By Comnena / 最後の更新 2021年02月22日

Windows10回復環境の概要

Windows回復環境(WinRE)は、Windows8.1およびWindows10にプリロードされた回復環境であり、コンピューターが起動できないときに修復、リセット、または診断することができます。また、このプロセスは手動でも自動でもかまいません。その中で、WinREは、次の問題を検出した後に自動的に起動します。

  • 2回連続して起動に失敗する。

  • 起動完了から2分以内に2回連続して予期しないシャットダウンまたはシステムが再起動する。

  • セキュアブートエラー(Bootmgr.efiに関連する問題を除く)

  • タッチのみのデバイスでのBitLockerエラー

WinREは、Windowsプレインストール環境(Windows PE)に基づいており、winre.wim、boot.sdi、ReAgent.xmlを含む3つのファイルで構成されています。

  • winre.wim – WinPEといくつかの追加の回復ツールを備えたWIMイメージ。このPCのリセット、システムの復元、スタートアップの修復、システムイメージの回復、コマンドプロンプトなどが、青色の「オプションの選択」画面または「トラブルシューティング」画面に表示されます。

  • boot.sdi – このファイルは、メモリ内にRAMディスクを作成するために使用されます。

  • ReAgent.xml – このファイルはWindowsRE構成ファイルであり、追加のドライバー、言語、Windows PEオプションコンポーネント、およびその他のトラブルシューティングおよび診断ツールによってWinREをカスタマイズするのに役立ちます。

Windows回復環境

コマンドプロンプトを使用してWindows10回復環境を有効にする方法

手順 1. 管理者権限を使用して管理者特権のコマンドプロンプトを開きます。

手順 2. コマンドプロンプトウィンドウにreagentc /infoと入力し、Enterキーを押します。

手順 3. 次に、Windows RE statusを探して、Windows10回復環境のステータスを確認します。EnabledまたはDisabledにできます。

手順 4. Disabledになっている場合は、reagentc /enableと入力し、Enterキーを押してWinREを有効にします。

windows 回復 環境 コマンド プロンプト

コマンドプロンプトを使用してWindows10回復環境を無効にする方法

手順 1. コマンドプロンプトウィンドウを開き、管理者として実行します。

手順 2. Windows10の回復環境のステータスを確認します。コマンドラインreagentc /infoを入力して、Windows RE statusを探すことができます。

手順 3. reagentc /disableと入力し、Enterキーを押して、Windows10回復環境を無効にします。

トラブルシューティングのためにWindows10回復環境を起動する方法

Windows 10回復環境を起動して、コンピューターのトラブルシューティングを行うために使用できる方法がたくさんあります。必要に応じて以下の方法の1つを選択してください。次に、それらについて詳しく学びましょう。

方法1:組み合わせキーを使用する

「スタート」>「電源」を選択し、Shiftキーを押しながら「再起動」をクリックします。

再起動

方法2:PCの起動をカスタマイズする

「スタート」>「設定」>「更新とセキュリティ」>「回復」を選択し、「PCの起動をカスタマイズする」オプションの下にある「今すぐ再起動」をクリックします。

今すぐ再起動

方法3:シャットダウンコマンドラインを使用する

コマンドプロンプトウィンドウを開き、shutdown /r /oコマンドラインを実行します。

windows 回復 環境 コマンド プロンプト

方法4:Windows10リカバリドライブを使用する

手順 1. リカバリメディアをコンピュータに挿入し、検出できることを確認します。次に、コンピューターを再起動して、初期画面に表示される特定のキーを押します。

手順 2. 「コンピューターの修復」オプションが表示されるまで、「次へ」をクリックします。次に、2つのオプションがある「トラブルシューティング」ウィンドウにアクセスします。「このPCを初期状態に戻す」をクリックすると、ファイルを保持したままWindows10をリセットできます。

手順 3. それが希望どおりでない場合は、「詳細オプション」をクリックして、必要に応じて回復ツールを選択します。

このPCを初期状態に戻す

方法5:強制的に再起動する

コンピュータを起動し、電源ボタンを押したままにして、起動ロゴ画面が表示されたら完全にシャットダウンします。1回繰り返してから、通常どおりに開始します。

Windows 10回復環境がありません-簡単に修正する方法

回復環境のWindows10回復ツールは、コンピューターを修復する必要がある場合に大いに役立ちますが、通常どおりに機能しない場合があります。

この場合、信頼性の高いバックアップおよび復元ソフトウェアAOMEI Backupper Standardが必要です。「回復環境」機能を使用してWindows10回復環境にアクセスし、Windows10システムイメージを新しいハードドライブに復元することができます。AOMEI Backupperによって作成された少なくとも1つの使用可能なシステムイメージバックアップが必要です。

次に、AOMEI Backupper Standardを使用してWindows10回復環境を有効/無効にする方法を始めましょう。

AOMEI Backupper Standardを使用してWindows10回復環境を有効にする

手順 1. AOMEI BackupperStandardをダウンロードしてインストールします。次に、それを起動し、「ツール」をクリックして、「回復環境」を選択します。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
AOMEI Backupper Standard版

回復環境

手順 2. 次に、「回復環境の設定」ウィンドウが表示されたら、「AOMEI Backupper回復環境を有効にする」オプションにチェックマークを付けます。

AOMEI Backupper回復環境を有効にする

手順 3. ブートメニューの待機時間を設定します。デフォルトでは3秒です。好きな適切なものに変えることができます。次に、「はい」をクリックします。

ブートメニューの待機時間

手順 4. そして、確認ダイアログが表示されるので、「はい」をクリックして確認し、作成を開始します。

確認ダイアログ

正常に作成した後、設定が保存されています。AOMEI Backupper回復環境のブートオプションは次回システム起動時に有効になります。

AOMEI Backupper Standardを使用してWindows10回復環境を無効にする

手順 1. このソフトウェアを再度起動し、「回復環境」に移動します。

手順 2. 「回復環境の設定」ウィンドウで、「AOMEI Backupper回復環境を有効にする」オプションのチェックを外し、「はい」をクリックして確認します。

回復環境の設定

ノート:
✦ このツールは現在、Windows7より前のシステムをサポートしていません。
✦ ツールは現在、動的システムをサポートしていません。
✦ ソフトウェアが自動的に更新または登録された後、回復環境を更新することをお勧めします。
✦ 回復環境の喪失が検出された場合は、回復環境を更新して、回復環境が使用可能であることを確認します。

ヒント:
✦ 正常に動作しているときにWindows10でシステムイメージのバックアップを作成することをお勧めします。これにより、リカバリ環境を使用してシステムイメージを新しいハードドライブに復元できます。可能であれば、後で行われた変更を追跡するためにバックアップシステムをスケジュールしてください。
✦ AOMEI Backupperによって作成された回復環境は、パスC:\Aomei Recoveryの下に保持されます。Cドライブが拭かれたり損傷したりすると、機能しなくなります。起動可能なUSBを作成してから、イメージを復元できます。

まとめ

Windows 10回復環境については以上です。有効化、無効化、および起動について学習できます。その後、回復環境で回復ツールを使用してコンピューターを修復し、正常な状態に復元できます。

さらに、AOMEI Backupper「回復環境」を使用してWindows10リカバリ環境にアクセスし、イメージを復元するか、バックアップおよびリカバリ操作を試すことができます。

つまり、これは強力なソフトウェアであり、データとシステムを安全に保護するのに役立ちます。ダウンロードしてお試しください!社内の台数無制限サーバーでデータとOSを継続的に保護したい場合、AOMEI Backupper Technician Plusのような高度なバージョンにアップグレードすることを推薦します。