By ゆき / 最後の更新 2020年03月19日

優れたクローン専用ソフトAOMEI Backupperを使うと、データを失うことなく、Windows 7システムまたはWindows 7を搭載したディスク(HDD)を新しいHDDにクローン、コピーすることで起動ディスク(ブータブルディスク)を簡単かつ迅速に作成できます。

遭遇した問題

  • 私は、Windows 7システムのクローン作成ができる頼もしいソフトを探します。このクローン専用ツールで現在お使いのシステムを別のHDDにコピーしたいです。万が一Windows(OS)が正常に起動しない場合、Windows7が入ったHDDを取り出して、作成しておいた起動ディスクと交換することができます。

    こうすると、WinPEブータブルディスクやWindows用のインストールメディアなどは必要なく、ただコピーしたブータブルディスクをパソコンに取り付けることでシステムを正常に起動して、いつも通り使用することができるようになりそうです。

    インターネット検索で起動ディスクのコピー/クローン作成に使用可能なバックアップソフトをいくつか見つけましたが、多くの欠点(問題)があります。何かおすすめのシステム・ディスククローンソフトはありますか?

Windows 7向けのディスククローンソフト

♪おすすめ~ここでは、パソコン初心者にとっても使いやすいクローン専用ツール - AOMEI Backupper Professionalを強く推奨します。このシステム・HDDクローンソフトはWindows XP、Vista、7、8/8.1、10など、ほとんどのWindowsのバージョンに対応し、システム、ハードディスクおよびパーティションを別のコンピューターまたは新しいHDDにクローンできます。それに、AOMEI Backupper Proによって作成されたブータブルディスクが起動できることは保証されます。他のブータブルメディア(USBまたはCD/DVD)を必要とせず、クローンした起動ディスクからシステムが直接起動できます。

こちらからAOMEI Backupper有料版の体験版無料でダウンロードして30日間試すことができます。無料体験
注:しかし、残念ながらクローン機能のみは30日間無料体験版で利用不可です。※大きな割引でAOMEI Backupper Proの30日間体験版を完全版にアップグレードしたいなら、こちらへ!!

【補足】Windows Serverを使用する場合、AOMEI Backupper Server版を選んでください。技術者である場合、Technician Plus版を選んで、クライアントに有償技術サービスを提供することにより、利益を上げることができます。

Windows 7で起動ディスクを作成する方法

✍いくつかのアドバイス~ ●もし、コピー・クローン後に元のHDDにインストールしていたアプリケーションやプログラム、以前に行っていた設定をすべてそのまま使用したいなら、AOMEI Backupper Professionalの「ディスククローン」機能を使用してCドライブ上のシステムファイルだけでなくHDD上のデータ全体を丸ごとコピーしましょう。ディスククローンの方法
●もし、コピー・クローン後にPCのリフレッシュを実行したいなら、AOMEI Backupper Professionalの「システムクローン」機能を使用してWindows 7のシステムのみを新しいHDDにクローンしたほうがいいと思います。

次はシステムクローンを例として、Windows 7でHDDをOSごとコピーして、起動ディスクを作成する方法をご紹介します。4つのステップだけが必要です。超簡単!~

起動ディスクのコピーを作成する前の準備:

●Windows 7を搭載したパソコン

●新しいHDD

●AOMEI Backupper Professionalというクローンツールのダウンロード&インストール

  • 1. AOMEI Backupper Proを起動し、メイン画面の右上隅にある最新の情報に更新アイコンをクリックして、Windows 7でのHDDの最新情報が検出される(読み込まれる)ことを確認します。最新の情報に更新

  • 2. 「クローン」タブ⇒「システムクローン」をクリックします。システムクローン

  • 3. 前もって用意した新しいHDDをクローン先として選択して「次へ」をクリックします。クローン先

  • 【ヒント】:選択したHDDが完全に消去されたり、その上のデータがすべて削除され、消えるため、まずは重要なデータをバックアップしておいてください。すでにバックアップが済んでいる場合、「はい」をクリックします。注意

  • 4. クローンした起動ディスクの情報を確認し、問題なければ「開始」をクリックしてすべての操作を実行します。開始

  • 【ヒント】

    セクター単位のクローン:このオプションにチェックを入れる場合、新しいHDDの総容量はシステムにかかわるパーティションのサイズと同じか、またはそれよりも大きい必要があります。

    SSDを最適化するにはパーティションを合わせる:新しいディスクはSSDである場合、SSDの性能(読み書き速度)を向上させるために、このオプションにチェックを入れてください。

    ●上述のすべての手順はWindows 10のブータブルディスクのコピー作成にも適用されます。

これで、Windows 7 OSはデータを失うことなく新しいHDDへ移行されました。クローンした新しいHDDは起動可能なブータブルディスクになります。起動しないHDDを取り外して新しいHDDと交換した後、Windows 7がいつも通り起動して使用することができます。

まとめ

もちろん、予期せぬエラーが発生したことに備えて、AOMEI Backupperでブータブルメディアを作成することもできます。

そのほか、AOMEI Backupper Professionalはリアルタイムファイル同期、異なるハードウェアまでの復元、小容量SSDへのOS移行、差分や増分バックアップ、スケジュールバックアップなどもできます。強力な機能をたくさん提供します。きっと気に入った機能を見つけますよ。