十分です。復元を実行しても、後で変更または新しく追加されたデータを取り戻すことができません。

重要なデータを定期的に自動バックアップすれば、上述のようなことが発生しません。バックアップスケジュールを設定したら、1つのバックアップタスクで複数のバックアップイメージが作成されます。最新のイメージファイルを利用して変更されたデータを復元することができます。

次のパートでは、Windows Server 2008(R2)でバックアップをスケジュールする2つの方法を学びます。組み込みのツールでそれを作成するか、サードパーティのアプリを試します。組み込みのツールを使用してバックアップをスケジュールすることができますが、プロセス全体が複雑で、制限が伴います。目標を達成するための簡単で迅速な方法を希望する場合は、方法2を参照してそれを取得できます。これは、必要に応じて複数の毎日/毎週/毎月のバックアップタスクをスケジュールするのに役立ちます。

方法 1.ビルトインツールでバックアップをスケジュールします

Windows Server 2008(R2)は内蔵のユーティリティーがあって、スケジュールバックアップタスクを設定し、自動にバックアップを実行することができます。しかし、設定されたバックアップタスクが毎日一回や一回以上だけを行うことができます。幸いなことに、windows serverバックアップタスクを設定するために、解決方法はタスクスケジュールを使用してWbadminコマンドを実行することです。

バックアップスケジュール

ステップ 1. 検索ボックスで「タスク スケジュール」を入力して、それを開きます。

ステップ 2. 「タスクの作成」をクリックして、設定を開始します。

タスクの作成

ステップ 3. 全般に、タスクの名前を設定し、「ユーザーがログオンしているときのみ実行する」と「ユーザーがログオンしているかどうかにかかわらず実行する」2つのオプションのいずれかを選択します

バックアップを設定

ステップ 4. トリガーに、新規をクリックして、バックアップを実行したい日時を指定します。

ステップ 5. 操作に、新規をクリックします。プログラム/スクリプトボックスに「wbadmin」を入力して、引数の追加(オプション)にWBadminバックアップコマンドを入力します。例えば、ドライブG:にドライブC:を含む全ての重要なボリュームをバックアップする場合、次のコマンドを書くことができます:

start backup -backupTarget:G: -include:C: -allcritical

ステップ 6. 必要に応じて他の設定を行います。すべて問題なければ、OKをクリックして、ユーザーのパスワードを入力します。

ただし、バックアップに含めることができるのはNTFSでフォーマットされたパーティションのみであり、重要なボリュームをターゲットの場所として設定することはできません。とにかく、すでにシステムバックアップがあり、システム障害が発生した場合にServer 2008(R2)を以前の日付に復元するのに役立ちます。よりプロフェッショナルで使いやすいものが必要な場合は、AOMEI Backupper Serverなどのサーバーバックアップツールを試すことができます。

方法 2.AOMEI Backupper Serverでバックアップをスケジュールします

AOMEI Backupper Server、サーバーバックアップソフトウェアは、タスクのスケジュールだけでなく、自分の技術を使用して、直接にデイリー/ウィークリー/マンスリー/イベントトリガーバックアップスケジュールを作成することができます。このツールは増分と差分バックアップも提供します。それに、Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019(R2を含む)とWindows PCのオペレーティングシステムをサポートできます。

さらに、社内の台数無制限のPCとサーバーを保護したい場合は、AOMEI Backupper Technician Plusを選択できます。それを使用してクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供できます。また、ポータブルバージョンを作成するためにインストールディレクトリをコピーすることもできます。

やってみませんか?最初にツールをダウンロードし、以下の手順に従って、Windows Server 2008 R2バックアップスケジュールを作成します。

無料ダウンロード Win サーバ&PC向け

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverをインストールし、起動します。

ステップ 2. 「バックアップ」タブで、ファイル、システム、パーティション、ディスクバックアップから1つのバックアップタイプを選択します。ここは「システムバックアップ」を例とします。

システムバックアップ

ステップ 3. システムバックアップは自動的にソースパーティションを選択するため、バックアップターゲットの場所を選択することだけが必要です。

宛先

ステップ 4. Windows Server 2008のバックアップスケジュールのタスクを構成するには、「スケジュール」をクリックします。タスクスケジューラを使用してタスクを開始するか、増分/差分バックアップを設定する場合は、ポップアウトウィンドウで「詳細」をクリックできます。

スケジュール

★ヒント:
1. Windows Server 2008のバックアップを希望どおりにスケジュールするために、AOMEI Backupperは複数のソリューションを提供します:デイリー、ウィークリー、マンスリー、イベントトリガー、USB挿入。
✍イベントトリガー:次のイベントでバックアップイベントをトリガーできます:ユーザーサインイン、ユーザーサインアウト、システム起動、システムシャットダウン。
✍USB挿入:USBデバイスを検出すると、ファイルを自動的にUSBにバックアップするか、USB上のデータを他の場所にバックアップします。
2. また、バックアップスキームを有効にして古いバックアップイメージを削除することもできます。使用できるオプションは5つあります。フルバックアップスキーム、増分バックアップスキーム、差分バックアップスキーム、スペース管理スキーム、他のバックアップスキームです。

ステップ 5. タスクを確認し、「開始」をクリックしてこのタスクを始めます。

▶ヒント:AOMEI Backupperでは、Windows Server 2008(R2)HDDを別のドライブまたはSSDにクローンすることもできます。

まとめ

Windows Server 2008(R2)のバックアップをスケジュールする方法をマスターしました。ご覧のとおり、Windowsの組み込みツールを使用すると、プロセスが複雑になり、時間がかかります。簡単な方法でジョブを完了するには、AOMEI Backupper Serverがより良い選択です。これは毎日、毎週、毎月のバックアップタスクを複数作成するのに役立ちます。

さらに、AOMEI Backupper Serverは写真を同期、システムイメージを作成、OSを別のドライブに移行など、より多くの機能を提供します。この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。最後までありがとうございます。