By ゆき / Last Updated November 26, 2019

バックアップしたWindows 7の復元はなぜ必要?

次のような状況では、バックアップしたWindows 7を復元する必要があります。

新しくパソコンを購入してOSを新規インストールしました。最初にWindows7は問題無く起動してサクサク動いて、気持ちよくパソコンを利用していましたが、プログラムのインストールや周辺機器のドライバーのインストールなど、またはシステムのクラッシュや環境設定の間違いなど、自分ではわからない原因不明のトラブルで突然パソコンが不調になってしまいました。



私はWindows 7を実行しているコンピューターを持っています。このPCからシステムイメージを作成しました。再インストールを防ぐために、異なるハードウェアを搭載したPCにそのシステムイメージを復元しようと思いますが、システムの復元を実行するときにエラーメッセージが表示され、コンピューターが起動できなくなりました。このPCで作成したバックアップを別のPCに復元できませんか?

--ユーザーからの質問や悩み

パソコンは問題が起きてあたりまえと考ても良いでしょう。トラブルの予防策として前もってWindows7をバックアップしておくことが必要です。トラブルが起きたときは、作成したバックアップを使ってパソコンを正常な状態に戻すことができます。また、正しく動作するWindows 7をバックアップしたら、OSが壊れたパソコンまたはベアマシンに復元することもできます。Windows 7の復元は以上の問題をすべて解消する可能性があります。

    ポイント:

  • 万が一のトラブルに備えて、パソコンの動作が正常な状態のときに、システムイメージをバックアップしておくことをお勧めします。

  • バックアップしたWindows 7を異なるハードウェアに復元する操作を覚えておくことをお勧めします。

  • システムの復元を行うと、ハードディスク内の情報の整合性が失われ、システムが不安定になったりデータが失われる場合があります。そのため、Windows 7復元を行う前に、重要なデータのバックアップを必ず取ってください。

Windows 7を異なるハードウェアに復元するユーティリティソフト

Windows 7を復元するために、まずはWindows 7のオペレーティングシステム(OS)をバックアップする必要があります。Windows 7の「バックアップと復元」機能を利用してシステムのバックアップを作成することができます。

☞システムイメージの作成について、詳しい情報を知りたい方は、「Windows 7でシステムイメージを作成し完全バックアップを取る方法」という記事を参考にしてください。

Windows 7に内蔵されている「システムの復元」を使用してパソコンを以前の状態に戻すことができますが、このPCでバックアップしたWindows 7を別のPCや異なるハードウェアを搭載したPCに復元し、移行することができません。

❤補足:ここでは、Windows イメージを展開する際のヒントについて説明します。別のコンピュータに Windows イメージを移行する場合は、そのコンピュータが移行元のコンピュータと同じハードウェア構成である場合でも、sysprep /generalize コマンドを実行する必要があります。つまり、イメージングやハード ディスクの複製など、Windows イメージを新しいコンピュータに移行するいずれの方法を使用した場合でも、sysprep /generalize コマンドを実行して準備を行う必要があります。sysprep /generalize を実行せずに、別のコンピュータに Windows イメージを移行またはコピーすることはサポートされていません。

こんな複雑なコマンドラインを実行して、バックアップしたWindows 7を別のコンピューターに復元するのはかなり面倒くさいと思います。それに、sysprepが利用できない場合もあります。Windows 7を復元する代替方法がありますか?

ここでは、強力なバックアップと復元ソフトウェア - AOMEI Backupper Standardを強くお勧めします。

    AB Standardの特徴:

  • Windows10、Windows8.1/8、Windows7、XP、Vistaに対応します。

  • 別のコンピューターや異なるハードウェアまでの復元をサポートします。

  • 数回のクリックだけで、システムバックアップやシステム復元を簡単かつ迅速に完了できます。

  • 完全無料ですし、初めての方にも分かりやすいシンプルな画面に従って、簡単な操作をするだけです。

  • インストールパッケージのサイズが小さく、アドウェアやバンドルソフトなしに安心してダウンロードできます。

最新版に生涯無料でアップグレードできる

次は、このフリーソフトを無料でダウンロードして、Windows 7を復元する具体的な手順を見てみましょう。

AB StandardでWindows 7バックアップを別のPCに復元する方法

●まず、AOMEI Backupper Standardの「システムバックアップ」を使って、Windows 7のシステムイメージを外付けHDDやUSBメモリ、または共有フォルダ/NASなどに作成してください。
●復元を実行するコンピューターは正常に起動しない場合、AOMEI Backupper Standardによって作成されたブータブルメディアを利用することができます。

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardをインストールして起動します。「復元」をクリックします。※このソフトウェアはイメージファイルを自動検出できるので、「タスクを選択」を直接クリックできます。或いは、「イメージファイルを選択」をクリックして、イメージファイルを手動で見つけて指定できます。

システム復元

ステップ 2. 復元するシステムイメージを選択して「次へ」をクリックします。

はいクリック

ステップ 3. 復元する項目を選択した後、「システムを他の場所に復元」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

システムを他の場所に復元

ステップ 4. 復元先を選択して「次へ」をクリックします。

復元先

ステップ 5. 操作概要を確認して、問題なければ「開始」をクリックします。

開始

    NOTE:

  • 復元先のハードウェアが元のコンピューターとは異なる場合、「ユニバーサル復元」がオンになっていることを確認してください。※しかし、この機能は有料版だけで使用可能なので、Standard版をアップグレードしてください。

  • ターゲットディスクまたはターゲットパーティションは上書きされるため、重要なデータがあれば、事前にディスク/パーティションをバックアップしておいてください。

  • ビデオカード、サウンドカード、NIC、ディスプレイなどのドライバーはAOMEIのユニバーサル復元によってインストールされません。復元が正常に完了したあと、手動でそれらをターゲットPCにインストールしてください。

あとがき

AOMEI Backupperを使用して、Windows 7をバックアップしたり、異なるハードウェアに復元したりすることができます。システムバックアップとユニバーサル復元のほかに、AOMEI Backupperはパーティションバックアップ、ディスクバックアップ、ファイルバックアップ、システムクローン、ディスククローンなど、もっと多くの機能を備えます。また、サーバで利用可能なServer版、台数無制限のPC向けTechnician版もあります。もっと見る »

この記事が役立つ場合は、友達と共有してください。何か質問や提案がある場合は、コメント欄に残してください。または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。