By Machi / 最後の更新 2022年09月23日

オフサイトバックアップについて

オフサイトバックアップは通常のバックアップとは異なり、システムが稼働している場所とは別の、地理的に離れた施設や機器に重要なデータのバックアップデータを保管すること。

サーバーに保有するデータは自然災害、盗難、ウイルス、ヒューマンエラーなど予期せぬ要因による損失するとともに、関連するバックアップも被害を受けるリスクが大きいです。従って、オフサイトバックアップはとても重要な課題になります。この記事では中小企業と個人のサーバーに対する最も効率的なオフサイトバックアップについて紹介します。

オフサイトバックアップ

オンサイトバックアップ vs オフサイトバックアップ

オンサイトバックアップとオフサイトバックアップは、サーバーオペレーティングシステムのデータ保護に広く使用されている2つの一般的なバックアップタイプです。

一般に、オンサイトバックアップとは、ハードディスク、CD、USBドライブ、磁気マップなどのローカルストレージデバイスにデータのバックアップを保存することを意味します。一方、遠隔バックアップ、リモートバックアップとも呼ばれるオフサイトバックアップは、バックアップデータをインターネット経由または直接にストレージドライブを送る方法で遠隔地に保存することです。例えば、NASバックアップ、ネットワーク共有バックアップとクラウドストレージバックアップ。

オンサイトバックアップとオフサイトバックアップはどちらも長所と短所があり、互いに補足し合っています。一般的に言えば、オンサイトバックアップはより便利ですので行いやすいし、災害が発生した時に素早くアクセスできますが、データを紛失しかねません。オフサイトバックアップは少し複雑かもしれませんが、重要なデータを遠隔地に保存して保護をさらに強化します。では、どのような状況でオフサイトのバックアップを選択する理由を説明します

Windows Serverのオフサイトバックアップが必要

オンサイトバックアップを作成すると、通常にバックアップデータはソースマシンの近く、さらに同じマシンに保存されます。そのため、ウイルス、システム障害、ハードウェアエラーなどに対して脆いです。更に、火事、水害、地震などの自然災害や盗難など悪い事件では、ハードディスクを含むコンピューター全体が損傷したり、紛失したりする可能性があります。

また、オフサイトバックアップはサーバーのセキュリティを強化します。Windows Server 2012、2016、2019や2022などのサーバーオペレーティングシステムには通常、重要なビジネスデータと、特に中小企業の貴重な顧客情報を格納しています。オフサイトバックアップを取っておくと、万一の場合も業務の中断時間と経済的損失を最小限に抑えることができます。

それでは、どのようにWindows Serverでオフサイトバックアップを実行しますか?

頼もしいWindows Serverオフサイトバックアップツール

Windows Serverの標準機能を利用してサーバーをネットワーク共有にバックアップする場合は、まず「ディスクの管理」を使用してVHDまたはVHDXファイルを作成する必要があります。詳細な手順については「ネットワーク共有へwindows server バックアップ 増分を作成します」を参照してください。

もちろん、このタスクを完成するにはもっと簡単な方法を利用できます。信頼性の高い多機能のバックアップと復元ソフトAOMEI Backupperのサーバーエディション-AOMEI Backupper Serverを使用すると、ターゲットサーバーのオフサイトバックアップを簡単かつ安全に構築できます。このソフトを利用してデータをサーバーとNAS、クラウドストレージや共有フォルダの間でバックアップと復元できます。

バックアップについて、AOMEI Backupper Serverは増分バックアップ、差分バックアップとフルバックアップをサポートしています。毎日、毎週、毎月のスケジュールとUSB挿入、イベントトリガーによってバックアップを自動的に作成できます。最も重要な安全性について、各バックアップタスクをパスワードで暗号化できます。

AOMEI Backupperは使いやすいユーザーインタフェースで世界中の何千万の使用者に愛用され、ぜひ見逃さないでください!

Serverの無料体験版 ServerとWindows PCの全バージョン
安全かつ高速

Windows Serverでオフサイトバックアップを実行

ネットワークドライブにバックアップする場合は、ソースマシンとターゲットネットワーク共有ドライブが同じLANにあることを確認してください。また、サーバーを物理デバイスにバックアップしたい場合は、事前に外部ストレージドライブを接続しておきます。ここではWindows Server 2019システムをNASにバックアップすることを例として説明します。ニーズに応じて、他のバックアップモードを選択できます。

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardを起動します。「バックアップ」をクリックして、「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

ステップ 2. Windows Server 2019の起動に必要なドライブが既に選択されるので、バックアップの保存先だけを選択すればよいです。逆三角形アイコンをクリックし、「共有またはNASデバイスの追加」を選択します。

共有またはNASデバイスの追加

ステップ 3. Synology NASのネットワークパスまたは名前を入力し、右側にある「>」ボタンをクリックします。次に、Windows Server 2019のイメージを保存するためのフォルダを選択し、「はい」をクリックします。

はい

ステップ 4. 次に、すべての設定を確認し、問題がなければ、「開始」をクリックします。

開始

「オプション」:暗号化、メール通知サビース、バックアップイメージの圧縮と分割を設定できます。
「スケジュール」:バックアップタスクを指定された頻度(毎日、毎週、毎月、イベントトリガー、USB挿入)で実行します。
「スキーム」:フル/増分/差分バックアップを設定できます。また、バックアップ保存先に十分な空き容量があることを確保したい場合、バックアップの自動クリーンアップを有効化できます。
バックアップイメージから復元するには「復元」をご利用ください。
クラウドストレージへバックアップするには、事前に関連するアプリケーションをサーバーにインストールしてください。

複数台のサーバーをバックアップする必要がある場合は台数無制限のサーバーバックアップソフト-AOMEI Backupper Technician Plusを選択することを検討してください。また、一つのコンピューターで複数のサーバーを集中的にリモート管理する最高な集中管理型バックアップソフト-AOMEI Centralized Backupperは中小企業にとって最善なバックアップ対応策です。

AOMEI Centralized Backupperで管理対象のサーバーをバックアップする方法

まとめ

Windows Serverのオフサイトバックアップでは、保有するデータの保護を最大限に強化します。AOMEI Backupper Serverはこの作業を実行するため、最も便利なツールです。更に、このソフトは強力なクローン機能を備えています。再インストールせずにWindows Server 2019を新しいHDDにクローンすることができます。今すぐダウンロードし、使ってみましょう!