By AOMEI / 最後の更新 2019年10月24日

大きなディスクを小さなディスクにクローンする問題

クローンする場合、ユーザーは以下の問題に注意を払わなければならないことがあります。

● ディスク容量。主な問題は、ソースディスク上のパーティションがターゲットディスクに完全に適しているかどうかです。

● 安全なブート。ドライブのクローンを作成した後、ブートの問題も重要です。一部のクローンツールでは、すべてのパーティションをSSDにクローンできない場合があります。たとえば、UEFIパーティションまたはその他のブート関連のドライブはクローンできません。

● 操作の難しさ。多くのユーザーはコンピューターの経験が少なく、複雑なプロセスを心配しています。さらに、古いハードドライブの交換など、クローン後の作業を懸念する場合があります。

● 他の事項。クローンソフトウェアの可用性、適用可能なオペレーティングシステム、ハードディスクの適応性なども、ユーザーに心配を引き起こす可能性があります。

2TBを1TBまたは500GB SSDにクローンする方法

AOMEI Backupper Professionalは、異なるサイズのハードドライブのクローンを作成することができて、信頼性の高いクローン作成ソフトウェアです。2TB HDDを1TBまたは500GB SSDにクローンする場合、そのインテリジェントクローン方法を使用してクローンを作成し、使用されているスペースのみをターゲット場所にコピーできます。パーティションはクローン作成プロセス中に自動的に調整されるため、ディスク容量の問題を心配する必要はありません。

また、デスクトップコンピューターを使用している場合、オペレーティングシステムドライブとブート関連のパーティションをより小さいSSDにクローンするため、システムクローン機能を使用することができます。

さらに、クローンソフトウェアは、ほとんどのユーザーが考えていなかったパーティションスタイルの問題を解決します。GPTディスクからMBRディスクへ、またはその逆に正常にクローンを作成することができます。

Windows 10/8 / 8.1 / 7 / XP / Vistaでサポートされており、ユーザーインターフェイスが明確です。プロセス全体を簡単なステップで実行できます。ぜひ試してみてください。

詳細なクローンするステップ

ステップ 1. 1TB SSDをコンピューターにインストールまたは接続してください。ノートパソコンである場合、USB-SATAケーブルを使用する必要があることがあります。そしてSSDが検出できることを確認してください。

ステップ 2. PCにAOMEI Backupper Professionalをダウンロードして実行してください。「クローン」、「ディスククローン」をクリックしてください。

ディスククローン

ステップ 3. ソースディスクとして2TB HDDを選択してください。

ソースディスク

ステップ 4. ターゲットディスクとして1TB SSDを選択してください。

ターゲットディスク

ステップ 5. ホームページで、「SSD 4Kアライメント」オプションをチェックして、SSDのパフォーマンスを向上させます。そして「開始」をクリックしてください。

アライメント

開始

ステップ 6. 完了したら、PCの電源を切ります。 BIOSで起動順序を変更するか、2TB HDDを1TB SSDに置き換えて、クローンドライブから起動してください。

ヒント:

「セクター単位のクローン」は、各セクターをターゲットにクローンします。そのため、ターゲットディスクはソースディスク以上である必要があります。この場合、このオプションをチェックしないでください。

状況によっては、クローンしたSSDの起動が拒否されることがあります。さまざまな状況にはさまざまな理由がありますが、この記事を参照してください。クローンHDDまたはSSDが起動できません。これらの問題のいずれかが発生しているかどうかを確認してください。