By Machi / 最後の更新 2021年12月10日

SDカードをバックアップする原因

SDカードとは、Secure Digital cardの略で、カメラ、スマートデバイスなどで大容量のデータを読み書きするために使用されるリムーバブルディスクの一種です。SDカードは、その小ささから日常生活の中で広く使われています。その一方で、SDカードをバックアップしたいユーザーも増えています。その主な理由は以下の通りです:

SDカード

SDカードのアップグレードまたは交換

ケース:「私のAndroidには2GBのmicro SDカードが入っていますが、4GBにアップグレードしたいと思っています。2GBのカードから何も失わずにアップグレードするにはどうしたらいいですか?このカードは主に写真、音楽とアプリの保存に使用します。」

このケースに示すように、現在のSDカードの容量はユーザーのニーズを満たさなくなりました。そして、彼は古いSDカードのデータを失いたくありません。唯一の方法は、古いSDカードのデータを新しいSDカードにバックアップすることです。問題のあるSDカードを新しいSDカードに交換したい場合も、同様です。

SDカードのデータセキュリティ

ケース:「8GBのmicro SDカードからCyanogenMod 7を起動しています。このカードが故障しても、再インストールを行ったり、カスタマイズされた設定を改めて設定したりする必要がないように、カードのバックアップを作成したいと思っています。このSDカードのバックアップを作成するためのソフトはありますか?」

このケースに示すように、多くのユーザーは主にデータ保護のためにSDカードのバックアップを作成したいです。SDカード自体は小さくて持ち運びに便利ですが、紛失しやすいのも事実です。SDカードには重要なデータが保存されている場合、紛失すれば、大変なことになります。したがって、あらかじめバックアップを取るのは非常に重要です。

Win32 Disk Imagerとは?

Win32 Disk Imagerは、リムーバブルデバイス(USBドライブ、SDカードなど)に生のディスクイメージを書き込んだり、リムーバブルデバイスを生のイメージファイルとしてバックアップするために開発されたWindowsプログラムです。

このプログラムの新バージョン(バージョン1.0)は、Windows 10/8/7に対応しています。Windows XP/Vistaの場合は、バージョン0.9をご利用ください。Win32 Disk Imagerの使い方を知りたい方は、ぜひお読みください。

Win32 Disk ImagerでSDカードをバックアップする方法

SDカードに重要なデータやファイルが保存されている場合、予期せぬ問題が発生した場合に備えて、SDカードを別の場所にバックアップする必要があります。このパートでは、Windows 10でWin32 Disk Imagerを使ってSDカードをバックアップする方法をご案内します。

事前準備:
PCのSDカードリーダーにSDカードを挿入します。
Win32 Disk Imager をダウンロードして、インストールします。

手順 1. Win32 Disk Imagerを起動し、「Device(デバイス)」のドロップダウンで挿入されたSDカード(ここではE:\)を選択します。

SDカードを選択

手順 2. 次に、「Image File(イメージファイル)」の青いフォルダアイコンをクリックして、バックアップファイルの保存先を選び、ファイルに名前を付けます。

保存先を選択

注意:バックアップファイルの名前にはぜひ「.img」の拡張子を付けてください。

手順 3. 「Read(読み込み)」をクリックして、SDカードのクローンを作成します。作成が完了するまで待ちます。

Read Only Allocated Partitions(割り振られたパーティションのみを読み取る):このオプションにチェックを入れると、使用されている領域のみを読み取ります。イメージファイルの作成時間とサイズを大幅に削減することができます。

Win32 Disk Imagerが起動しない場合の最適な代替フリーソフト

Win32 Disk Imagerは、操作が非常に簡単ですが、ユーザーがこれを使用する際に、「デバイスが見つかりません」、「Erro 5:アクセスが拒否されました」、「Erro 5:システムが指定されたファイルを見つけられない」など多くのエラーに遭遇することがあります。

error5

このようなエラーが発生した場合、簡単に解決できる便利な代替手段をご紹介します。Windows向けの無料のバックアップソフトであるAOMEI Backupper Standardは、Win32 Disk Imagerの最高の代替ソフトです。

Win32 Disk Imagerには、いくつかの機能しかありません。リムーバブルデバイス以外のデバイスをバックアップできません。しかし、AOMEI Backupperは、データとシステムを保護するための最も包括的な機能を提供します。このソフトを使用すると、エラーを回避することもできます。プロのバックアップソフトとして、次のようなメリットがあります:

4つのバックアップモード:システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップファイルバックアップをサポートしています。「ディスクバックアップ」では、SDカード全体をバックアップできます。「パーティションバックアップ」では、SDカードに特定のパーティションをバックアップできます。「ファイルバックアップ」ではSDカードに特定のファイル/フォルダをバックアップできます。
自動バックアップスケジュールを設定することで、特定の時間やイベントでSDカードを自動的にバックアップすることができます。フォルダをUSBドライブや他のリムーバブルデバイスに自動バックアップするスケジュールを設定することもできます。また、USBドライブを接続すると自動的にファイルをバックアップする「USB挿入」機能をサポートしています(AOMEI Backupper Professionalで利用可能)。
複数のストレージデバイス:NAS、クラウドドライブ、SDD、ネットワーク共有など様々なストレジにバックアップすることができます。また、バックアップだけでなく、ファイルをこれらの場所にクローン/同期/復元することも可能です。
インテリジェントゼクターバックアップ:使用されているセクターのみを別の場所にバックアップすることができるので、大容量SDカードを小容量SDカードにバックアップすることもできます。

Windows 10でWin32 Disk Imagerのエラーや問題を解決したい場合、AOMEI Backupperをダウンロードしましょう:

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

Win32 Disk Imagerの代替フリーソフでSDカードをバックアップする方法

このパートでは、Win32 Disk Imagerの代替ソフトを使ってSDカードをローカルディスクにバックアップする方法をご紹介します。

手順 1. AOMEI Backupper Standardを起動して、「バックアップ」→「ディスクバックアップ」の順にクリックします。

ディスクバックアップをクリック

ヒント:
ディスクバックアップは、ハードディスクをイメージファイルとしてバックアップします。SDカードが紛失または破損した場合、バックアップイメージからデータを復元することができます。
イメージファイルを作成せずに、あるSDカードのデータを別のSDカードにコピーしたい場合は、「クローン」の「ディスククローン」をご利用ください。

手順 2. 「ディスクを追加」をクリックして、バックアップしたいSDカードを選択します。

SDカードを選択

注意:複数のドライブを一度にバックアップしたい場合は、「ディスクを追加」をクリックした後、バックアップする必要のあるディスクをすべて選択すればよいです。

手順 3. 続いて、矢印の下で、バックアップイメージの保存先を選択します。

保存先を選択

手順 4. 最後に、「開始」をクリックして、バックアップが開始されます。

開始をクリック

オプション:必要に応じて、圧縮レベル、インテリジェントセクターバックアップ/完全なバックアップを設定することができます。
スケジュール:毎日/毎週/毎月/イベントトリガー/USB挿入の間隔で自動バックアップを実行するのを設定することができます(イベントトリガー/USB挿入はAB Proで利用可能)。
スキーム:増分バックアップ、フルバックアップなど、バックアップの実行方法を選択することができます。

まとめ

この記事を読めば、Win32 Disk ImagerがどのようにSDカードをバックアップするかが分かったと思います。Win32 Disk Imagerは操作がとても簡単ですが、エラーや問題が発生することがあります。しかし、最高のバックアップフリーソフト-AOMEI Backupper Standardを使用して、SDカードのバックアップを作成したら、これらの問題を回避することができます。それに、AOMEI Backupper Standardは日本語にも対応しています。英語がわからない方でも、手軽に利用できます。今すぐダウンロードして、ご体験ください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速