By ゆき / 最後の更新 2021年03月01日

ブータブルUSBとは?

Weblioによりますと、ブータブルUSBとはUSBポートによってPCと接続し、PCの起動(ブート)を行う機能を搭載した記憶装置(ハードディスクやUSBフラッシュメモリなど)です。ブータブルUSBを起動ディスクの代わりとして常に使用し、システムが起動しなくなった場合、ブータブルUSBを利用すればPCを起動させることができます。同時にPC内の外部記憶装置へのアクセスを禁止するように設定することで、PC内への情報の保存を抑止し、情報漏洩を防止するシンクライアントを実現するソリューションなども提供されています。

※〖P.S.〗起動ディスクの代用としては、CD-ROMを使用して起動する方法(ブータブルCD)も一般的です。ブータブルCDと比較すると、ブータブルUSBは、ブート時のログを記録したり、内容を更新したりといった動作を比較的手軽に行えるといった利点があります。

この記事ではブータブルUSBメモリ(起動可能なUSBメモリとも呼ばれる)について検討しています。

いつ、ブータブルUSBは必要?

以下の場合にはブータブルUSBは必要であるかもしれません。

  • サイバー攻撃、ウイルス感染、システム破損、ハードディスク故障などの原因でパソコンは起動しなくなってしまった場合は、ブータブルUSBを使用してパソコンを起動させて、トラブルシューティング(システム修復)を実行したり、システムを再インストールしたりすることができます。

  • OSを上書きインストールしたいか、ゼロからインストールしたい場合は、Windowsを起動したままではいけないため、ブータブルUSBを使用する必要があります。

  • 内蔵ドライブ上のOSをロードできない場合は、ブータブルUSBを使用して、破壊されたシステムまたは失われたデータを復元することができます。

  • OSを読み込まずにバックアップまたはクローンの操作を行いたい場合は、ブータブルUSBを使用する必要があります。

ブータブルUSBを作成する理由は上記の通りです。次は、ブータブルUSBの作成ソフトと作成方法をご紹介しましょう。

Windows向けブータブルUSB作成フリーソフトについて

ご存知のように、一般的にWindows用のインストールメディアを作成したい場合は、ここからブート可能なUSBメモリの作成ツールを無料でダウンロードできます。しかし、異なるWindowsシステムのために、異なるUSBフラッシュドライブが必要とされるかもしれません。Windowsのすべてのエディションに使用できるブータブルUSBの作成フリーソフトはありますか?

AOMEI Backupper StandardはWindowsの各種エディションのためにデザインされている最高のオールインワン・ブータブルUSB作成フリーソフトです。その特徴とメリットは次の通りです。

✭ブータブルUSBだけでなく、ブータブルCD(またはDVD)を作成することもできます。
✭AOMEI Backupperによって作成されたブータブルUSBはWindows10、8.1/8、7、Vista、XP(32/64bit)に使用できます。
✭LinuxカーネルまたはWindows PEに基づいてブータブルメディアを作成することができます。Linuxブートディスクで起動した後、復元とクローンの操作だけを実行できますが、Windows PEブートディスクで起動した後、バックアップ、クローンとクローンの操作を実行できます。
✭AOMEIブータブルメディアで起動した後、AOMEI Backupperによって提供されているトラブルシューティングツールと修復ツールだけを使用・実行できます。パソコンが起動しない場合には、Windowsを再インストールできませんが、システムを以前の正常な状態に復元できます。

今すぐ試してみませんか?ここから、ブータブルUSB作成フリーソフト「AOMEI Backupper Standard」を無料でダウンロードして、手に入れましょう。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP/Vista

ブータブルUSBを作成する方法・手順

☆注:ブータブルUSBを作成する時にUSBメモリはフォーマットされているので、その上に重要なデータがあれば、事前にバックアップを作ってください。
AOMEI Backupperでファイルやフォルダをバックアップする方法

ステップ 1. USBメモリをお使いのパソコンに接続します。AOMEI Backupperをインストール、起動します。「ツール」タブをクリックしてから「ブータブルメディアの作成」を選択します。

ブータブルメディアの作成

ステップ 2. ポップアップウィンドウで「Linux」または「Windows PE」を選択してから「次へ」をクリックします。

☆注: Windows PEブータブルディスクの作成をお勧めします。そうすると、AOMEI Backupperのすべての機能を使用できます。

ブートディスクの種類

ステップ 3.「レガシーブータブルディスクの作成」(ブータブルディスクをMBR/レガシーBIOSモードで起動)または「UEFIブータブルディスクの作成」(ブータブルディスクをGPT/UEFIモードで起動)を選択してから「次へ」をクリックします。

☆注:PC起動時にブートモードを選択する方法についてはユーザーマニュアルを参考にしてください。

ブートモードの選択

ステップ 4. USBブートデバイスを選択してから「次へ」をクリックします。USBメモリをフォーマットするように求められます。重要なファイルが既にバックアップされている場合は、「はい」をクリックしてブータブルUSBの作成を開始します。

USBブートデバイスの選択

★ヒント:左下にある「ドライバーを追加」をクリックして、ブータブルディスクにカスタムドライバを手動で追加できます。Windows PEブータブルディスクを選択した場合のみ、このオプションは利用可能です。

◎補足1:システム復元のためにシステムイメージを作成

Windowsが起動しない場合は、作成されたブータブルUSBメモリでパソコンを起動して、AOMEI Backupperの機能を使用することができますが、事前にAOMEI Backupperでシステムイメージを作成しないと、深刻なトラブルが発生したあと、ブータブルUSBがあっても、システムを正常な状態に戻すことができません。次は、AOMEI Backupperの「システムバックアップ」でシステムイメージを作成する方法についてご紹介しましょう。

「バックアップ」タブをクリックしてから「システムバックアップ」を選択します。次には、ウィザードに従って、システムバックアップの作成を完成させます。データの安全を確保するためにシステムイメージを外付けHDDまたはネットワーク場所に保存した方がいいです。

システムバックアップ

▼詳細情報についは次の記事を参考にしてください。

AOMEI Backupperでシステムイメージを作成する方法

◎補足2:ブータブルメディアなしで回復環境を起動

USBメモリをブートディスクとして使用したくない場合、またはUSBメモリをどこかに落としてしまうこと心配する場合、AOMEI Backupperでは、回復環境を作成して、ブートディスクがなくても起動することができます。

「ツール」タブをクリックしてから「一般的なツール」の「回復環境」を選択します。それは「AOMEI Backupper回復環境」オプションをブートメニューに追加します。

回復環境の作成

▼詳細情報についは次の記事を参考にしてください。

AOMEI Backupperで回復環境を作成する方法

後書き

この記事では、Windows10、8.1/8、7、Vista、XPのすべてのエディション向けブータブルUSB作成フリーソフトとブータブルUSB作成方法をご紹介しました。ブータブルUSBがあれば、システムがクラッシュしてもパソコンを簡単かつ迅速に修復することができます。また、AOMEI Backupperを使用して、ブータブルメディアを持たなくても、回復環境を起動させることができます。そうすると、USBメモリを用意する必要がありません。

Windows Server OS(例えば、Windows Server 2019/2016/2012)の各種エディションのためにブータブルUSBを作成したい場合は、AOMEI Backupper Serverを選択してください。躊躇わずその強力なブータブルUSB作成フリーソフトを試してみましょう。

そのほかのバージョン | AOMEI Backupper

ITサービスプロバイダーや企業である場合、台数無制限のPC向けAOMEI Backupper Technician版と台数無制限のPC&サーバー向けAOMEI Backupper Technician Plus版をお勧めします(*クライアントに技術サポートを有償サービスとして提供できる)。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~

ab techplus