By Akira / 最後の更新 2022年05月18日

Dドライブのバックアップの必要性

Dドライブはいつも、システムハードディスクの2番目に表示されるパーティションまたはボリュームであり、個人データ(Windowsユーザーが作成したプロジェクト、ドキュメント、写真、インストールされたゲーム、アプリケーション、およびダウンロードされたビデオなど)の保存に使用されます。だから、ユーザーは主に次の状況でDドライブをバックアップしたいと考えています。

Dドライブ

Dドライブをバックアップしてから、別のハードドライブに復元します。クリーンインストールまたはシステムクローンは、システムクラッシュやハードドライブの問題を取り除くための良い方法ですが、インストールとクローンした後、個人データの移行が必要です。プログラムがDドライブにインストールされている場合、Windows 7/8/10/11でDドライブの完全バックアップを作成して復元するのは、ドラッグアンドドロップまたはコピーアンドペーストよりも信頼性が高くなります。
データの安全性を確保するためにDドライブをバックアップします。Windows 7のバックアップと復元にはCドライブをバックアップするオプションがありますが、DドライブとEドライブを定期的にバックアップすることはできません。したがって、Dドライブをバックアップする別の方法を見つける必要があります。

一部の有名なコンピューターメーカー(HP、Lenovo、Acerなど)では、Dドライブがリカバリドライブとして使用されることがあります。この場合、リカバリパーティションをUSBドライブにクローンして、コンピュータのリカバリ環境を保護できます。Dドライブのバックアップには他の理由がある可能性があります。でも重要なことは、次にバックアップを実行するための簡単でフリーな方法を見つけることです。

Dドライブのバックアップに最適なフリーソフトウェア

AOMEI Backupper Standardは、Windows向けに特別に設計された無料のバックアップソフトウェアです。これにより、Windows Dドライブバックアップは、スケジュールされたモード「毎日、毎週、毎月など」で長期バックアップをサポートします。

バックアップタスクを作成する時に、フルバックアップか、増分バックアップか、または差分バックアップ(AOMEI Backupper Professionial)かを実行するのは設定可能です。Dドライブは、外付けハードドライブ、USBフラッシュドライブ、NAS、ネットワーク共有フォルダー、クラウドドライブデスクトップフォルダーなどにバックアップできます。
バックアップのセキュリティについては、バックアップごとに電子メール通知を設定できます。バックアップした後、復元プロセスも非常に簡単です。「ブータブルメディアの作成」機能を使用して、CドライブとDドライブを一緒にバックアップし、ベアメタルで復元を実行することもできます。ダイナミックボリュームバックアップもサポートします。

AOMEI Backupper Standardが「バックアップ」を実行している時、コンピュータの他の操作には影響しません。このソフトウェアは、Windows 11/10/7/8/8.1/XPおよびVistaをサポートしています。また、世界中のユーザーから高い評価されます。簡単な手順でDドライブをバックアップする方法を学ぶために無料でダウンロードしてください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

Windows 7/8/10/11でDドライブを安全にバックアップする方法

必要があれば、Dドライブのバックアップイメージの保存に使用するターゲットパスを接続し、アクセスできることを確認します。次に、無料のバックアップソフトウェアをインストールして実行します。

1. AOMEI Backupper Standardで、「バックアップ」タブをクリックし、「パーティションバックアップ」をクリックします。

パーティションバックアップ

2. 「パーティションまたはボリュームバックアップ」ページで、「パーティション追加」をクリックしてバックアップするパーティションまたはボリュームを選択し、「追加」をクリックします。(こちらがDドライブです。)

3. ターゲットパスを選択します。ここでネットワークパスを選択できます。

ネットワークパス

4. 「オプション」をクリックして、バックアップイメージを暗号化(必要に応じて、AOMEI Standard Professionalにアップグレードしてこの機能を使用してください)します。

オプション

5. 「スケジュール」をクリックして、定期的なバックアップを設定します。

スケジュール

6. 「スキーム」をクリックして、ターゲットのバックアップスペースを管理します。高度なバージョンにアップグレードする必要があります。

スキーム

7. 「バックアップ」をクリックして操作を実行します。

ご注意:
AOMEI Backupper Professionalにアップグレードすると、イベントトリガーとUSB挿入バックアップモードを利用できます。また、スマートバックアップソリューションで、バックアップスペースを自動的に管理できます。
「バックアップ」の「完全なバックアップを作成」でDドライブを正確にコピーします。ターゲット容量がバックアップに十分であることを確認してください。
「システムバックアップ」を使用して、オペレーティングシステムをフラッシュドライブにバックアップできます。

必要に応じてDドライブを復元する方法

問題があれば、Dドライブのバックアップイメージを新しいハードドライブまたは以前の状態に復元することができます。以下は、Dドライブを復元するための詳しい方法です。

*復元プロセス中でWindowsオペレーティングシステムを起動したくない場合は、事前に起動可能なメディアを作成し、デバイスから起動してください。何らかの方法でバックアップイメージにアクセスできることを確認してください。

復元

AOMEI Backupper standardを開き、「復元」をクリックします。このソフトウェアはイメージファイルを自動検出できるので、「タスクを選択」を直接クリックできます。或いは、「イメージファイルを選択」をクリックして、イメージファイルを手動で見つけて指定できます。
バックアップを復元する時点を選択します。
Dドライブ復元のターゲットスペースを選択します。
「開始」をクリックして、操作を完了します。

ご注意:パーティションを復元するための具体的な方法については、WindowsでHDDでパーティションを安全に復元する方法を参照してください。AOMEI Backupper Professionalの「ユニバーサル復元」機能を使用すると、バックアップしたWindows 7を別のコンピューターに復元できます。

まとめ

AOMEI Backupper StandardでDドライブを簡単かつ安全にバックアップできます。これは無料で、シンプルで強力で、あらゆる種類のコンピューターユーザーに適しています。Dドライブのバックアップに加えて、システムドライブのバックアップ、外付けHDDから外付けドライブへのバックアップ、フラッシュドライブのバックアップ、NASバックアップ、複数のHDDのバックアップなどを実行することもできます。興味があれば、ぜひダウンロードしてもっと多くの機能を体験しましょう~