By Comnena / 最後の更新 2021年04月06日

Kingston(キングストン)のSSDについて

Kingston(キングストン)は世界をリードするのSSDメーカーです。業界30年以上経験や技術を持つ、最もきめ細かく厳格な100%動作検証、優れた無料サポートセンター、革新的な技術の継続開発など、Kingstonは創立以来、品質と信頼性で常に業界標準を更新してきました。

KingstonのSSD(ソリッドステートドライブ)は、顧客や組織のためにパソコンの性能を向上させる理想的な方法の一つです。幅広いモデルや容量が用意されたKingston SSDは、従来のHDD(ハードディスクドライブ)と比べて速度、性能および信頼性を向上させ、パソコンの寿命を延ばします。2 年、3 年、または5年保証と、無料サポート、およびキングストンの信頼性を備えたKingston SSDは、将来を見据えた安心の性能と、データの安全性を実現します。

Kingston SSD

最近ではKingston SSDを使う人がますます増えています。

なぜ、Kingston SSDにHDDをクローン?

ご存知のように、SSD(ソリッドステートドライブの略)は半導体メモリを使用するので、従来のHDD(ハードディスクドライブの略)よりも速いし、静かだし、省電力、省スペースです。HDDが搭載されたパソコンのパフォーマンスに不満があった場合は、古いHDDから速いSSDへ換装(交換)することができます。HDDをSSDに置き換えたら、パソコンの処理速度や読み書き速度はものすごく早くなりますよね。

しかし、世界中で有名なSSDメーカーはたくさんあります。例えば、Samsung、SanDisk、Intel、Kingstonなどです。どのブランドのSSDを選んだほうがいいでしょうか?デスクトップパソコンであろうと、ノートパソコンであろうと、Kingston(キングストン)製のSSDは悪くない選択だと思います。上述のように、Kingston SSDを使用したら、パソコンの性能を大幅に向上させたり、データをより安全に保護したり、パソコンを新品のようにしたりする(つまり、パソコンの寿命を延ばすか、PCのアップグレード/更新を遅延する)ことができます。

※補足:Kingston SSD商品はたくさんあります。必要に応じて、適切なモデルを選んでください。例えば、企業の場合、V300、KC380、KC400、E100やE50を選択できます。システム構築の場合、mS200、M.2 SATA、s200やPredatorを選択できます。また、V310、FURY、Savageもあります。

HDDからKingston SSDへの交換/換装/アップグレードは、主に 「Windows7/8/10をクリーンインストールする方法」と「クローン作成して交換する方法」2つの方法があります。クリーンインストールは、システムやアプリを再インストールする必要があります。あまりお勧めしません。HDD全体をKingston SSDにクローンする方法は、シンプルで簡単です。時間と手間を節約したり、使い慣れた環境を維持することができます。しかも、この方法ならHDDをそっくりそのままSSDにコピーするので、交換後すぐに使えるというのもポイントです。Windowsのライセンス認証で苦戦する心配もありません。強くお勧めします。

Kingston SSDにHDDをクローンする方法

強力なKingston SSDクローンフリーソフト「AOMEI Backupper Standard」(無料)は、「ディスククローン」機能を備えます。数回のクリックだけでHDDからSSDへ中身を丸まんま移行することができます。HDDのOSやブート周りは勿論、HDDに入っているデータも全てクローンすることができます。クローン作成中にKingston SSDを最適化することもできます。

クローンを作成する前の準備:

そして、AOMEI Backupperを使ってHDDをKingston SSDにクローンする方法を分かりやすく解説していきます。ヾ(*´∀`*)ノ

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardを起動します。左側の「クローン」タブをクリックしてから「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ステップ 2. 古いHDDをソースドライブ(クローン元)として選択します。

クローン元

ステップ 3. Kingston SSDをターゲットドライブ(クローン先)として選択します。

クローン先

ステップ 4. 操作概要を確認し、問題がないなら「開始」をクリックしてKingston SSDへのクローン作成を行います。

開始

「パーティションを編集」でクローン先のKingston SSD上のパーティションをリサイズできます。
クローンしたKingston SSDの性能を向上させるために、「SSD 4Kアライメント」のチェックボックスにチェックを入れてください。
「セクター単位のクローン」は、使用、未使用に関わらず全てのセクターをクローンします。より多くの時間がかかります。Kingston SSDのサイズはHDD以上でなければなりません。

※上記の一部の機能は無料版で使用不可なので、有料版にアップグレードしてください。また、データディスククローン(またはMBR間の起動ディスククローン)、パーティションクローンは無料で実行ですますが、起動ディスクをMBRからGPTへ、GPTからMBRへ、GPTからGPTへクローンするか、システムだけをクローンする場合は、アドバンスト版を使う必要があります。

結語

パソコン初心者でも、AOMEI Backupperの「ディスククローン」機能を利用して、HDDからKingston SSDへクローンを簡単かつ迅速に作成することができます。クローンが完了した後、古いHDDをパソコンから取り外してから、新しいSSDをパソコンに取り付けます。Windowsが無事起動するか確認してください。問題なければ、HDDからKingston SSDへの交換が完成します。

★また、取り外した後のHDDをUSB外付けケースに入れて大容量外付けドライブとして使うこともできます。

1台のServer向けのServer版、台数無制限のPC向けのTechnician版、台数無制限のServer向けのTechnician Plus版もあります。Technician(Plus)版を利用して、クライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~

▶AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較