By Akira / 最後の更新 2022年09月27日

なぜOneDriveをSynology NASにバックアップする?

OneDriveをSynology NASにバックアップすることは、OneDriveに既に存在するファイルの正確なコピーを作成することにより、データを継続的に保護するための方法です。したがって、クラウドサーバーがクラッシュした場合でも、Synology NASからファイルを回復できます。ただし、一部のユーザーは、OneDriveをSynology NASにバックアップする方法をまだ知りません。次はWebサイトからの例です。

 

OneDriveをSynology NASに自動バックアップする方法はありますか?たとえば、毎日NASにバックアップし、特定の時間に3日間バックアップを保持します。おすすめのソフトがあれば教えてください。

- あるユーザーからの質問

NASにバックアップ

ご心配なさらないでください。そこで、OneDriveをNASにバックアップする2つの便利な方法を詳しく説明します。つまり、Cloud Syncとサードパーティのファイルバックアップソフトウェアを使用して、NASにバックアップします。詳細については、以下をご覧ください。

Cloud SyncでOneDriveをNASにバックアップする方法

Cloud Syncは、OneDriveなどの複数のクラウドストレージをSynology NASにバックアップするための便利なツールです。また、プロセス中に、同期方向、選択的同期、スケジュール同期、暗号化と圧縮レベル、トラフィック制御などの同期オプションを設定できます。

バックアップ前に以下の準備が必要です:

  • DiskStation(DSM)6.0以降のバージョンを実行していることを確認してください。

  • Cloud Syncをインストールします。

手順 1. Could Syncを使用して、OneDriveとNASの接続を確立します。左下隅にある「+」をクリックし、「OneDrive」を選択して、アカウントにログインし、このソフトウェアを認証します。

OneDriveを選択

手順 2. 次に、タスク設定ウィンドウに入ります。ローカルパス、リモートパス、同期方向を明確に区別するために、接続名を設定してください。

  • ローカルパス:ファイルを保存するため、NASのローカルフォルダを選択します。NASのルートフォルダを使用しないでください。そうしないと、同期タスクを1つしか作成できません。

  • リモートパス:同期するOneDriveファイルを含むリモートフォルダーを選択します。さらに、すべてのOneDriveファイルをCould Syncに同期する場合は、OneDriveのルートフォルダーを選択できます。

  • 同期方向:同期は、「双方向」、「リモートでの変更のみをダウンロードする」、または「ローカルでの変更のみアップロードする」のいずれかを選択します。ここでは「リモートでの変更のみをダウンロードする」を選択します。下に「ソースフォルダでファイルが削除されている場合は、同期先フォルダでファイルを削除しないでください」オプションが表示されます。これをチェックして、ターゲット内のデータをそのまま保持してください。

リモートでの変更のみをダウンロードする

手順 3. 設定の確認ウィンドウで、リモートでの変更のみをダウンロードする「詳細設定」をクリックして、同期しないフォルダのチェックを外し、ファイルサイズ、ファイルタイプ、ファイル名、または拡張子でファイルをフィルタリングします。その後、「適用」をクリックしてバックアップタスクを開始します。

設定の確認

Cloud Syncは、OneDriveまたはその他のクラウドストレージをNASにバックアップするために広く使用されています。ただし、Cloud Syncが正常に機能しない場合もあります。このとき、別のバックアップソフトウェア-AOMEI Backupper Standardを使用することを選択します。

AOMEI Backupper StandardでOneDriveをNASにバックアップする方法

AOMEI Backupper Standardは、OneDriveファイルをSynology NASにバックアップするのに役立つ無料のファイルバックアップソフトウェアです。また、Googleドライブ、Dropbox、外付けHDD、USB、ネットワークドライブなどにバックアップすることができます。

それでは、AOMEI Backupper StandardでOneDriveをNASにバックアップする方法はなんですか?いくつかの準備をしてから、以下の詳細な手順を確認してください。

Windows10を使用している場合は、OneDriveアカウントにログインしてください。Windows7またはWindows8を使用している場合は、最初にOneDriveをダウンロードしてから、ログインしてください。
Synology NASがインターネットに接続されていて、アクセスできることを確認してください。無料のファイルバックアップソフトウェア-AOMEI Backupper Standardをダウンロードして、コンピューターにインストールします。
無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 1. AOMEI Backupper Standardを起動します。「バックアップ」をクリックして、「ファイルバックアップ」を選択します。手順に従ってOneDriveをバックアップします。

ファイルバックアップ

手順 2. OneDriveファイルをSynology NASに同期するには「同期」の「ベーシック同期」を選択します。「フォルダの追加」をクリックします。

フォルダ

手順 3. 次に、「デスクトップ」をクリックし、ポップアップウィンドウでOneDriveデスクトップフォルダ(OneDrive内のすべてのファイルが含まれます)を選択します。

OneDriveフォルダ

手順 4. 矢印が指す場所をクリックして、Synology NASのフォルダを選択します。AOMEI Backupper Standardを使用して初めてファイルバックアップを作成する場合は、事前にSynology NASを追加する必要があります。

宛先を選択

手順 5. ポップアップウィンドウで「Share/NAS」を選択します。次に、「共有またはNASデバイスの追加」をクリックし、NASの表示名、IPアドレス、ユーザー名、およびパスワードを入力します。

その後、「ネットワークの場所」タブに一覧表示されます。それをダブルクリックして、OneDriveファイルを保存するフォルダを選択するだけです。

NASデバイスの追加

手順 6. 「スケジュール」をクリックして、バックアップタスクを実行する頻度を設定でき、「ディリー」、「ウィークリー」、「マンスリー」、および「イベントトリガー」(AOMEI Backupper Professionalと上位バージョンでサポートされています)を選択できます。最後に、「開始」をクリックしてOneDriveファイルをSynology NASにバックアップすることを実行します。

オプション:このタスクにコメントしたり、通常または高圧縮レベルでファイルを圧縮したり、電子メール通知を有効にしたり、プリ/ポストコマンド(有料)を作成したりできます。
スケジュール:毎日の増分バックアップに加えて、毎週のバックアップ、毎月のバックアップ、完全バックアップ、および差分バックアップを選択することもできます。必要に応じてバックアップオプションを組み合わせます。差分バックアップは、AOMEI Backupper Professional以降でのみ使用できることに注意してください。
スキーム:設定されている値に基づいて、不要になったイメージファイルを自動的に削除することで、バックアップに使用するディスク領域をうまく管理することができます。この機能を利用するには、少なくともAOMEI Backupper Professionalにアップグレードしてください。

補足:また、AOMEI Backupper Professionalの「クラウドバックアップ」を選択してAOMEI Cloudにバックアップできます。AOMEI Cloudには1TBの空き容量があります。いつでもどこでも、AOMEIカウントにログインすれば、すぐにファイルを復元することができます。ディスクの紛失や損傷を心配する必要はありません。

クラウドバックアップ

結論

Cloud Syncまたはバックアップソフトウェア-AOMEI Backupper Standardを使用すると、OneDriveをSynology NASに簡単にバックアップできます。それらの1つを選択し、データの継続的な保護を開始します。

また、AOMEI Backupper Standardはバックアップと復元に加えて、Windows 11を複数のコンピューターに簡単に展開したり、mSATA SSDを別のmSATA SSDにクローンしたりすることもできます。ぜひダウンロードして、もっと多くの機能を体験しましょう~