By AOMEI / 最後の更新 2019年09月25日

イメージがマウントできない理由

Server 2008 R2を実行していますが、Windows Serverバックアップ経由でサーバーを外付けHDDにバックアップしようとすると、「ファイルをマウントできませんでした」というエラーメッセージが表示されます。

通常、この問題は、「イメージをマウントする」というWindows Serverバックアップツールを使用している場合に発生します。一方、システムを外付けHDDにバックアップしようとしているときにこのエラーが発生した場合、このエラーはハードウェアの問題が原因である可能性があるため、最初にハードウェアを確認してください。

ハードウェアに問題がない場合は、システムの代わりに小さなファイルをバックアップして、Windows Serverバックアップが機能しているかどうかを確認してください。動作している場合は、システムを外付けHDDではなく別のボリューム(優先ローカルディスク)にバックアップしてみてください。

プロで信頼性の高いバックアップソフトウェア

実際、Windows Serverバックアップはさまざまなエラーで失敗する可能性があり、場合によってはWindows Serverバックアップも修正できない恐れもあります。したがって、バックアップしたい場合は、AOMEI Backupper Serverなどの専門的なバックアップソフトウェアを選択して、Windows Serverを外付けHDDにバックアップすることをお勧めします。

分かりやすいインターフェースと使いやすい機能により、バックアップが簡単に作成できます。また、毎日/毎週/毎月の自動バックアップを可能にするスケジュール機能も提供します。さらに、増分/差分バックアップにより、ディスク容量を節約しながらシステムバックアップを更新することができます。これを使用すると、いつでもシステムを復元することができます。

システムを外付けHDDにバックアップする方法

詳細なステップに従って、システムを外付けHDDにバックアップする方法を勉強しましょう。

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverをダウンロードし、インストールして起動してください。

ステップ 2. 「バックアップ」、 「システムバックアップ」をクリックしてください。

システムバックアップ

ステップ 3. デフォルトのタスク名を編集して、他のバックアップと区別できるようにします。システムおよび起動関連のパーティションが自動的にリストされます。イメージのバックアップ先のパスを選択してください。

ネーム変更

バックアップ先を選択

※ご注意:「Share/NAS」をクリックして、システムイメージをローカルディスク、外付けHDDに保存するか、NASデバイスまたはネットワーク共有に保存するか選択できます。バックアップインターフェイスの下部にある「スケジュール」をクリックしてから、毎日/毎週/毎月のバックアップまたは完全/増分/差分バックアップが選択できます。

「Share/NAS」

定期的にバックアップ設定

ステップ 4. 「開始」をクリックして、システムバックアップを実行してください。

開始

最後

「ファイルをマウントできませんでした」は、Windows Serverバックアップツールを使用するときのエラーの1つにすぎません。「Windows Serverバックアップ機能エラー」、「Windows Serverバックアップサービスが見つかりませんでした」などのエラーがあります。従って、AOMEI Backupperバックアップを使用するのが良い選択です。このソフトウェアを使用すると、システムがクラッシュしたときにシステムを直接復元したり、再インストールせずにトランスポートシステムのクローンを作成したりできます。