By Comnena / 最後の更新 2021年02月01日

リアルタイムバックアップとは何ですか?

リアルタイムバックアップは、継続的データ保護(CDP)とも呼ばれ、ハードディスクなどのストレージ(外部記憶装置)のデータ保護方式の一つで、媒体へのデータの書き込み操作を常に監視・記録し、障害発生時に任意の時点の状態を復旧させることができます。

継続的データ保護

従来の方法では、データはバックアップが実行された時点までしか復元できません。リアルタイムバックアップでは、データがディスクに書き込まれると、ターゲットディレクトリにも書き込まれます。これは、変更のたびに手動でバックアップを実行するよりも明らかに便利で正確です。

重要なデータを別の場所に自動バックアップしてソースと同期させたい場合、または別のデバイスからファイルを編集したい場合は、リアルタイムバックアップが適しています。

最高のリアルタイムバックアップソフトウェア

Windows用のリアルタイムバックアップソフトウェアが市場に沢山あります。ただし、ほとんどのリアルタイムバックアップソフトウェアには制限があります。最も人気のあるものークラウドバックアップは非常に限られたストレージを持っていますが、年間プレミアムプランの予算は絶対に安くはありません。

この場合、リアルタイムバックアップを含む完全なモードとオプションを備えたリアルタイム同期ソフトウェアを強くお勧めします。最高のリアルタイム同期ソフトウェア-AOMEI Backupper Professionalは、Windows 10、8/8.1、7、XP、Vistaをサポートし、ローカルディスク、外付けドライブ、クラウドドライブ、NASなどにデータをバックアップできます。

変更されたファイルを検出し、最初の完全同期以降、ソースからターゲットパスにリアルタイムで同期する「リアルタイム同期」機能を提供します。今すぐダウンロードしてお試しください。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
AOMEI Backupper Pro体験版

リアルタイムバックアップを実行する方法

リアルタイムバックアップソフトウェアでリアルタイム同期を実行する方法は次のとおりです。

手順 1. リアルタイムバックアップソフトウェアを起動します。「同期」タブで「リアルタイム同期」を選択します。

リアルタイム同期

手順 2. 「フォルダを追加」をクリックして、同期する1つまたは複数のフォルダを選択します。

フォルダを追加

✎ノート:
✦ タスク名を編集して、区別しやすくすることができます。
✦ じょうごアイコンをクリックして、同期プロセスで除外またはファイル形式に関する特定の設定を調整できます。

手順 3. そしてターゲットフォルダ(同期先)を選択します。

手順 4. 「開始」をクリックしてリアルタイム同期を実行し、完了したら「完了」をクリックします。

開始

▶ヒント:オプションを使用すると、バックアップにコメントを残したり、ターゲットディレクトリ内のファイルの整合性を確認したり、ターゲットの場所にタスクと同じ名前のフォルダを自動的に作成したりできます。

他の同期機能:
✶ ミラー同期:これは、AOMEI Backupper Professionalが提供する別の同期モードであり、ターゲットディレクトリ内のファイルをソースディレクトリとまったく同じに保つことができます。
✶ 自動同期:ベーシック同期またはミラー同期を使用し、「スケジュール」ボタンをクリックして、デイリー、ウィークリー、マンスリー、イベントトリガー、USB挿入から選択できます。
✶ 双方向同期:双方向で同期され、ソースまたはターゲットディレクトリの変更はすべて反対側に同期されます。

まとめ

最高のリアルタイムバックアップソフトウェア-AOMEI Backupper Professionalを使用すると、変更されたファイルをソースディレクトリからターゲットディレクトリにリアルタイムで同期できます。リアルタイムバックアップに加えて、増分または差分バックアップ、システムバックアップ、システムクローンなどを実行する機能もあります。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Backupper Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。