By AOMEI / 最後の更新 2019年10月24日

外付けHDD同士のクローンを作成する理由

HDDのクローンを作成することが、情報化時代に生きてる人々にとっては大きな助けになります。一方では、HDDのクローンを作成すると、インストールされたプログラムや個人ファイルなどのコンテンツの損失を防ぐことができます。これはバックアップと同じ効果があり、復元手順の手間も避けられます。一方、データの移行を実現するのに役立ちます。

Windowsで内蔵HDDを外付けHDDにクローンすることについての方法を学んだかもしれません。外付けHDD同士のクローンを作成するためのソリューションを知っていますか?

外付けHDD同士のクローンを作成するやり方

現在、Windowsにはすべてのバージョンのこのクローン機能がありません。一般的に、クローン関連の操作を実行するには、AOMEI Backupper Standardなどの強力で無料のサードパーティ製のクローンソフトウェアを使用する必要があります。

このクローン作成ソフトウェアは、Windows 10、8、7、XP、およびWindows Vistaで「ディスククローン」と呼ばれる機能を提供します。では早速、無料でダウンロードして試してみましょう!

詳細なクローンするステップ

これら2つの外付けHDDをPCにインストールし、Windowsが検出できることを確認してください。このプロセス中にターゲットドライブ上のすべてのデータが上書きされるため、是非注意してください。

1. AOMEI Backupper Standardをインストールして起動してください。「クローン」、「ディスククローン」に移動してください。

ディスククローン

2. ソースドライブとしての外付けHDDを選択してください。

ソースディスク

3. ターゲットドライブとしての外付けHDDを選択してください。

ターゲットディスク

4. ターゲットとしての外付けHDDがSSDの場合、パフォーマンスを向上させるために「SSD 4Kアライメント」をオンにしてください。次に「開始」をクリックしてください。

アライメント

開始

ヒント:

外付けHDDをより小さい外付けHDDにクローンする場合、そのHDDはソースドライブの使用済み部分より小さくならないようにする必要があります。

AOMEI Backupper Professionalにアップグレードしてロックを解除したら、もっと強い機能を利用することができます。

まとめ

無料のAOMEI Backupperを使用すると、わずか4つのステップで一つの外付けHDDを別の外付けHDDにクローンできます。 AOMEI Backupperはプロのクローン作成ソフトであるだけでなく、信頼できるバックアップソリューションでもあります。システムバックアップ、ディスクバックアップなども簡単に操作して完成できます。 Windows Serverユーザーの場合、AOMEI Backupper Server以上で行う必要があります。

AOMEI Backupperは、いつも世界中のデータを守っています。