By Machi / 最後の更新 2022年04月26日

なぜNASを外付けHDDにバックアップするのか?

ネットワーク・アタッチド・ストレージNAS)は、コンピュータネットワーク(LAN)に接続できるハードディスクで、集中管理の場所から認証ネットワークユーザと異機種クライアント向けのデータの保存や取得を可能にします。企業や家庭で広く使用されています。

NAS

しかし、他のハードウェアと同様に、NASまたはそのハードディスクは、電源障害、ハードウェア障害または物理的な損傷などの問題の影響を受ける可能性があります。そのため、NASをほかのストレージデバイスにバックアップすることは非常に重要です。ここでは、外付けHDDへのバックアップをお勧めします。

なぜなら、外付けHDDは、比較的安価に購入でき、維持費もかかりません。使用したい場合、直接パソコンに接続すればよいです。それに、データ転送速度も早いので、バックアップにかかる時間がより短いです。一部のユーザーは、NASにあるデータを別のNASにバックアップしますが、ハードウェアの故障などの問題が発生すれば、どのNASにもアクセスできない可能性があります。

したがって、NASのデータを守るために、NASを外付けドライブにバックアップするのがよい選択です。

事前準備:ネットワークドライブを割り当てる方法

一般的に、NASから外付けHDDにバックアップする前に、まずネットワークドライブを割り当てる必要があります。詳細については、読み続けてください。

手順 1. Windows XPの場合:「スタート」→「マイ コンピュータ」→「ツール」→「ネットワーク ドライブの割り当て」をクリックします。

windows xp

Windows 7/8の場合、「スタート」→「コンピューター」→「ネットワーク ドライブの割り当て」をクリックします。

windows7.8

Windows 10の場合、「Win」+「E」キーを押し、「ファイルエクスプローラ」を開きます。「PC」→「ネットワーク ドライブの割り当て」をクリックします。

windows 10

Windows 11の場合、「Win」+「E」キーを押し、「ファイルエクスプローラ」を開きます。「PC」→「その他」アイコン→「ネットワーク ドライブの割り当て」をクリックします。

手順 2. 次に、NASにドライブ文字を指定し、「ログオン時に再接続する」にチェックを入れ、「完了」をクリックし、設定を保存します。

完了

これで、バックアップツールでNASをバックアップできるようになります。

NASを外付けHDDにバックアップするための最高のフリーソフト

以上の操作が面倒だと思って、より簡単な方法を探している方は、サードパーティー製のバックアップフリーソフト-AOMEI Backupper Standardの使用をお勧めします。このソフトを使うと、ネットワークドライブを割り当てなくても、NASを外付けHDDにバックアップすることができます。また、このソフトは次のようなメリットがあります:

自動バックアップNASから外付けHDDへの自動バックアップを設定できます。毎日/毎週/毎月の3つの自動バックアップモードに対応しています。
省容量機能バックアップファイルの圧縮、使用されているセクターのみバックアップする「インテリジェントセクターバックアップ」、変更された部分のみバックアップする増分バックアップなどの省容量機能を備えています。
全Windows PCに対応Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPに対応しています。
全メーカー製のNAS/外付けHDDに対応Synology/QNAPなどほとんどのブランドのNAS、東芝/SEAGATE/WESTERN DIGITALなどメーカー製の外付けHDDに対応しています。
様々なストレージデバイスに対応:NASを外付けHDDにバックアップできるだけでなく、NASをNAS/クラウドストレージ/内蔵ハードディスクなどストレージデバイスへのバックアップもサポートしています。

今すぐダウンロードし、インストールしましょう:

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

割り当てせずにNASを外付けHDDにバックアップする方法

次に、AOMEI Backupper Standardを使用してNASを外付けHDDにバックアップする方法をご紹介します。開始する前に、まず外付けHDDをパソコンに接続し、検出できることを確認します。

手順 1. AOMEI Backupper Standardを開きます。「バックアップ」→「ファイルバックアップ」を選択します。

ファイルバックアップ

手順 2. 必要に応じて、「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックします。

ファイル追加

手順 3. ポップアップウィンドウで「Share/NAS」→「ネットワーク場所を追加」をクリックします。そして、IPアドレスを入力し、「OK」をクリックし、バックアップしたいフォルダ/ファイルを選択します。

share.nas

ネットワーク場所をつ

手順 4. 外付けHDDを保存先として選択します。

下にある3つのオプションをクリックして、このバックアップタスクを設定することができます:
オプションバックアップイメージファイルの分割/暗号化/圧縮レベル、バックアップ完了後のメール通知を設定することができます(分割と暗号化はAOMEI Backupper Professionalで利用可能)。
スケジュール毎日/毎週/毎月の頻度で自動バックアップの実行を設定できます。USB挿入/イベントトリガー(システム起動/シャットダウン、サインイン/サインアウト)の2つのより柔軟的なバックアップモードを利用したい方は、AB Proなどの上位版へのアップグレードをご検討ください。
スキームフル/増分/差分バックアップ、古いバージョンのバックアップの自動削除を設定することができます。外付けHDDの容量を節約したい方は、このオプションの設定がおすすめです(差分バックアップとバックアップの自動削除はAB Proで利用可能)。

手順 5. 設定を確認し、問題がなければ、「開始」をクリックします。

作成したバックアップを復元したい場合、「復元」機能をご利用ください。

まとめ

AOMEI Backupperは、豊富な機能を備えるソフトウェアです。バックアップに加えて、クローン、復元、同期、ディスク削除など様々な機能に対応しています。ユーザーの異なるニーズを満たすことができます。HDDをSSDに換装したい場合、「ディスククローン」機能を使用すれば、データの移行を便利にすることができます。

Windows Serverのユーザーであれば、AOMEI Backupper Serverをご利用ください。AOMEI Backupper Serverは「PXEブートツール」という機能が搭載されています。不具合やトラブルが発生してパソコンが起動できなくなる時に、この機能を使用すると、ネットワーク経由でパソコンを起動させて、復元や修復を行うことができます。パソコンの修復にかかる時間を節約できます。今すぐダウンロードし、使ってみましょう!

Serverの無料体験版 ServerとWindows PCの全バージョン
安全かつ高速