USBメモリを挿すと自動的にバックアップするようにします

USBメモリをパソコンに差し込むと自動的にデータをバックアップする簡単な方法を探してるの?ファイルやフォルダはUSBメモリから自動バックアップするには今回の記事を必ず読んでください。

USBメモリを挿すと自動バックアップを行います

弊社のユーザーからの質問PCのUSB端子に挿入すると自動的にこのキングストンの16GB USBメモリをバックアップしたいんだ。このUSBにはたくさんの学校プロジェクトやファイルが含まれているため、非常に重要です。忘れちゃったことがよくあるから、毎回毎回USBメモリを使うたびにバックアップするのは自分にとって面倒で不可能なんだ。ググるでWindowsのタスクスケジューラとrobocopyを組み合わせて実現する方法を見つけたが、難しいから断念した。自動的に接続したときにUSBメモリをバックアップする方法にはありますか?

Samsung、Toshiba、SanDisk、LexarやSonyなどのメーカーより発売されたUSBメモリは広く普及した。持ち歩けられるUSBメモリは非常に紛失しかねないので、データの安全を確保ためにパソコンにバックアップは欠かせないんだ。逆に、一部のユーザーがPCのデータをUSBメモリに自動的にバックアップするニーズがある。確かに、USBメモリの自動バックアップが重要なことだ。こういう自動バックアップを達成するため、まずはプロのツールを見つけることです。

誰でもできるバックアップ!

AOMEI Backupper Professionalは利用可能な最も強力なバックアッソフトであり、高機能なユーティリティーを沢山備えているにもかかわらず、驚くほど簡単なユーザーインタフェースでパソコン初心者でもバックアップを楽に作れる。このソフトはUSBメモリが接続時に簡単にバックアップする方法を提供します。それは「バックアップスケジュール」を作成することだ。

AOMEI Backupper Professionalを使用してクリックでスケジュールをつけ、パソコンにUSBメモリが挿入されるというイベントが起こるたびにバックアップタスクが実行される。ファイルを一つのイメージにまとめてバックアップする形式だけではなく、そのままターゲットフォルダに移動し、つまり、自動的に同期することもサポートします。頻繁に使用するファイルに対して、すぐにアクセスできる「ファイル同期」機能を選択するのをお勧めします。ただし、安全にコピーを作成するには、自動バックアップが最適です。

AOMEI Backupper ProfessionalはWindows XP/7/8/8.1/10に対応しているので、Windowsユーザーは購入してインストールだけでこの素晴らしいツールの機能を利用できるようになる。ところで、一つのライセンスは二台のPCに使用できて、お買い得でしょう。

お買い求めはこちらから

ステップバイステップ➡自動バックアップタスクの設定

今回の記事は挿入すると自動的にファイルをUSBドライブからパソコンに同期(コピー)する方法を説明します。

  • 1. USBメモリをパソコンに接続し、このUSBドライブがOSに検出されて、ドライブレターを振り割られたことを確認する。

  • 2. AOMEI Backupperを実行し、左側のパネルにある「バックアップ」→「同期」をクリックします。ファイルをバックアップするには「ファイルバックアップ」をクリックします。USBメモリ全体をバックアップするなら、「ディスクバックアップ」をクリックすることです。

  • ファイル同期
  • 3. 他のタスクと区別するためにタスク名をつけて、「フォルダを追加」をクリックし、「ブラウズ」をクリックして、USBメモリから同期するファイルを追加します。 ファイルを追加します

ヒント

●複数のフォルダを追加することができます。


●「フィルタオプション」で、選択したフォルダから特定のファイル拡張子を使用してバックアップしたくないファイルを除外することができます。

フィルタオプション

  • 4. 同期されたファイルを格納する宛先パスを選択します。ネットワークパスとクラウドドライブがサポートされています。 宛先パス

  • 5. 下の「スケジュール」をクリックし、ポップアウトウィンドウのドロップダウンリストから「USB挿入」を選択します。

    USB挿入

ヒント

●「毎日一度に実行します」オプションをチェックすると、一日何回差し込んでも同期は一回だけを行います。

  • 6. 「開始」をクリックしてスケジュールを追加するか、タスクをすぐに実行します。 開始

ヒント

●バックアップを行う場合、「オプション」にバックアップイメージを暗号化、圧縮、または分割する選択肢があります。


●「リアルタイム同期」はターゲットフォルダかファイルを監視して、変更があればすぐに同期する機能です。


●「ホーム」タブですべてのタスクを管理できます。

次回USBメモリをパソコンに接続すると、AOMEI Backupper Professionalはこのタスクを実行し、ファイル同期を自動的に行います。これから、USBメモリのバックアップ/同期を忘れて、単純に使うようになります。

まとめ

ここで簡単なクリックだけで差し込むと自動的にUSBメモリをバックアップする方法が分かるようになる。データの損失をまったく心配する必要がなくなる。必要に応じて、スケジュールでさらに多くのバックアップモードを利用できる。

バックアップのほかに、AOMEI Backupperは、アップグレードやバックアップを行うためブータブルUSBドライブをクローンできる。このソフトを持ってシステムバックアップまたはディスクバックアップ機能を使用してコンピュータをずっと保護しましょう。