By Akira / 最後の更新 2022年10月20日

事例:Windows 10をUSBドライブにクローンすることは可能ですか?

 

32GBのUSBフラッシュドライブを持っていて、いろいろなことに使っています。Windows10はわずか22GBであり、Wndows 10を実行している多くのタブレットは32GBのデータを使用していることに気づきました。Windows 10をUSBフラッシュドライブにクローンできるかどうか知りたいです。

- あるユーザーからの質問

USB

USBドライブには、USBで接続するフラッシュメモリーや外付けハードディスクが含まれます。容量に余裕があれば、USBにWindowsをクローンすることも可能です。

内蔵ハードディスクの容量や性能が不足している場合、OSをUSBドライブに移し、そこから起動することで速度が向上する場合があります。

Windowsの不安定さを考えると、バックアップとしてフルコピーを取っておくのも良さそうです。そのため、ハードディスクが故障したり、システムエラーが発生した場合でも、USBデバイスから作業を継続することができます。

では、Windows 10/11をUSBドライブにクローンするには、どうすればよいでしょうか?以下を読み続けてください。

インストールされたWindowsをUSBドライブに移動する方法

これは、WindowsをUSBドライブにクローンする目的によって異なります。

☛ 複数のパソコンでアクセスでき、USB接続の外付けドライブから起動できるポータブルOSを作成したい場合は、Windows 10 EnterpriseとEducationに統合されているWindows To Goという機能があります。

しかし、Windows 10のバージョン2004からWindows To Goは削除されました。機能アップデートをサポートせず、また、多くのOEMがサポートしなくなった特定のタイプのUSBを必要とします。

Windows 10の以前のバージョンを使用する場合は、Windows To Goワークスペースを作成してください。

☛ 単にWindowsをUSBドライブにクローンして、1台のコンピュータで使用したい場合は、専用のディスククローンソフトウェアAOMEI Backupper Professionalを使用することをお勧めします。

このソフトはいくつかの重要な利点があります:

AOMEI Backupper Professionalは強力なディスククローン機能を搭載し、異なるサイズのディスク間でデータ及びOSを移行することができます。例えば、大きなドライブを小さなドライブにクローンしたり、SSDを大きな外付けハードディスクにクローンしたりすることができます。
Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPを搭載するノートパソコンやデスクトップパソコン、USB 1.0/2.0/3.0デバイスをサポートします。また、操作は非常に簡単で、専門知識がなくても操作することができます。
ターゲットディスクが外付けのSSDの場合、「SSD 4Kアライメント」の機能を利用して、読み書きの速度を向上させ、寿命を延長させることができます。
もしOSだけをUSBドライブにクローンしたい場合は、「システムクローン」の機能を利用できます。

AOMEI BackupperでWindows 10をUSBドライブにクローンする方法

もしUSBドライブの容量が十分で、現在のハードディスクにあるデータを全部保存できる場合、ディスククローンを使って、ディスク全体をコピーして、オペレーティングシステムも含まれています。しかし、USBドライブの容量が少ない場合、或いはOSだけをクローンしたい場合、「システムクローン」を利用してください。

ここでは、Windows 10/11のディスクをクローンする方法を説明します。

システムディスクをUSBドライブにクローンする方法:

1. ソフトを起動し、「クローン」タブで「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

2. Windowsがインストールされているソースディスクを選択し、接続されているUSBドライブをターゲットディスクとして選択します。「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

3. 「開始」をクリックし、完了するまで待ちます。

開始

*ここでは、3つの使用可能なオプションがあります:
パーティションを編集:パーティションのサイズを変更することに役立ちます。クリックすると、「パーティションサイズを変更せずにコピー」、「各パーティションに未使用領域を追加」、「パーティションのサイズを手動で変更」という3つのオプションを利用できます。
セクター単位のクローン:ソースディスクと同じバイトが欲しい場合、このオプションにチェックを入れてください。しかし、少なくともソースディスクと同じサイズのディスクを準備しなければなりません。
SSD 4Kアライメント:SSDにクローンする場合、チェックを入れてください。そうすると、クローン後にSSDの性能を向上させます。

パーディションスを編集

USBから起動する方法

WindowsをUSBに移行後、USBをブートドライブとして設定する必要があります。

手順 1. コンピュータの電源を入れ、最初の画面が表示されたら、キーボードでファンクションキー(F2、F3、F5、ESCの任意1つ)を押して、「BIOSセットアップ」に入ります。

手順 2. 「ブート」と「ブート順序」を選択し、USBを優先起動に設定します。

詳細手順:
システムの電源を入れます。最初のロゴが表示されたら、F2、F3、F5、ESCの任意1つキーを押して BIOS環境に入ります。
右矢印キーを押して、「ブート」を選択します。
下向矢印キーを押して「ブート順序」を選択します。
F5またはF6キーを使用して、順序を変更します。
F10キーを押して、「OK」を選択後、Enterキーを押して変更内容を保存してシステムを再起動します。

bios

ヒント:BIOSセットアップを起動する用のファンクションキーはコンピュータによって異なります。通常、ファンクションキーは、コンピュータの起動時に最初の画面の下部に表示されます。または、コンピュータブランドをグーグルで検索します。

まとめ

上記のように、AOMEI Backupper Professionalを使用すると、短時間でWindowsからUSBへのクローンを作成できます。ディスククローンの作成に加えて、このソフトはシステムクローンを作成することもできます。Windows Serverユーザーの場合は、Server版を利用してください。

もしこの記事はお助けになったら、友達にシェアしてくださいね。弊社のメールは「[email protected]」で、何か問題があったら気軽にお聞きください。最後までありがとうございます。