By AOMEI / 最後の更新 2020年04月01日

Windows SBS 2008をバックアップする理由

Windows Server 2008 (ウィンドウズサーバー2008)は、マイクロソフトによって開発・提供されているWindows Server 2003の後継となるオペレーティングシステムです。

Windows Server 2008は各分野の企業で随分普及されています。なぜなら、サーバーコンピューターであらゆるビジネス記録、貴重なソフトウェア、機密ファイルや重要な顧客情報を保存する可能です。そのため、それらのデータを一旦紛失すると、会社に莫大な経済損害をもたらだけじゃなく、この社会の公共資源も影響されるかもしれません。それに、この責任を誰かに詰ることも分かりません。

システムクラッシュ、ディスクの崩壊、ウイルス攻撃やヒューマン エラーなどの二次元事故はデータ損失につながることが分かっていました。一方、地震、雷撃、物理衝撃などの自然災害もその原因となる可能性があります。

すなわち、様々な事故は情報安全を脅かしています。それを防ぎ、損失を減らすのが全てのコンピューターユーザーにとっては同じの課題です。でも、心配すぎる必要がない、問題があれば必ず策略が出てきます。「バックアップ」はその完璧な解決方法です。

バックアップと復元ソフトを利用し、サーバー上のデータイメージを丸ごとコピーするを強くお勧めします。万が一、意外が発生したら、「復元」機能でバックアップされたデータを全て回復することができます。

どのようなバックアップフツールを選択する?

市場には色んなバックアップソフトがありますが、性能がダメか、価格が高すぎなどの問題も伴います。ステキなソフトはそれなりの体験を与えます。だからユーザーからの評判に基づいて選択するのが良いです。

Windows SBS 2008をバックアップするには、AOMEI Backupper Serverは絶好の選択となります。ビジネスやホームユーザー向けの機能豊富、使いやすいバックアップと復元ソフトであります。三つの主要なバックアップオプション:ディスクバックアップ、パーティションバックア ップ、システムバックアップを提供しています。その上に、クローン機能も利用可能です。

では、ここでAOMEI Backupper ServerでWindows SBS 2008をバックアップと復元する方法をいちいち説明します。

AOMEI Backupper Serverについて

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019(R2を含む)、Windows SBS/2008/2011、およびWindows PCシステムをサポートします。


無料体験

Serverユーザー用

ダウンロード数が2千万回を超えた

パート 1. バックアップを作成する方法

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverをインストールして、起動します。「バックアップ」、「ディスクバックアップ」を選択します。

ディスクバックアップ

ステップ 2. 「ディスクを追加」をクリックして、バックアップしたいディスクを選択します。

ソースディスク

ステップ 3. そして、ターゲットパスを選択します。

ターゲットディスク

ステップ 4. ニーズに応じて、「スケジュール」をクリックして、特定のバックアップ時間とバックアップタイプを設定することができます。

スケジュール

ステップ 5. 「開始」をクリックしてから、バックアップが実行されます。

開始

パート 2. 復元する方法

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverのホームページで「復元」、「タスクを選択」をクリックします。

復元

ステップ 2. 「Disk Backup」を選択し、「次へ」をクリックします。

ディスクバックアップ復元

ステップ 3. 必要に応じて二つの選択肢から1つを選択します(ここでは、「ディスク全体を復元」を例とします)。

ディスク全体を復元

ステップ 4. 復元先のディスクを選択します。

復元先を選択

ステップ 5. ターゲットディスクはSSDの場合、「4K アライメント」をオンにします。そして「開始」をクリックします。

開始

ご注意:このバージョンは1台のサーバーパソコンだけをサポートします。データとOSを継続的に保護したい場合、AOMEI Backupper Technicianのような高度なバージョンにアップグレードすることを推薦します。

最後までありがとうございました。弊社のメールは「[email protected]」で、何か問題があったら気軽にお聞きください。