By Comnena / 最後の更新 2022年03月28日

ネットワークストレージ技術

今日、技術の発展に伴い、データの安全性が注目されています。一部の人は、デバイスへのデータバックアップに注意を払っていますが、外付けハードディスク(HDD)が紛失したり破損したりすると、データも見つからないことがあります。したがって、バックアップするための良い方法は非常に重要です。この状況では、ネットワークストレージ技術が出ました。

利点

この技術は、ネットワークの標準プロトコルに基づいており、データ伝送を容易に実現することができます。そして、異なるオペレーティングシステムのコンピュータがファイル共有とデータバックアップを提供するのに役立ちます。

種類

ストレージの接続形態にはDAS、NAS、SANの大きく3種類があります:     

ダイレクトアタッチトストレージ(Direct-attached storage、DAS)とは、ストレージネットワークを挟まずにサーバやワークステーションに直接接続されるデジタルストレージシステムです。
ネットワークアタッチトストレージ(Network Attached Storage、NAS)とは、コンピュータネットワークに直接接続して使用するファイルサーバです。
ストレージエリアネットワーク(Storage Area Network、SAN、「サン」と発音)は、ハードディスク装置や磁気テープ装置などのストレージと、サーバなどのコンピュータを、ファイバチャネルなどのシリアルSCSIプロトコルを用いてネットワーク化したシステムです。

ここでは、NASバックアップを紹介します。

NASとは何ですか?

NAS

NAS/ネットワークアタッチトストレージ (Network Attached Storage)とは、コンピュータネットワークに直接接続して使用するファイルサーバです。TCP/IPネットワークに直接接続して使用する補助記憶装置であり、その実体はコントローラとハードディスクから成るファイルサービス専用コンピュータです。OSもファイルサービス用にチューニングまたは独自開発されています。

NASデバイスを使ったら、様々な接続されたクライアント間でファイルを共有するのは簡単なことになります。また、ファイルサーバーと比べてそのデータアクセスはより高速です。更には、NASデバイスはファイルサーバーよりもっと簡単な管理および基本的かつ分かりやすい構成を提供します。必要ならば、それも外付けバックアップデバイスとして稼働できます。

NASからNASへのバックアップが必要ですか?

あなたはどこにいても、NASはネットワークに接続できますから、非常に便利です。通常、NASは複数のディスクを使用して、ファイルを保存する、またはデータへアクセスすることができます。さらに、NASはデータセキュリティの維持に多くのメリットを持っています。NASは、データを保存する際に、TCP/IPに基づいたネットワークにアクセスするCIFSおよびNFSプロトコルをサポートするし、複数のユーザーに使用されることもサポートします。

NASシステムは非常に安価で、1 TBまたは2 TBという容量のディスクを二つ購入するだけで、一部の中小企業に適用されることができます。NASデバイスは、データセキュリティを確保するためにいくつかのRAIDもサポートしています。さらに、あなたは何台のコンピュータを所有していても、どこにいても、ネットワークに接続するだけで、ファイルを管理してデータを保護することができます。NASからNASへデータをバックアップするのは賢明な選択です。

あなたはウイルス、物理的な損傷などの災害を心配する必要がありません。NASからNASへのバックアップは非常に必要ですが、どのように実行するのですか?ここでは心配しないでください!サードパーティ製のバックアップフリーソフト――AOMEI Backupper Standardを使用すると、作業が簡単になり、利便性が向上します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

NASからNASへのバックアップ方法

AOMEI Backupper Standardはファイル、フォルダ、システム、パーティションやディスクのバックアップをサポートするプロなバックアップソフトウェアです。データ保護のために、このソフトウェアを使用して、NASからNASへファイルやフォルダをバックアップすることができます。システムバックアップまたはディスク、パーティションのバックアップが必要な場合は、NASを除外して他の場所にバックアップできます。

では、NASからNASへバックアップする方法は何ですか?ここではその手順を説明します:

ステップ 1. 「バックアップ」タブで、「ファイルバックアップ」を選択して、ファイルまたはフォルダのバックアップを今から開始します。

ファイルバックアップ

ステップ 2. ネットワークからバックアップする必要があるファイルまたはフォルダを追加します。次に、ポップアップウィンドウで「Share/ NASデバイス」を選択します。

Share/ NASデバイス

Share/ NASデバイス

ステップ 3. 必要なNASデバイスを追加します。

NASデバイスを追加

ステップ 4. NASのIPアドレス、ユーザー名およびパスワードを入力する必要があります。

NASのIPアドレス

ステップ 5. バックアップするファイルを選択します。NASからNASへバックアップする必要がある場合は、別のNASデバイスを保存先として追加することもできます。これを完了すると、ファイルやフォルダのバックアップを開始できます。

NASからNASへバックアップする

まとめ

要するに、AOMEI Backupperを使用してNASからNASへデータをバックアップするのは簡単です。そしてデータ保護にはより安全です。データが失われた場合は、NASから簡単に復元することができます。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019/2022(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Backupper Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。

この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。