By AOMEI / 最後の更新 2020年01月07日

Server 2019でCドライブをクローンする簡単な方法をお探しですか?この記事では、その対応の簡単で効率的な方法を紹介します。

Windows Server 2019について

『Microsoft Windows Server 2019』 (マイクロソフト ウィンドウズ サーバー 2019)は、マイクロソフトによって開発されたWindows NT系に属するサーバー向けのオペレーティングシステム。

『Macrosoft Windows Server 2019』は、2018年3月20日に発表され、同日、Windows Insider向けに試作品が提供された[5]。 製品版は2018年9月2日に販売された。

----- 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Windows Server 2019はWindows Server 2016と比較して、サーバー用途として玄人受けする新機能が追加されています。

Server 2019は、ハイブリッドクラウド、セキュリティ、アプリケーションプラットフォーム、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)の4つの主要テーマで革新的な成長を遂げました。だから、Windows Server 2019にアップグレードしても構わないと思っている組織または企業がますます多くなっています。

なぜServer 2019でCドライブをクローンする人が多い?!

ご存じのとおり、Cドライブ(C :)は、オペレーティングシステム、関連システムファイル、ユーザープロファイル、およびその他のアプリケーションなどを含む主なハードディスクパーティションです。

Server2019利用者が増えるにつれて、ステムパーティションをクローンする人も多くなっています。一般的に言えば、三つの場合があります:

  • ● Cドライブを新しいパソコンにクローンします。例えば、新しいパソコンを購入しましたが、そこにServer 2019を再インストールするのは面倒な作業だと思われます。こんな場合、Cドライブをクローンすると、システムを再インストールしなくてもいいです。

  • ● 容量を増やすため、Cドライブを外付けHDDなどにクローンします。実は、CドライブまたはCドライブが保存されているドライブがいっぱいになることはよくあります。こんな場合、Cドライブから新しい大容量ドライブにデータを転送する必要があります。

  • ● パフォーマンスを大幅に向上させるには、 Cドライブを別のドライブにクローンします。SSDはシステムディスク用で、HDDは保存ディスク用です。HDDと比べて、SSDは軽量、高速、低消費などのメリットを備えています。だから、サーバー2019でCドライブをSSDにクローン化するユーザがより多いです。

超人気ソフトでServer 2019でCドライブをクローン!

Cドライブのクローンを簡単に作成するために、AOMEI Backupper Serverというプかつ信頼性高いユーティリティをお勧めします。

このソフトはWindows Server 2003、2008、2012、2016(R2を含む)、2019、SBS 2003、2008、2011およびWindows PCシステム(以前のバージョンを含む)をサポートします。

さらに、Cドライブを小容量ドライブにクローンすることもサポートします。この場合、デフォルトではCドライブの使用済み部分だけがクローンされるからです。ディスククローン、システムクローン、パーティションクローンという三つクローン種類があります。

システムクローンを実行すると、Cドライブとシステム予約済みパーティションのような起動関連パーティションが自動的に選択されます。そのため、後でクローンされたディスクからOSを正常に起動できます。では見てみましょう~

Server 2019でCドライブを別のドライブにコピーする詳細な手順

Cドライブのクローンを作成する前に、新しいドライブをお使いのパソコンに接続し、そのドライブがServer 2019によって認識されることを確認します。新しいドライブのすべてのデータはクローン作成後に上書きされます。開始する前に、新しいドライブのディスクバックアップを取ったほうがよいでしょう。

ステップ 1. このソフトをダウンロード、インストール、実行します。[クローン]タブの[システムクローン]を選択します。

システムクローン

ステップ 2. ターゲットパーティションを選び、Cドライブのクローンを作成します。[次へ]をクリックします。

ターゲットパーティション

ステップ 3. クローン操作を確認後、[開始]を選択します。

Server 2019でCドライブのクローンを開始

ステップ 4. これで、BIOSで起動優先順序を変更したり、古いハードディスクを交換したりしてクローンしたディスクからPCを起動することができます。2番目の方法が推奨されています。

ヒントセクター単位のクローン:セクターが使用されているかどうかにかかわらず、すべてのセクターをクローンします。ステップ3でこの機能をクリックすると、Cドライブ上でフォーマットおよび削除されたデータを復元することができます。クローン先ディスクの容量は少なくともCドライブの容量と同じですよ~● Cドライブ(システムディスク)をSSDに移行する場合は、ステップ3で[SSDを最適化するにはパーティションを合わせる]にチェックを入れ、SSDのパフォーマンスを向上させることができます。● 元のCドライブは消去されません。バックアップイメージまたは補助記憶装置として使用できます。

まとめ

ここまでServer 2019でCドライブをクローンしてしまったのです。どう~簡単でしょう~!我々の初心者にとっても、本当に操作しやすいと思います。時間を節約できますし、安全です。

ちなみに、クローン作成プロセス中にパソコンで他の操作を実行できます。便利でしょう~

Server 2019でCドライブをクローンする以外にも、このツールはバックアップ、復元、同期などの機能を提供します。体験してみると、今ダウンロードしてみてください~

Windows 10をNVMe SSDにクローン 大容量M.2 SSDから小容量M.2 SSDへクローン Windows 10で外付けHDDから外付けHDDへコピー