By AOMEI / 最後の更新 2019年09月11日

EFI システムパーティションとは何ですか?

EFI システムパーティション(ESP)は、(Unified Extensible Firmware Interface)UEFI ベースのコンピューターのHDDまたはSSD上のパーティションであり、このパーティションにはブートローダー、ブート時にファームウェアが使用するデバイスドライバーファイルが含まれています。

EFI システムパーティションをバックアップする必要が?

EFI システムパーティションには、UEFI ベースのコンピューターのブートローダーが含まれています。コンピューターを起動すると、UEFI ファームウェアはESPに保存されたブートファイルを読み込み、既存のオペレーティングシステムを起動します。パーティションが失われたり、ブートファイルが見つからなかったり破損している場合、コンピューターは起動できなくなります。

したがって、EFI システムパーティションをバックアップすることが必要です。何か問題が発生しても、EFI システムパーティションを復元して、コンピューターを正常に動作させることができます。

Windowsバックアップと復元を使用してEFI システムパーティションをバックアップする

バックアップと復元は、Windows 7向けの組み込みツールで、Windows 8およびWindows 10にも含まれています。EFI システムパーティション、システムパーティションなどすべてのシステムパーティションを含むシステムイメージバックアップが作成できます。

ステップ 1. 検索ボックスに「バックアップと復元」と入力してから、スタートメニューリストから選択してください。

ステップ 2.システムイメージの作成」をクリックしてください。

efi1

ステップ 3. バックアップを保存する場所を指定して、「次へ」をクリックしてください。

efi2

ステップ 4. バックアップ設定を確認し、「開始」をクリックしてください。

efi3

一般に、このパーティションのデータ量に応じて、このプロセスには数十分かかります。

  • ※ヒント:EFI システムパーティションバックアップ実行中に次のようなエラーが表示されるかもしれません。

    ●1. Windowsバックアップは、EFI システムパーティション(ESP)で排他ロックが取得できませんでした。 つまり、ESPに保存されたファイルは別のプログラムによって占有されています。この場合、システムファイルを保護するセキュリティソフトウェアを無効にする必要があります。

    ●2.バックアップセット(0x807800C5)のボリュームのバックアップイメージの準備に失敗しました。一般に、このエラーには追加情報が伴います。EFI システムバックアップを作成するときに、指定されたバックアップディスクが見つからない場合があります。この原因は、以前のバックアップファイルです。WindowsImageBackupフォルダを見つけて削除するだけで、解決できます。以前のバックアップを保存する場合は、別の場所に移動できます。

    上記の問題を回避したい場合は、AOMEI Backupperのようなサードパーティのバックアップおよび復元ソフトウェアを使用してみよう。

WindowsのEFI システムパーティションをバックアップする方法

AOMEI Backupperにはシステムバックアップという機能があり、安易な方法でEFI システムパーティションがバックアップできます。このソフトウェアでは、ブート時に使用されるすべてのシステムパーティションが自動的に選択されます。コンピューターがUEFI ベースのコンピューターの場合、EFI システムパーティションとシステムパーティションがデフォルトで選択されます。

同時に、より便利な機能を提供しています。セキュリティのために、不正アクセスを防ぐためにバックアップイメージが暗号化できます。容量の問題は発生したら、圧縮できます。さらに、毎日、毎週、毎月などの定期的なバックアップが作成できます。

設定

パーティションバックアップ、ディスクバックアップ、ファイルバックアップなどもサポートしています。ホームユーザーの場合、AOMEI Backupperはニーズを満たすことができます。もし、プロのユーザーの場合、より高度な機能が必要になります。その高度なエディションにアップグレードすることをお勧めします。

◆詳細な手順

ステップ 1. EFI システムパーティションバックアップソフトウェアAOMEI Backupper Standardをダウンロードして起動してください。

ステップ 2. AOMEI Backupperのホームで「バックアップ」、「システムバックアップ」をクリックしてください。

バックアップ

ステップ 3. バックアップ先のパスを選択してください。外付けHDD、USBドライブ、Googleドライブなどにバックアップできます。

パスを選択

ステップ 4. いつでもパーティションの最新バージョンを保持したい場合、下図のスケジュール設定を選択してください。

スケジュール

ステップ 5. ホームに戻り、「開始」をクリックしてください。

開始

このプロセスが完了すると、システムバックアップイメージが取得されます。EFI システムパーティションが失われたり、システムがクラッシュした場合は、いつでも外付けHDDからシステムイメージを復元することができます。

まとめ

EFI システムパーティションのバックアップは重要です。コンピューターのスタートアップファイルも含まれており、このパーティションが失われると、コンピューターは起動しません。

バックアップソフトウェアの場合、Windowsの組み込みツールを使用して、ソフトウェアとAOMEI Backupperなどのサードパーティツールをバックアップおよび復元することができます。どちらもWindows用のEFI システムパーティションのバックアップに役立ちます。

ただし、Windowsバックアップと復元を使用してEFI システムパーティションのバックアップを作成するとき、バックアップが失敗する場合があります。面倒くさい状況を回避するため、無料のAOMEI Backupperをお勧めします。初心者でも簡単にしようできます。さらに、システムのバックアップだけでなく、より多くのことを行うために使用できます。ぜひ、お試し下さい。

関連記事

● Transcend SSD移行ツールをご紹介

● 最高のIntenso SSDクローンツールご紹介!

● (修正済み)USBメモリのデータが破損しまった!