By ゆき / 最後の更新 2020年03月29日

外付けHDDから外付けHDDへのバックアップについて

外付けHDD(外付けハードディスク)とは何でしょうか?


お使いのパソコンには写真や動画などの大切なデータがたくさん保存されているかと思います。一般的にデータはパソコン本体に内蔵されたHDD(Hard Disk Drive、ハードディスクドライブ)に保存されます。


HDDは衝撃や発熱に弱いため、日頃の利用環境や経年変化により故障することがあります。もし、HDDが故障した場合でも、事前にデータを別のメディア(媒体)にバックアップしておけば、より安心してパソコンを使えますよね。


また、パソコン本体内蔵のHDDは空き容量が少ない状態で使い続けると、パソコンの動作が不安定になることがあるため、普段使用しないデータは別のメディアへ移動することをおすすめします。パソコンのデータを別のメディアにバックアップしたいときは、USBケーブルでパソコンに接続するだけで使える外付けHDDが便利ですよ。


- - - ネットの知恵袋から

※ポイント:外付けHDDとはデータを保存するための機器です。パソコンの外に設置し、USBケーブルなどで接続して使用するHDDのことです。

外付けHDD

    ※いつ外付けHDDが必要になる?

  • パソコンに内蔵されているハードディスクの容量が足りなくなったとき、外付けHDDを手軽に接続して、使える容量をすぐに増やすことができます。

  • 内蔵ハードディスク上の大切なデータをちゃんと守るために、外付けHDDにバックアップ、コピーを作成することでデータの消失に備えることができます。

しかし、時にはこの外付けHDDに保存されている重要なデータも保護したいでしょう。こういう場合には、別の外付けHDDにこの外付けHDDのバックアップを取っておく必要があるでしょう。

※ポイント:外付けHDDを別の外付けHDDにバックアップしておくことで不測の事態や災害などから大切なデータを二重に保護することができます。

外付けHDDを別の外付けHDDにバックアップするソフト

Windows7、8、10に標準搭載されているバックアップ機能は、外付けHDDへのバックアップをサポートしますが、外付けHDDから外付けHDDへのバックアップに対応しません。つまり、Windows搭載のバックアップ機能を使用して、システムイメージやファイルのバックアップを外付けHDDに作成できますが、外付けHDDを外付けHDDにバックアップできません。

幸いなことに、ここではAOMEI Backupperという高機能なバックアップソフトがあります。ファイル/システム/パーティション/ディスクのバックアップ&復元、システム/パーティション/ディスクのクローン、ブータブルメディアの作成など、色々な機能を含みますが、外付けHDDを別の外付けHDDにバックアップする場合は、その無料版AOMEI Backupper Standardで十分だと思います。

パソコン初心者でも簡単に使えるAOMEI Backupper Standard

√増分バックアップが実行可能
√イメージの圧縮レベルが指定可能
√バックアップスケジュールが設定可能
√対応OS:Windows10、Windows8.1/8、Windows7、XP、Vista

無料ダウンロード

安全且つ高速

ダウンロード数が2千万回を超えた

【補足】個人PC用のProfessional版またはビジネスPC用のWorkstation版にアップグレードすると、差分バックアップを実行できる(変更されたデータのみをバックアップし、ディスクの空き容量を節約できる)し、ディスクバックアップのイメージファイルを暗号化したり、分割したりすることもできます。さらに、サーバで利用可能なServer版や台数無制限のPC向けTechnician版もあります。もっと見る »

AB standardで外付けHDDを別の外付けHDDにバックアップする

外付けHDDに保存されている写真、動画、音楽、文書などの個人データを別の外付けHDDに丸ごとバックアップしたい場合、AB standardの「ディスクバックアップ」機能を利用して、数回のクリックだけで外付けHDD全体を別の外付けHDDにバックアップしましょう~

ステップ 1. まずは、2台の外付けHDDをパソコンに接続します。そして、AOMEI Backupper standardをダウンロードし、インストールし、開きます。「バックアップ」タブで「ディスクバックアップ」を選択します。

ディスクバックアップ

ステップ 2. 「ディスクを追加」をクリックし、バックアップ元の外付けHDDをソースディスクとして選択します。

ソースディスク選択

ステップ 3. バックアップ先の外付けHDDをターゲットディスクとして選択します。

ターゲットディスク選択

ステップ 4. 「スケジュール」をクリックして、自動バックアップや増分バックアップを設定することができます。

定期的なバックアップ

増分バックアップ

ステップ 5. 「オプション」をクリックして、コメントを入力したり、イメージファイルを暗号化(有償機能)したりすることができます。

暗号化

ステップ 6. 最後は「開始」をクリックして、ほかの実行中のプログラムを中断せずに外付けHDDを別の外付けHDDにバックアップできます。

この記事が役立つ場合は、友達と共有してください。何か質問や提案がある場合は、コメント欄に残してください。または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。