By Comnena / 最後の更新 2022年07月06日

回復ドライブとは何ですか?

「回復ドライブの作成中に問題が発生しました」というエラーを解決する前に、まず回復ドライブとは何かを理解しましょう:

回復ドライブは、USBメモリの中に、Windowsを初期状態に戻すための情報を入れておき、パソコンに問題が発生したときに利用するためのものです。

回復ドライブを作成しておけば、パソコンに何らかのトラブルが発生し、起動できなくなった場合などに、パソコンを購入時に近い状態に戻すことができます。そのため、万が一の事態に備えて、パソコン購入後はなるべく早く回復ドライブを作成しておきましょう。

回復ドライブの作成中に問題が発生する原因

回復ドライブを作成する時、以下のことに遭ったことがあるかもしれません:

このWindows 10/11 PCで回復ドライブを作成できません。必要ないくつかのファイルが見つかりません。お使いのPCを起動できないときに、エラーを修復するには、Windowsインストールディスクまたはメディアを使用してください。

Windows 10/11で回復ドライブを作成できません。回復ドライブの作成中に問題が発生しました。だから、Windows 10/11の「リセット」機能でこの問題を解決できるかどうかは重要なことです。実はリセット機能ではシステムを工場出荷時の設定に戻すだけで、リセット後にアプリケーションとファイルはもうなくなりません。

回復ドライブを作成できない

とにかく、上述は回復ドライブを作成できないという問題です。

今、この問題が発生した理由を知りたいでしょう?以下はWindows 10/11回復ドライブ作成が失敗した理由の一部です:

✦ お使いのUSBメモリがフォーマットされていないか、故障しているか、容量が4GB未満です。
✦ Windows回復環境(Windows RE)が無効になっています。
✦ システムファイルが破損しています。

Windows 10/11で回復ドライブを作成できない問題を修正する方法

では、「Windows 10/11で回復ドライブを作成できません」というエラーを修正する方法は何ですか?次の方法をご参照ください。

1. お使いのUSBメモリをチェックする

回復ドライブを作成する前に、USBメモリをフォーマットする必要があります。そうでなければ、回復ドライブの作成中にUSBメモリがフォーマットされていないというメッセージが表示されます。勿論、Windows 10/11回復ドライブも作成できません。

また、Windows 10/11で作成されたISOまたはGHOファイルのサイズは4GBぐらいなので、USBメモリドライブの容量が4GBを超えるか、少なくとも4GBであることを確認してください。必要があれば、4MBを超えるUSBフラッシュドライブに変更してください。

もし、USBメモリ自身が故障しているなら、このUSBメモリを修正する必要があります。具体的な手順は以下のとおりです。

手順 1. USBメモリをUSBポートに挿入し、検出できることを確認してください。

手順 2. リムーバブルが表示されているUSBメモリを右クリックして、そのプロパティを開いてください。

手順 3. 「ツール」タブ→エラーチェック欄にある「チェック」をクリックします。

ツール

手順 4. Windows10の場合、自動的にドライブの状態が確認されます。「このドライブをスキャンする必要はありません」というメッセージが出た場合にも、念のためドライブをスキャンしてみましょう。

確認

手順 5. 完了したら、スキャンウィンドウを閉じてください。

以上の操作により、お使いのUSBメモリをチェックすることができます。回復ドライブの作成を再試行して、正常に完了したかどうかを確認してください。

そうでない場合は、次の方法を試すこともできます。

2. 回復イメージの場所を探し、Windows RE(回復環境)を有効にする

Windows RE(回復環境)が無効になっている場合は、Windows 10/11で回復ドライブを作成できません。では、解決方法は何ですか?

手順 1. Windows 10/11の検索ボックスに「CMD」を入力し、「コマンド プロンプト」を右クリックし、管理者として実行します。

手順 2. 「reagentc/info」コマンドと入力し、リカバリイメージの場所を探します。リカバリイメージの場所には、Windows REの場所が表示されています(それは回復環境有効であることを意味します)。そうでない場合は無効であるので、それを有効にする必要があります。

windows回復環境

これらの操作の後、このエラーは修正されます。では、Windows 10/11で回復ドライブを再度作成してみてください。回復ドライブ作成が失敗した場合は、次の方法を試すこともできます。

3. AOMEI Backupperでブータブルメディアを作成する「簡単」

Windows 10/11で回復ドライブを作成できない場合は、ブータブルUSBメモリを簡単に作成できるフリーソフトAOMEI Backupper Standardを使用することができます。AOMEI Backupperは5000万人のユーザーからご愛用いただき、信頼性の高いツールであり、直観的なインターフェイスのため多くのユーザーに強く推奨されております。

このソフトは、便利な機能をたくさん提供します。例えば、システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップ、システム復元、ディスククローンやブート可能メディアの作成などです。

AOMEI Backupper Standardを無料ダウンロードしてお試しください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

補足:無料版をAOMEI Backupper Professional(有料版)にアップグレードすると、差分バックアップ、システムクローン、ユニバーサル復元など、もっと多くの高度な機能を使用できます。
▼AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較

ちなみに、AOMEI Backupperを使用してUSBメモリにバックアップを作成しておく必要があります。後は「ブータブルメディアの作成」機能で作成されたブータブルUSBを使用してシステムを復元することができます。そうすると、回復ドライブの問題を解決できます!

▶ヒント:上述のUSBメモリにバックアップを作成する方法は「フリーソフトでWindows 10/11をUSBメモリにバックアップする方法」記事を参考にしてください。

ブータブルメディアを作成する方法は次のとおりです:

手順 1. AOMEI Backupper StandardをWindows 10/11パソコンにダウンロード、インストール、起動します。

手順 2. 左側の「ツール」タブを選択し、「ブータブルメディアの作成」を選択します。

ブータブルメディアの作成

手順 3. Windows PEはLinuxよりも柔軟で便利ですから、次のポップアップウィンドウで、「Windows PE-Windows PEに基づいてブータブルメディアを作成」を選択します。その後、「次へ」をクリックして続行します。

起動ディスクタイプ

手順 4. このウィンドウでブートモードを選択したら(GPTディスクの場合、UEFIブートモードに基づいてブータブルディスクを作成することを推奨します。)、「次へ」をクリックします。

Windows PEディスクの作成

手順 5. 「USBブートデバイス」を選択し、「次へ」をクリックすると、USBドライブをフォーマットするというポップアップウィンドウが表示されますので、「はい」をクリックして起動可能メディアの作成を開始します。また、必要に応じて「CD/DVDドライブ」、「ISO ファイルをエクスポート」などの機能を選択することもできます。

USBブートデバイスを選択

USBフォーマット

ヒント:
●お使いのUSBドライブはフォーマットされますので、重要なファイルは事前に別の場所にバックアップしてください。このソフトのバックアップ機能、例えば、システム/パーティション/ディスク/ファイルバックアップなどを使用すると、すぐ完了できます。
●起動可能なメディアを作成したら、BIOS起動順序を変更して起動可能なUSBメモリからパソコンを起動してください。その後、AOMEI Backupperで作成したシステムイメージからWindows 10/1を正常に復元することができ、問題も解決されます。

まとめ

この記事では、Windows 10/11で回復ドライブの作成中に問題が発生した時の3つの解決方法を紹介しました。その中でAOMEI Backupper Standardでブータブルメディアを作成することは簡単でとてもオススメです。

AOMEI Backupper Standardは専門的なバックアップソフトです。それは、バックアップを簡単かつ安全に作成するのに役立ちます。さらに、このソフトウェアは外付けHDDへのバックアップ、ディスククローン、システムバックアップなど、より多くの機能を提供します。

Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022を使用しているユーザーは、AOMEI Backupper Server版を選んでください。最後までありがとうございます。弊社のメールは「[email protected]」で、もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。@(o・ェ・o)@