By Comnena / 最後の更新 2022年09月16日

Windows Serverのシステム復元

システム復元

予期しないことが起こった場合、Windows Server 2008/2012/2016/2019/2022を以前の日付に復元するにはどうすればよいですか?いくつかの設定とブートファイルを含むシステム状態の場合、通常はWindows内で復元できます。ただし、Windows Serverバックアップから完全に復元するには、Windows回復環境(WinRE)で復元する必要があります。

WindowsからWinREにアクセスできない深刻な状況では、Windows Serverインストールディスクまたはリカバリディスクを使用して、マシンをリカバリ環境で起動できます。また、サーバーの完全な復元を開始する前に、復元先のハードドライブにバックアップされたディスクと同じかそれ以上の容量があることを確認してください。そうしないと、ディスク容量が不足しているためにバックアップが失敗します。

バックアップからWindows Serverの復元を実行する方法

Windows Serverの「バックアップと復元」の特定の手順は、Windows Serverのバージョンによって異なる場合がありますが、基本的には次の手順に従うことができます。

手順 1. 必要に応じて、インストールディスクを使用してWindows ServerをWinREで起動します。適切な設定を選択し、「次へ」をクリックします。

適切な設定を選択

手順 2. 次のウィンドウで、「コンピューターを修復する」、「トラブルシューティング」、「イメージでシステムを回復」の順にクリックします。

コンピューターを修復する

手順 3. これで、プログラムはサーバーをスキャンしてイメージのバックアップを探し、デフォルトで利用可能な最新のバックアップを選択します。別のバックアップバージョンを選択する場合は、「システムイメージを選択する」オプションをオンにするだけです。

システムイメージを選択する

手順 4. イメージバックアップが配置されているストレージデバイスが、復元するサーバーに適切に接続されていることを確認します。バックアップがネットワーク共有フォルダーに保存されている場合は、バックアップの場所のパスを手動で指定する必要があります。バックアップバージョンを見つける復元する場合は、「次へ」をクリックして続行します。

次へ

手順 5. バックアップバージョンを選択すると、確認画面が表示されます。そこで、「完了」をクリックして復元プロセスを開始します。

完了

その後、サーバーは回復を開始します。イメージのバックアップが大きすぎると、時間がかかる場合があります。手順が完了すると、サーバーが再起動し、サーバーシステムがロードされます。

ただし、回復するサーバーのハードディスクが160GB未満の場合、サーバーの回復は失敗し、サーバーの復元を完了できなかったというエラーメッセージが表示されます。さらに悪いことに、システムの回復に失敗する原因となる他の未知の問題があります。

Windows Serverバックアップに満足できない場合、またはWindows Serverバックアップからの復元に問題がある場合は、サーバーを保護するための簡単な代替手段としてサーバーバックアップソフトウェアを使用できます。

強力なソフトウェアを使用したWindows Serverを復元

AOMEI Backupper Serverは、Windows Server 2008/2012/2016/2019/2022のバックアップおよび復元ツールです。これを使用すると、Windows Serverバックアップを使用するよりも優れたパフォーマンスでWindowsサーバーのバックアップと復元を実行できます。

システム復元、ディスク/パーティション復元、ファイル復元など、さまざまな種類の復元をサポートしています。
スケジュールバックアップを実行してから、増分バックアップと差分バックアップを実行できます。利用可能なスケジュールモードは、デイリー、ウィークリー、マンスリー、イベントトリガー、およびUSB挿入の5つです。
古いバックアップを自動的に削除して、ストレージスペースを解放することができます。
使用されていたかどうかには関係なく、パーティションまたはディスク上のすべてのセクターをバックアップしてから復元できます。
ユニバーサル復元で異なるハードウェアを搭載した別のコンピュータで作成したバックアップイメージを復元することができます。

サーバーが起動できなくなったときにサーバーを復元するために、サーバーの完全バックアップとブータブルメディアを事前に作成できます。

無料体験 ServerとPCの全バージョン
安全かつ高速

Windows Serverを復元するには:

手順 1. AOMEI Backupperを開くか、Windows Serverの読み込みに失敗した場合は、AOMEI Backupperによって作成された起動可能なメディアから起動します。メインインターフェイスで、「復元」オプションをクリックし、「タスクを選択」をクリックします。

タスクを選択

手順 2. 次の画面で、使用可能なすべてのバックアップバージョンが一覧表示されます。復元する必要のあるバックアップがリストにない場合は、「イメージファイルを選択」をクリックしてイメージバックアップを見つけることができます。

イメージファイルを選択

手順 3. バックアップファイルを指定した後、必要に応じてバックアップバージョンを選択し、「次へ」をクリックして続行します。異なるハードウェアを搭載したコンピューターを復元するには、「ユニバーサル復元」にチェックマークを付けて、復元後の安全な起動を確保します。

ユニバーサル復元

手順 4. 次に、操作を確認し、「開始」をクリックして復元を開始します。

まとめ

これが、Windows Serverのバックアップを復元する方法です。組み込みのユーティリティではなく、サーバーをバックアップするための簡単で柔軟な方法が必要な場合は、AOMEI Backupper Serverを試すことができます。Windows Serverバックアップと比較してより強力な機能を提供します。たとえば、複数のスケジュールされたバックアップタスクを作成し、バックアップを異なるハードウェアに復元できます。

社内で無制限のPCとサーバーを保護したい場合は、AOMEI Backupper Technician Plusを選択できます。無限のユーザーに有料な技術サポートを提供します。