By ゆき / 最後の更新 2019年08月16日

この記事では、Windows7/8/10システムの復元ポイントを作成しようとしすると、「ボリュームシャドウコピーサービスコンポーネントで、予期しないエラーが発生しました。」というエラーの対処法を見つけましょう。

エラーの概要

バックアップをしようとすると、「ボリュームシャドウコピーサービスコンポーネントで、予期しないエラーが発生しました。」というエラーが表示され、バックアップを取得できません。実際には、エラーはバックアップ中だけでなく、システムの復元中にも発生します。

コンピュータの動作が遅くなったり、応答が停止する場合は、システムの復元を実行してシステムを以前の状態に戻す必要があります。そして、「ボリュームシャドウコピーサービスコンポーネントで、予期しないエラーが発生しました。詳細については、アプリケーションイベントログを確認してください」というエラーが発生する可能性があります。(0x80042302)

このエラーの最も一般的な原因は、実行されていないボリュームシャドウコピーサービスです。このサービスは使用中にWindowsのバックアップを作成し、システムの復元が正しく機能するためにも必要です。別の考えられる原因は、主要なシステムファイルが存在しないか破損していることです。

0x80042302

対処法

このエラーを修正するには、次の4つの方法を試してみてください。

方法1. ボリュームシャドウコピーサービスを自動に設定

Windows 7/8/10でボリュームシャドウコピーサービスのエラーが発生した場合、最初に行うべきことは、ボリュームシャドウコピーサービスがオンかどうかを確認することです。Windowsのボリュームシャドウコピーユーティリティは、使用中にWindowsのバックアップを作成します。このサービスを無効にすると、シャドウコピーを作成できませんでした。したがって、手動でボリュームシャドウコピーを自動に設定する必要があります。

1. スタートボタンをクリックし、検索バーにservices.mscと入力します。Enter押してサービスを開きます。

2. Volume Shadow Copy項目をリストから探します。

3. この項目に対応するステータス列を確認します。実行されていない場合は、左のメニューからサービスの開始をクリックして開始します。

4. Volume Shadow Copyを右クリックし、プロパティをクリックします。

5. スタートアップの種類を自動に設定します。

サービス

方法2. SFCを実行

システムファイルチェッカー(SFC)ユーティリティを使用すると、破損したWindowsシステムファイルをスキャンし、破損したファイルの修復を試みることができます。

1. 開始をクリックし、検索ボックスにcmdと入力します。

2. 検索結果リストからコマンドプロンプトを右クリックします。管理者として実行を選択します。

3. sfc/scannowを入力します。

4. その後、Enterを押してコンピュータを再起動します。

方法3. セキュリティソフトウェアを無効に

セキュリティソフトウェアによってこのエラーが発生することもあります。システム上のセキュリティソフトウェアをすべて無効にし、問題が解決されないかどうかを確認します。

ノート: セキュリティソフトウェアを無効にすることはシステムにとって潜在的な脅威であるため、トラブルシューティングが完了したらセキュリティソフトウェアを有効にしてください。

方法4. クリーンブートを実行

システムの復元ユーティリティを開くときにエラー0x80042302が発生した場合は、クリーンブートを実行すると問題が解決する可能性があります。

Windowsのクリーンブートを実行するには、次の手順を実行します。

1. 開始をクリックし、検索ボックスにmsconfig.exeと入力します。

2. 全般タブで、スタートアップの項目読み込みのチェックを外します。

3. サービスタブで、Microsoftのサービスをすべて隠すをオンにし、すべて無効をクリックします。

4. OKをクリックし、再起動します。

システムの構成

コンピュータを保護するためのより良いバックアップと復元ソフトウェア

Windowsのバックアップと復元の両方のツールとシステムの復元は、ボリュームのシャドウコピーを使用してイメージのバックアップと復元のポイントを作成します。ボリュームシャドウコピーで問題が発生すると、バックアップと復元は機能しません。ボリュームシャドウコピーサービスコンポーネントで予期しないエラーが発生したなどのエラーが発生することがあります。

また、Windowsのバックアップと復元ツールとシステムの復元には独自の制限があります。たとえば、Windowsのバックアップと復元ツールで増分バックアップを作成することはできません。システムの復元はすべてのデータを保護するわけではありません。 あなたの文書、写真、その他の個人データには影響しません。

したがって、コンピュータを保護するために、より強力で強力なバックアップと復元ソフトウェアを見つける必要があります。

AOMEI Backupper Standardは、プロのバックアップおよび復元ソフトウェアです。Microsoft VSSテクノロジとAOMEI組み込みVSSテクノロジの両方が組み込まれています。したがって、ボリュームシャドウコピーサービスに問題があっても、AOMEI Backupperを利用してVSSバックアップを作成することはできます。また、増分バックアップを簡単に作成できます。

AOMEI BackupperでVSSバックアップの作成

システムバックアップを例に取ります 。AOMEI BackupperでVSSバックアップを作成する方法を見てみましょう。

1. AOMEI Backupperをダウンロードし、ソフトウェアを起動してください。「バックアップ」タブの「システムバックアップ」をクリックします。

システムバックアップ

2. ステップ2をクリックして、別の場所を宛先パスとして選択します。(ソースを選択する必要はなく、自動的に選択されます。)

宛先

3. 「バックアップオプション」をクリックして、VSSを選択します。2つのオプションがあります:VSS(Microsoft)を使用し、AOMEIのビルトインテクノロジを使用します。

VSSに問題がある場合は、コンピュータを中断せずに再起動することなく、バックアップするためにAOMEIの組み込み技術を使用することができます。

オプション

コツ: 「スケジュール」をクリックして、増分バックアップを作成することもできます。

4. これが完了したら、「バックアップの開始」をクリックします。

コツ: ボリュームシャドウコピーサービスコンポーネントにServer 2008で予期しないエラーが発生した場合は、AOMEI Backupper Serverを参照してください。

結論

Windows 7/8/10でボリュームシャドウコピーサービスコンポーネントが予期しないエラーに遭遇した場合、上記の方法でこの問題を解決できます。この問題を解決できない場合でも、AOMEIを使用して、組み込み技術でVSSバックアップを作成できます。AOMEI Backupperによって作成されたイメージ・バックアップにより、コンピュータを以前の正常な状態にすばやく簡単に復元できます。