By Akira / 最後の更新 2021年07月15日

東芝について

東芝会社は日本の多国籍企業です。これは、情報通信機器およびシステム、インターネットベースのソリューションおよびサービス、電子部品および材料、電力システム、産業および社会インフラシステム、および家庭用アプリケーションをカバーする、電気製品の多様な製造業者および販売業者です。東芝HDDの信頼性は世界的で有名です。

東芝HDD

SSDは、HDD内の古いテクノロジーよりも高速で、より低温で、静かに動作することです。そのため、東芝HDDを持っているがSSDにアップグレードしたい場合は、便利でクローンフリーソフトウェアを使用して簡単にタスクを完了することができます。

東芝HDD用の無料のクローンソフトウェアを探す

東芝HDDクローンソフトウェアについて、お勧めしたいのは無料のAOMEI Backupper Standardです。32ビットと64ビットの両方のWindows XP/Vista/7/8/8.1/10を含むすべてのWindowsエディションと互換性があるため、クローンだけでなくバックアップと復元もサポートします。

最も便利なのは、AOMEI Backupper Standardのインテリジェントクローン機能により、SSDの容量がHDDで使用されているスペース以上である限り、HDDをより小さなSSDにクローンすることができます。

データの損失を避けるために、不良セクタのあるHDDのクローンを作成することもできます。操作は簡単で心配する必要はありません。AOMEI Backupper Standardのインターフェースは直感的で、クローン作成タスクは4つの簡単なステップで完了できます。次に、これを使用して東芝HDDをSSDにクローンする方法を示します。クローンフリーソフトウェアをダウンロードしてください

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

東芝HDDをSSDにクローンする方法

クローンを作成する前に、SSDをPCに接続してください。次に、2つの異なる接続タイプに応じて、Toshiba HDDをクローンする2つのオプションがあります。

SATAからUSBへのケーブルなしでHDDをSSDにクローンする
SATAからUSBへのケーブルを介してHDDをSSDにクローンする

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロード、インストール、起動します。「クローン」の「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ステップ 2. ソースディスク(ディスク0)として東芝HDDを選択します。

ソースディスク

ステップ 3. SSDをターゲットディスク(ディスク1)として選択します。

ターゲットディスク

ステップ 4. 「SSD 4Kアライメント」を選択して、「開始」をクリックします。

開始

ヒント:
「SSD 4Kアライメント」を選択して、SSDの最高のパフォーマンスを得ることを保証します。
「パーティションを編集」はパーティションのサイズ変更なしでコピーしたり、すべてのパーティションをディスク全体にフィットしたり、およびこのディスク上のパーティションを手動で編集することができます。
「セクター単位のクローン」は、ディスクのすべてのセクターをクローンすることができます。
システムディスクをクローンしたい場合は、AOMEI Backupper StandardはMBRからGPTへ、GPTからGPTへまたはGPTからMBRへのクローン作成をサポートしていません。そのためには、AOMEI Backupper Professionalなどの上位のエディションにアップグレードしてください。

まとめ

ご覧のとおり、無料のAOMEI Backupper Standardを使用して東芝HDDをSSDにクローンするのはとても便利です。

さらに、これは、パーティション、システム、ディスク、およびファイルのバックアップに役立つ、東芝NTI Echoの優れた代替品です。