By Akira / 最後の更新 2021年12月20日

USBのファイルをバックアップする必要がある?

32GBのUSBドライブに多くのファイルを保存しました。最近、USBドライブに保存されているファイルが安全かどうかを心配しているので、フラッシュドライブのファイルをバックアップできますか?

--実例

USBのファイルをバックアップ

実際には、USBに保存されたファイルはあまり安全ではありません。USBドライブは常に別のコンピューターに挿入されたり、抜かれたりするため、データが失われやすくなります。誤抜き操作、不安定なUSBインターフェース電圧、システムトラブルによるデータ書き込みエラーなどにより、USBが誤動作する場合があります。何か問題が発生すると、USBのファイルが失われ、大きな影響を受ける可能性があります。

ただし、事前にUSBドライブのファイルをバックアップしておけば、これらの損失を回避できます。

USBのファイルをバックアップする方法

USBのファイルをバックアップすることは重要です。さて、USBドライブのファイルをバックアップする方法はなんですか?

従来の方法は、ファイルをコピーして別のストレージデバイスに貼り付けることです。この方法はシンプルで操作が簡単ですが、多くの時間がかかります。より良い方法は、AOMEI Backupper Standardなどのバックアップソフトウェアを使用してUSBのファイルをバックアップすることです。これにより、バックアップイメージを作成することができます。USBが破損している場合に、このバックアップイメージを使用して重要なファイルを復元することができます。

では、AOMEI Backupper Standardを使用してUSBのファイルをバックアップするには、以下の手順に従ってください。

ステップ 1. AOMEI Backupper Standard(Windows 11/10/8/7/Vista/XPがサポートされています)を無料でダウンロードして、インストールします。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 2. USBドライブをコンピューターに接続し、検出できることを確認します。AOMEI Backupper Standardを起動します。USBのファイルをバックアップするには、ここで「バックアップ」->「ファイルバックアップ」をクリックします。

ファイルバックアップ

ステップ 3. 必要に応じて「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックします。USBのファイルをバックアップの対象として選択して「開く」をクリックします。

ファイルを追加

ステップ 4. 次にはバックアップイメージファイルを保存する場所(バックアップ先)を指定します。

ヒント:AOMEI Backupperを使用すると、USBのファイルを別のフラッシュドライブ、他の外付けHDD、ローカルドライブ、またはクラウドドライブにバックアップすることもできます。

バックアップ先

ステップ 5. オプション、スケジュールまたはスキームをクリックして、現在のバックアップタスクをより詳しく設定することもできます。

>>オプション:電子メール通知を有効にしたり、バックアップイメージファイルの圧縮レベル、インテリジェントセクターバックアップまたはバックアップサービスを設定したりすることができます。
>>スキーム:古いイメージファイルを自動的に削除して、ディスク容量を節約します。
>>スケジュール:ファイルをディリー/ウィークリー/マンスリー/イベントトリガー/USB挿入のモードでバックアップできます。

上記のいくつかの機能を利用するには、AOMEI Backupper Professionalまたはそれ以上のエディションにアップグレードする必要があります。

スケジュール

ステップ 6. すべての準備ができたら、「開始」をクリックしてUSBのファイルをバックアップします。

開始

このようにして、USBのファイルは簡単にバックアップされます。USBのデータが失われた場合は、このバックアップイメージを使用してファイルを復元できます。

まとめ

USBのファイルをバックアップすることが重要です。バックアップした場合は、USBフドライブに障害が発生しても、保存されているデータが失われることはありません。今すぐバックアップツール--AOMEI Backupperをダウンロードして、データをバックアップしてください。

また、Windows Serverユーザーの場合は、AOMEI Backupper Serverを使用することができます。