By Akira / 最後の更新 2022年04月24日

ディスクイメージからファイルを回復する必要

ディスク復元

PCには、作業ドキュメントや写真など、多数のファイルが保存されます。データの損失を防ぐために、多くの人がデータをバックアップします。すでにハードディスクイメージを作成している場合、次の状況でディスクイメージからファイルを回復します。

PCに重大なエラーが発生しました。日常生活でPCを使う時、システムクラッシュ、ハードディスクの損傷、ウイルス攻撃などの思いがけない問題がたくさん出てきます。
誤ってファイルを削除しました。Cドライブの未使用領域がますます小さくなると、多くのユーザーがCドライブ上のファイルをクリーンアップして、PCの実行速度を高速化します。この場合は、PCの重要なファイルが誤って削除されることは避けられません。

では、ディスクイメージからファイルを回復する方法がありますか?以下を読み続けてください。

サードパーティソフトでディスクイメージファイルを復元

ハードディスクイメージファイルの復元を実行する必要がありますか?問題が発生する前にバックアップイメージを作成する必要があります。パソコン初心者にとって、サードパーティのバックアップおよび復元ソフトウェアAOMEI Backupper Standardをお勧めします。

以下の利点があります:

SDカード、USBドライブ、外付けHDD、CD/DVD、ローカルディスクなどのディスクイメージを作成できます。
システムがクラッシュした場合にWindowsオペレーティングシステム全体を復元するためのシステムイメージを作成できます。
Windows XP、Vista、7、8、8.1、10、11でバックアップ、復元、同期、クローン、およびその他の機能を提供します。

したがって、このソフトウェアを使用すると、ディスクイメージを簡単に作成できます。その後、数回クリックするだけで、必要に応じてハードディスクイメージファイルを復元できます。無料でダウンロードしてお試しください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ディスクイメージを作成

手順 1. AOMEI Backupper Standardを起動し、メインウィンドウで「バックアップ」->「ディスクバックアップ」を選択します。

ディスクバックアップ

手順 2. 「ディスクを追加」をクリックし、バックアップするディスクを選択して、「追加」をクリックします。

ディスクを追加

手順 3. そして、ディスクイメージファイルを保存する場所(バックアップ先のドライブ)を選択します。「開始」をクリックし、プロセスが完了するまで待ちます。

開始

ヒント:
>>スケジュール:スケジュールをクリックして、ディリー、ウィークリー、マンスリー、USB挿入、イベントトリガーを選択してバックアップタスクを実行できます。最後の2つのモードはAOMEI Backupper Professionalで利用できます。
>>オプション:電子メール通知を有効にし、バックアップイメージファイルの圧縮レベルを選択し、またはセクター単位のバックアップなどを選択できます。バックアップを暗号化する場合は、Professional版にアップグレードしてください。

ハードディスクイメージファイルを復元

ディスクのバックアップが完了すると、宛先の場所に.adiが付いたイメージファイルが作成されます。いつかイメージファイルからデータを復元したい場合は、選択的なファイルの復元(有料)を実行するか、ドライブ全体を復元することができます。

1. 選択的なファイルの復元

手順 1. AOMEI Backupper Professionalにアップグレードして、起動します。「ツール」タブの下の「イメージをマウント」オプションを選択します。

イメージをマウント

手順 2. バックアップタスクを選択してから「次へ」をクリックします。

バックアップタスクの選択

手順 3. バックアップバージョンを選択してから「次へ」をクリックします。

バックアップバーションの選択

手順 4. 「イメージのマウント/アンマウント」ページで、ドライブ文字を指定してイメージファイルを仮想ドライブとしてマウントします。

マウント

手順 5. 操作が完了したら、「完了」をクリックします。

完了

手順 6. エクスプローラーからドライブに簡単にアクセスできます。「コピー」&「貼り付け」で必要なファイルを別の場所に簡単に移行することができます。

2. ドライブ全体の復元

手順 1. AOMEI Backupper Standardを起動して、「復元」をクリックして、「タスクを選択」を選択します。

タスクを選択

手順 2. 次のインターフェイスで、リストからバックアップイメージを選択し、「次へ」をクリックします。

バックアップイメージの選択

手順 3. 次は「ディスク全体を復元」するか「ディスク上のパーティションを復元」するかを選択します。

ディスク全体を復元

手順 4. ソースディスクとターゲットディスクが一覧表示されます。操作を確認し、「開始」をクリックします。

開始

手順 5. ディスクを復元したあと、「完了」をクリックします。

ヒント:
>>「パーティションを編集」(有料)をクリックして、ターゲットディスク(クローン先または復元先)上のパーティションのサイズや場所を調整することができます。
>>宛先ディスクがSSDの場合は、「SSD 4Kアライメント」をオンにすることを強くお勧めします。これにより、SSDの読み取りおよび書き込み速度が向上します。

Windowsの組み込みツールでディスクイメージファイルを復元

Windows 10には、ファイルのバックアップと復元に役立つ組み込みツール「バックアップと復元(Windows 7)」があります。以下に、ハードディスクイメージのバックアップと復元を実行する方法を説明します。

バックアップと復元(Windows 7)でバックアップを実行

手順 1. タスクバーの検索ボックスに「コントロール パネル」と入力し、Enterキーを押します。「システムとセキュリティ」下の「バックアップと復元(Windows 7)」をクリックします。

手順 2. 「バックアップの設定」をクリックします。

バックアップの設定

手順 3. バックアップを保存する場所を選択し、「次へ」をクリックします。

バックアップする場合

手順 4. 「自分で選択する」オプションにチェックマークを付け、「次へ」をクリックします。バックアップするハードディスクを選択し、「次へ」をクリックします。

自分で選択する

ご注意:「次のドライブのシステムイメージを含める」のオプションをチェックして、システムイメージのバックアップを作成します。必要に応じてWindows 7/8/10/11を復元することができます。

手順 5. 次に、バックアップ設定を確認し、スケジュールを変更できます。確認した後、「設定を保存してバックアップを実行」をクリックしてバックアップを実行します。

バックアップと復元(Windows 7)でディスクイメージファイルを回復

PCに問題が発生した場合は、組み込みツールを使用して、Windows 10のバックアップからファイルを簡単に復元できます。手順は次のとおりです。

手順 1. 「バックアップと復元(Windows 7)」に入り、「ファイルの復元」をクリックします。

ファイルの復元

手順 2. ファイルの復元画面が表示します。「検索」、「ファイルの参照」、または「フォルダーの参照」をクリックして、復元するファイルまたはフォルダーを見つけて選択します。

ファイルの選択

手順 3. ファイルを復元する場所を選択し、「復元」ボタンをクリックします。

元の場所

結論

AOMEI Backupperを使用すると、ハードディスクイメージファイルを簡単にバックアップおよび復元できます。また、スケジュールのバックアップを設定して、時間とエネルギーを節約できます。その強力な機能により、データの損失を防げます。今すぐダウンロードして、もっと多くの機能を体験しましょう~