By Comnena / 最後の更新 2021年08月24日

Windows 10で回復環境が見つかりません?!

Windows 10 PCをリセットまたは更新しようとすると、「回復環境(RE)が見つかりません」というメッセージが表示されます。Windowsインストールメディアかリカバリメディアを挿入し、PCを再起動するよう求められます。でも私がそういう通りにしていなく、リカバリモードから復元したいです。しかし、「トラブルシューティング」の下にオプションが表示されません。どうすればいいですか?

-あるユーザーからの質問

回復環境が見つかりません

通常は、「トラブルシューティング」の下に「PC を初期状態に戻す」と「詳細オプション」2つのオプションがあります。この2つのオプションが表示されないと、Windows 10の「トラブルシューティング」を利用できなくなると説明します。つまり、Windowsインストールメディアかリカバリメディアを挿入しない限り、Windows 10回復オプションのいずれかを使用することはできません。

「回復環境が見つかりません」エラーを起こす原因

このエラーは、多くの原因がありますが、以下の原因は最も可能性が高いです。

Windows RE環境が無効になった
Winre.wimファイルが破損した
Windows10のインストールディスクが壊れている

豆知識通常、Winre.wimファイルはWindowsのリカバリパーティションに配置されています。隠されたため、ドライブ文字がなくてWindowsのファイルエクスプローラで表示されません。Winre.wimファイルを表示するには、「ディスクの管理」または「Diskpart.exeコマンド」を使用してリカバリパーティションにドライブ文字を割り当てればいいです。

場合によっては、システムディスクにリカバリパーティションがありません。この時Winre.wimファイルは通常、隠しフォルダである「C: ¥Recovery」にあります。

「回復環境が見つかりません」エラーを起こす原因が分かった上で、これからプロな解決チュートリアルを詳しく説明します。

「回復環境が見つかりません」エラーを修正する3つの方法

まず、Windows REの状態を確認してみてください。Windows REの場所が見つからない場合は、Winre.wimファイルを探し出すか、別の場所からコピーする必要があります。また、WindowsインストールファイルからWinre.wimファイルを抽出することもできます。

方法 1. Windows回復環境を有効にする

回復環境をチェックするには、コマンドプロンプトでコマンド「reagent/info」を実行することができます。

手順 1. Windowsの検索ボックスに「CMD」と入力し、Enterキーを押します。見つけて右クリックし、「管理者として実行」を選択します。

手順 2. 「reagent/info」と入力し、Enterを押します。

手順 3. 無効になっている場合は、「reactc/enable」と入力して再度有効にしてください。

回復環境の状態を確認

Windows REの状態が有効で、引き続き回復環境が見つからない場合は、Windows REの場所が有効かどうかをチェックする必要があります。Windows REのイメージファイルが破損または欠落している場合、Windows回復オプションを使用できません。

方法 2. Winre.wimファイルが見つからないか破損したのを修正する

▶ Winre.wimが見つからない場合は:

コマンドプロンプトで、「dir /a /s c:¥winre.wim」コマンドと入力してCドライブ上のWinre.wimファイルを検索します。

まれに、Winre.wimファイルが別のドライブに格納されている可能性があります。この時、Cを対応するドライブ文字に変更する必要があります。たとえば、Winre.wimファイルがDドライブに格納されている場合は、「dir /a /s d:¥winre.wim」と入力します。

▶ Winre.wimが見つかり、無効である場合は:

コマンド「reagentc /setreimage /path [Winre.wimのパス]」を入力できます。例えば、「Reagentc /setreimage /path C:¥Recovery¥WindowsRE」

▶ Winre.wimが破損している場合は:

同じWindowsバージョンを実行する別のコンピュータからWinre.wimファイルをこのコンピュータにコピーすることができます。Install.esdファイルがある場合は、そのファイルを抽出すると、Winre.wimファイルを取得できます。コンピューターにWinre.wimファイルを取得したら、「reagentc /setreimage /path [Winre.wimのパス]」コマンドを実行してWindows回復環境の場所を指定することを忘れないでください。

方法 3. Windowsインストールメディア・リカバリメディアを使用する

Windows 10のリカバリディスクまたはインストールドライブを持っている場合は、このエラーを修正する必要はありません。代わりに、Windows 10を初期状態に戻したり、その他のリカバリオプションを使用したりできます。他には、別のコンピュータからリカバリディスクを作成して回復オプションを使用することもできます。

回復環境にアクセスしてシステムを復元する簡単な方法

Windows 10の回復オプションは時々動作しない場合があるため、システム保護(システムイメージバックアップ)を作成することを検討する必要があります。また、大切なデータを定期的にバックアップする習慣を身につけておくべきです。

AOMEI Backupper Standardは、Windows 10/8.1/8/7/XP/Vistaをサポートするフリーソフトです。OSを定期的にバックアップするための完全な機能を提供し、コンピューターがクラッシュしたり、起動に失敗したりした場合にシステムを回復するための回復環境(WinPE)を作成できます。

簡潔なインターフェースにより、操作全体をスムーズかつ簡単に行うことができます。ここからバックアップソフトウェアを無料でダウンロードし、以下のガイドに従って試してみてください。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

回復が必要な場合に備えて、自動システムバックアップを作成する

手順 1. AOMEI Backupper Standard(無料)をダウンロードし、インストールして実行します。

手順 2. 「バックアップ」タブ下の「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

手順 3. この画面で自動的にシステムパーティションが選択されています。バックアップ先のディスクを選択すればいいです。

ロケーションパス

手順 4. 定期的にバックアップを作成するには、画面の一番下にある「スケジュール」で、「毎日、毎週、毎月...」を設定することができます。その後、「開始」をクリックしてバックアップを実行します。

★ノート:
フルバックアップに加えて、増分または差分バックアップ(Pro版でサポート)を実行して、変更されたファイルのみを保存することもできます。
バックアップスキームを使用すると、古いバックアップを自動削除できます。AOMEI Backupper Professionalで利用できます。
システムイメージの作成は、ユニバーサル復元機能(Pro版でサポート)を介して別のコンピューターに復元できます。これは、事前の準備なしでコンピューターに障害が発生した場合に特に役立ちます。

ブートメニューに使いやすい回復オプションを追加する

ブートオプションメニューに「AOMEI Backupper回復環境」を追加する必要があります。したがって、Windows 10が回復環境を見つけられなかった場合でも、オプションからWinPEに入り、AOMEI Backupperを介してシステムバックアップを復元できます。

手順 1. ソフトウェアを起動し、「ツール」タブに移動して、「一般的なツール」下の「回復環境」を選択します。

回復環境

手順 2. ポップアップウィンドウで、回復環境の起動オプションを有効にしてから、その待機時間を選択します。

待機時間を選択

任意のコンピューターで使用できるブータブルメディアを作成する

現在のコンピューターでのみ機能するブートオプションとは異なり、作成したブータブルメディアは、同じバージョンまたはそれ以前のバージョンのWindowsを実行しているすべてのコンピューターで使用できます。これを使用すると、問題のあるPCを回復環境で起動し、AOMEI Backupperを介してシステムを復元できます。

手順 1. 「ツール」タブに移動し、「ブータブルメディアの作成」を選択します。

ブータブルメディアの作成

手順 2. ブータブルメディアの種類を選択します。Windows PEをお勧めします。作成されたディスクは、レガシー/MBRとUEFI/GPTの両方と互換性があります。

ブータブルメディアの種類を選択

手順 3. ターゲットメディアを選択します。USBブートモード、CD/DVDドライブを選択するか、ISOファイルをエクスポートすることができます。「次へ」をクリックして作成を開始します。

123

このようにして、コンピュータに問題が発生したときに、ブータブルメディアを介してシステムを復元できます。

まとめ

Windows 10が回復環境を見つけられないという問題が発生した場合は、上記の方法を試して修正してください。または、AOMEI Backupperを使用して、効果的なシステムの復元のためのシステムイメージと回復環境を作成できます。

AOMEI Backupperには、個人使用のための完全に無料のStandard版があります。社内の台数無制限のコンピューターを保護したい場合は、AOMEI Backupper Technician Plusを試してみてください。

この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。

最後までありがとうございます。