By Akira / 最後の更新 2022年04月06日

バックアップとクローンについて

データの増加に伴い、バックアップやクローンでデータを保護しようとするかもしれない、ではどうやってこの仕事を完成させますか。

バックアップについて

PCのハードウェアかストレージドライブが一旦故障したら、データを失う可能性が高いです。バックアップツールはこういうデータの偶発的な損失に備えて最善な事前計画と言われます。時々に重要なデータを他の保存先にコピーしておいたら、例えHDDが故障したり、データを誤削除したりしてもそのコピーから簡単にデータを復元できます。

パソコンのバックアップとは、主にシステムバックアップデータバックアップに分けられている。ディスクが壊れ、ウイルスに感染し、システムファイルの紛失などによるパソコンが起動できないません。システムバックアップでシステムのイメージを作成して、万一の場合は直接に復元して問題を解決します。データバックアップは個人のデータ(ファイル、データベース、アプリケーション設定情報など)を復元するためにバックアップします。

クローンについて

クローンはディスククローンとパーティションまたはボリュームクローンを含めています。ディスククローンはディスクコピーとも呼ばれています。次回の復元のため、ソフトウェアまたはハードウェアでディスクを完全にコピーしてもう一つのディスクに格納します。パーティションクローンはディスク上の幾つかのパーティションをクローンすることです。

HDDクローンでHDDのイメージを作成して、このイメージでHDDをいつでも中身を整理して元の状態に復元できます。

AOMEI Backupperでバックアップとクローン

クローンと比べて、バックアップはディスク上の特定なファイルを選択するが、クローンはHDD全体をコピーします。バックアップしたファイルを復元する時、復元したいファイルを個別的に選択できます。バックアップする時はバックアップしたいファイル、フォルダ、アプリケーションだけをイメージファイルにコピーします。クローンの場合は、全HDDをコピーして、もう一つの空いたHDDに復元するので、目標ディスクでデータが全部消えます。

多くの違いがあるけど、バックアップとクローンは両方とも力になれます。データをバックアップしたり、ディスクかパーティションをクローンしたりしてはよくあることです。従っていいバックアップソフトウェアを選んでデータを保護するのは大事なことです。

AOMEI Backupper Standardはバックアップとクローンともサポートしています。ファイル、フォルダ、システム、パーティションとディスクをバックアップできるし、ディスクとパーティションもクローンできます。フルバックアップ、増分バックアップ、差分バックアップ(差分バックアップを利用したい場合は、Professional版にアップグレードしてください)などの方法を対応できます。ところで、バックアップにコメントを追加して、バックアップを分割、圧縮や暗号化をもサポートします。新しいHDDを買う時に直接に古いHDDからデータをコピーして、再インストールせずにHDDを切り替えます。また、パーティション上に重要なファイルやフォルダがある場合は、パーティションをクローンして簡単に保護します。

では、AOMEI Backupper Standardをダウンロードして、以下の手順に従って、バックアップとクローンを実行しましょう~

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

バックアップを実行

ここでは、ディスクバックアップの例を示します。

ステップ 1. AOMEI Backupperをダウンロードして、起動します。「バックアップ」タブで「ディスクバックアップ」をクリックします。

ディスクバックアップ

ステップ 2. 「ディスクバックアップ」ウィンドウで、「ディスクを追加」をクリックすると、使用可能なすべてのディスクが表示されます。バックアップするブートディスクを選択して、「追加」をクリックします。

ソースディスクを選択

ステップ 3. ブートディスクを選択すると、「ディスクバックアップ」ウィンドウに戻ります。他のディスクをバックアップする場合は、「+」をクリックして追加できます。次に、2番目のボックスをクリックして、事前にコンピューターに接続する外付けHDDを選択します。

外付けHDDを選択

これでほぼ完了です。いくつかのバックアップ設定を設定してから、「開始」をクリックするだけです。

バックアップオプション:このオプションをクリックして、このタスクへのコメント、電子メール通知の有効化、VSSテクノロジーの使用などのカスタマイズされた構成を設定できます。

バックアップオプション

スケジュール:ここでバックアップモード(日次、週次、月次)のバックアップスタイル(完全バックアップ、増分バックアップ、差分バックアップ)を設定できます。差分バックアップは、少なくともProfessional版で利用できることに注意してください。

スケジュール

バックアップイメージが正常に作成された後、コンピューターがクラッシュしたり、ハードディスクが損傷したりしたときに、システムイメージを復元するために使用できます。それでも別のコンピューター用に作成されたシステムイメージである可能性があります。つまり、このソフトウェアを使用してコンピューター上にシステムイメージを作成すると、ユニバーサル復元(Professional版でサポート)機能を使用して、他のコンピューターを復元するために使用できます。

クローンを実行

ここでは、ディスククローンの例を示します。

ステップ 1. AOMEI Backupperをダウンロードして、起動します。ホーム画面で「クローン」タブ→「ディスククローン」をクリックします。

ディスククローン

ステップ 2. コピーしたいディスクをソースディスク(クローン元)として選択して、「次へ」をクリックします。

ソースディスクを選択

ステップ 3. 次の画面でターゲットディスク(クローン先)を選択して、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスクを選択

注意:もし、ターゲットディスクにパーティションがあるなら、以下のような画面が表示されます。その上のデータを全て削除、上書きしても構わない場合、「はい」を直接クリックしてください。もし、重要なデータがあれば、「キャンセル」をクリックして、まずはAB Standardでバックアップを取っておいてください。

確認

ステップ 4. 操作概要を確認し、問題なければ「開始」をクリックして、HDDクローンを実行します。

開始

まとめ

AOMEI Backupper Standardを利用して、バックアップとクローンを簡単に実行できます。また、このソフトを利用して、ファイル同期まどもサポートします。ご興味があれば、ぜひダウンロードしてお試してみましょう~

さらに、Windows Serverユーザーの場合は、AOMEI Backupper Serverを利用してください。