By Akira / 最後の更新 2022年11月02日

東芝について

東芝会社は日本の多国籍企業です。これは、情報通信機器およびシステム、インターネットベースのソリューションおよびサービス、電子部品および材料、電力システム、産業および社会インフラシステム、および家庭用アプリケーションをカバーする、電気製品の多様な製造業者および販売業者です。東芝HDDの信頼性は世界的で有名です。

東芝

東芝HDDをSSDにクローンする原因

SSDは、HDD内の古いテクノロジーよりも高速で、より低温で、静かに動作することです。そのため、東芝HDDをSSDにアップグレードしたい場合がありますが、HDDをSSDにクローンするメリットは何ですか?HDDと比較して、どのように優れているのでしょうか?という方のために、ハードディスクをSSDに交換する主な理由を2つご紹介します。

● より良いパフォーマンスを得るために:大容量を求めてHDDを別のものにクローンすると、今後の使用で不具合が続出する可能性が非常に高いです。また、データの蓄積に伴い、パソコンの動作も徐々に遅くなっていきます。
比較的長い期間、良好な使用感を楽しむためには、一般的にHDDよりも高速、静音、冷却、耐久性が高く、消費電力がはるかに少ないSSDにHDDをクローンすることが推奨されます。
● SSDは現在、比較的手頃な価格で購入可能:昔は、SSDを買うときは、高い値段に見合うだけのメリットがあるかどうかを検討する必要がありました。しかし現在では、製造技術の向上と供給量の増加により、SSDはより手頃な価格になっています。
通常のSATA SSDだけでなく、PCI-Express、mSATA、M.2 SSDなど、選べる選択肢は様々です。Samsung 970 EVO、Samsung M.2、WD Blue SSD、Mushkin Reactor SSD、PNY SSDなど、多くの人気SSDがAmazon、Scan.comなどで販売されています。

東芝HDD向けの専門クローンツールについて

ご存知のように、ほとんどのHDDのメーカーはディスククローンのために独自のソフトウェアを提供しています。彼らのホームページまたはハードディスク購入時の付属品(CD/DVD)からクローンソフトウェアを取得できます。その中でToshiba SSDまたはHDDは最も代表的な例です。

NTI EchoはToshiba SSDまたはHDDのための移行ソフトウェアであり、Windows Vista/XP/7/8/8.1/10/11でサービスを提供します。しかし、このToshiba SSDクローンソフトウェアは他のメーカーのドライブをサポートしません。ほとんどのユーザーはその点にちょっと失望します。

nti echo

また、フォーラムにいくつかの文句があります。Windows 8をWindows 8.1にアップグレードした後、NTI EchoクローンツールはHDDクローンに何らかの問題があり、この問題を修復してみればまだHDDのデータを転送できません。また、Windows 10をToshiba SSDにクローンする時、クローン進捗は停止します。コンピューターを再起動しようとしたら、NTIは起動している...というメッセージでコンピューターは再起動できません。その後、それをもう一度再起動し続け、エラーはループします。多くのユーザーがこれらの問題に悩まされています。

最高の東芝HDDクローンツール【オススメ】

東芝HDDクローンソフトウェアについて、お勧めしたいのはAOMEI Backupper Professionalです。32ビットと64ビットの両方のWindows XP/Vista/7/8/8.1/10/11を含むすべてのWindowsエディションと互換性があるため、クローンだけでなくバックアップと復元もサポートしています。

最も便利なのは、AOMEI Backupperのインテリジェントクローン機能により、SSDの容量がHDDで使用されているスペース以上である限り、HDDをより小さなSSDにクローンすることができます。

データの損失を避けるために、不良セクタのあるHDDのクローンを作成することもできます。操作は簡単で心配する必要はありません。AOMEI Backupperのインターフェースは直感的で、クローン作成タスクは4つの簡単なステップで完了できます。次に、これを使用して東芝HDDをSSDにクローンする方法を示します。クローンソフトウェアをダウンロードしてください

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

東芝HDDをSSDにクローンする前の準備

東芝HDDをSSDにクローンするためには、以下のことが必要です。

1. 古い東芝HDDにOSがインストールされていることを確認し、不良セクタを修正

OSがインストールされたディスクからしか、パソコンを起動することができません。OSが破損または削除されている場合、起動可能なUSB(またはCD/DVD)がないとコンピュータを起動することはできません。クローンSSDに元のハードディスクの不良セクタが含まれている場合、起動しないことがあります。

2. OSを移行するために新しいSSDを用意

お使いのコンピュータに合ったSSDを購入します。正しいフォームファクタであること、データを受信するのに十分なスペースを所有していることを確認してください。この投稿で提供される方法では、新しいSSDが初期化されていなくても大丈夫です。

3. ディスクバックアップを作成

個人データを失いたくない場合は、最初にバックアップを作成しておきましょう。こうしておけば、移行中に予期せぬ事態が発生しても、バックアップがあればパソコンを以前の状態に戻すことができます。

4. 接続されている周辺機器をすべて取り外し

USBストレージデバイス、外部ディスプレイ、プリンターなどのデバイスを分解して、HDDからSSDにファイルを正しく移行できることを確認します。

5. ディスククローンソフトウェアをダウンロードし、インストール

効果的なディスククローンソフトウェアはこの記事で最も重要な部分です。適切なソフトを選べば、作業が早く、簡単になります。ここでは、AOMEI Backupperは使いやすいので、お勧めします。

6. USB-SATA変換アダプタ

ハードディスクベイが1つしかないノートパソコンに新しいSSDを接続するためには、これが必需品です。

東芝HDDをSSDにクローンする詳しい手順

クローンを作成する前に、SSDをPCに接続してください。

ステップ 1. AOMEI Backupperをダウンロード、インストール、起動します。「クローン」の「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ステップ 2. ソースディスク(ディスク0)として東芝HDDを選択します。

ソースディスク

ステップ 3. SSDをターゲットディスク(ディスク1)として選択します。

ターゲットディスク

ステップ 4. 「SSD 4Kアライメント」を選択して、「開始」をクリックします。

開始

ヒント:
「SSD 4Kアライメント」:SSDの最高のパフォーマンスを得ることを保証します。
「セクター単位のクローン」:ディスクのすべてのセクターをクローンすることができます。SSDの容量は東芝HDDと同じまたはより大きい場合で利用可能です。「パーティションを編集」と同時に使えません。
パーティションを編集」:SSDは東芝HDDより大きい場合、このオプションで、「パーティションのサイズを手動で変更」または「各パーティションに未使用領域を追加」の2つオプションから、パーティションのサイズを調整できます。クローン完了後、SSDに使えない未割り当て領域がないことを確保できます。

パーティションを編集

補足:ディスククローンを作成した後、ブート問題を解決

クローン作成後、一部のユーザーからSSDが起動しないとの苦情が寄せられています。ここでは、その理由と問題を解決する方法を紹介します。

起動順序が正しくない:SSDが最初の起動順でない場合、SSDからPCをロードすることはできません。起動順序が正しいかどうかを確認するには、コンピュータを再起動し、プロンプトキーを押してBIOSに入り、SSDを起動順序の優先順位に設定し、F10キーを押して変更を保存してください。最後に、あなたの問題が起動順序に関連していた場合、コンピュータはSSDから起動するようになります。
GPT/MBRの競合:ソースディスクとターゲットSSDのパーティション構造が異なるか、ブートモードが正しく設定されていないことを意味します。GPTからMBRにクローンする場合、またはMBRからGPTにクローンする場合、この衝突が発生して、コンピュータが起動できなくなる可能性があります。クローン元とクローン先のディスクのパーティション構造が同じであることを確認してください。その上、MBRディスクはBIOSのLegacyモードからしか起動できないが、GPTはUEFIモードから起動する。正しい起動モードを設定し、正常に起動できるようにします。または、GPTディスクから起動するために、LegacyブートモードをUEFIブートモードに変更します。
SSDを間違ったHDDを搭載したPCにインストール:ディスクイメージまたはシステムイメージがある場合、「ユニバーサル復元」でSSDにイメージを復元してみることができます。
クローン作成に問題が発生:クローン作成処理に予期せぬ問題が発生しました。エラーが修正されたかどうかを確認するために、処理を再試行することをお勧めします。

また、HDDをSSDにクローンして、SSDを新しいパソコンにインストールする場合、Windows 7/8/10/11 OSをアクティベートする必要があり、オリジナルのプロダクトキーを使ってアクティベートするか、Microsoftに相談してください。

まとめ

AOMEI Backupperは専門的なToshiba HDDクローンソフトウェアです。それは簡単かつ安全にToshiba HDDを新しいSSDにクローンするのに役立ちます。コンピューターはServerである場合、AOMEI Backupper Serverの利用をお勧めします。

最後までありがとうございます。弊社のメールは「[email protected]」で、もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。@(o・ェ・o)@