By Machi / 最後の更新 2022年06月17日

Windows Server 2016でHDDをクローンする理由とは?

Windows Server 2016、2012、2008のどのシステムを使っていても、主要なタスクの1つはデータの安全を確保することです。ご存知のように、システムあるいはハードディスクの故障を引き起こす要因はたくさんあります。もし、深刻なデータ損失を防止したいなら、Windows Server 2016の入るディスクをクローンするのは効果的なソリューションです。

また、技術の進歩に伴い、ハードディスクは常に更新されています。Windows Server 2016のOS/アプリケーションの再インストール/再設定せずに、古いハードディスクを交換してサーバーの性能を向上させたいなら、クローンはベストな選択です。

windows server 2016

Windows Server 2016でHDDをSSD/大容量HDDにクローンする方法2つ

ここでは、Windows Server 2016のクローンを作成する方法を2つ紹介します。1つはディスクバックアップを作成してから復元することでWindows Server 2016を移行します。もう1つは強力なソフトのクローン機能を使ってWindows Server 2016を直接コピーすることです。必要に応じていずれかの方法を選択できます。

方法1. Server 2016のHDDをバックアップしてからSSD/HDDに復元

Windows Server 2016には、Windows Server バックアップ(WSB)というバックアップソフトが搭載されています。これを利用して、Windows Serverのイメージバックアップを作成し、別のディスクに復元することができます。

▶ Windows Server 2016のHDDをバックアップする

ステップ 1. 「サーバーマネージャー」→「ダッシュボード」→「役割と機能の追加」をクリックし、Windows Server バックアップをサーバーに追加します。

役割と機能の追加

Windows Server バックアップ

ステップ 2. 「サーバーマネージャー」→「ツール」→「Windows Server バックアップ」→「ローカルバックアップ」をクリックします。必要に応じて「バックアップスケジュール」「単発バックアップ」を選択します。

バックアップ

ステップ 3. ウィザードに従って、バックアップの構成、バックアップの時間、バックアップの保存先を設定します。「確認」ページですべての設定を確認し、問題がなければ、「バックアップ」をクリックし、Windows Server 2016のバックアップを作成します。

バックアップ

▶ SSD/大容量HDDにバックアップイメージを復元する

ステップ 1. バックアップイメージの入るドライブをサーバーに接続します。検出できることを確認します。「Windows Server バックアップ」→「ローカルバックアップ」→「回復」を選択します。

回復

ステップ 2. 「はじめに」画面で、「このサーバー」を選択して、「次へ」をクリックします。

このサーバー

ステップ 3. ウィザードの指示に従って、バックアップの日付、回復の種類、回復する項目を選択し、回復オプションを指定します。最後に、「回復」をクリックして開始します。

回復

Windows Server バックアップを使用してHDDをSSDまたは大容量HDDに移行するには、多くの制限があります。例えば、Windows Server 2016のディスクイメージを異なるマザーボード/プロセッサを持つ別のサーバーにクローンする場合、失敗する可能性があります。

そのため、Windows Server 2016をクローンするために、代替案を検討することができます。ここでは、Windows Server向けのプロのクローンソフト-AOMEI Backupper Serverを強くお勧めします。

方法2. AOMEI BackupperでServer 2016のHDDをSSD/HDDにクローン

AOMEI Backupper ServerはWindows Server バックアップの最高の代替ソフトで、Windows Server 2016に加えて、Windows Server 2022/2019/2012(R2)/2008(R2)/2003とWindows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPにも対応しています。豊富なオプションと機能で、Windows Serverのバックアップやクローン作成が可能です。

Windowsを再インストールすることなく、Windows Server 2016のクローンを作成できます。ディスク/パーティション/システムクローンの3つのクローンモードをサポートしています。ニーズに応じて異なるクローンを作成できます。
デフォルトで、使用されているセクターのみクローンするので、大容量ディスクから小容量ディスクへのクローンが可能です。
通常、GPTディスクからMBRディスクにクローンする場合、GPTディスクのプライマリパーティションが4つ以下であることを確認する必要がある、または、MBRをGPTに変換する必要があります。しかし、このソフトウェアを使えば、余分なプライマリパーティションを自動的に論理パーティションに変換します。変換せずに、MBRからGPTへ直接クローンすることもできます。
UIデザインがシンプルでわかりやすく、操作も簡単で、初心者でも気軽に使えます

では、AOMEI Backupper Serverを使用して、Windows Server 2016のHDDをSSD/大容量HDDにクローン・移行する方法をご紹介しましょう( •̀ .̫ •́ )✧

開始する前に、3つの準備作業を行う必要があります:

1. AOMEI Backupper Serverをダウンロードし、インストールします。

Serverの無料体験版 ServerとWindows PCの全バージョン
安全かつ高速

2. クローン完了後、ターゲットとしてのSSD/HDDにあるすべてのデータが上書きされるので、あらかじめ重要なファイルをバックアップしてください。

3. クローン先は外付けハードディスクである場合、あらかじめそれをパソコンに接続し、検出できることを確認します。

外付けハードディスク

ステップ 1. AOMEI Backupperを開きます。「クローン」→「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ステップ 2. Windows Server 2016の入るHDDをソースディスクとして選択し、「次へ」をクリックします。

ソースディスク

ステップ 3. 新しいSSD/大容量HDDを保存先として選択し、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

ステップ 4. すべての設定を確認し、問題がなければ、「開始」をクリックして、Windows Server 2016のクローンを実行します。

開始

★下に3つのオプションがあります。クリックし、クローンをカスタマイズできます:
パーティションを編集ターゲットディスクの容量はソースディスクと同じまたはより大きい場合、このオプションでターゲットディスクのパーティションのサイズを手動/自動で調整できます。
セクター単位のクローンターゲットディスクの容量はソースディスクと同じまたはより大きい場合、このオプションにチェックを入れると、使用されているかどうかにかかわらず、すべてのセクターをクローンします。
SSD 4KアライメントターゲットディスクはSSDである場合、このオプションにチェックを入れると、クローンした後、SSDの性能を向上させます。

クローンしたSSD/HDDからWindows Server 2016を起動する方法

Windows Server 2016の入るHDDをSSD/大容量HDDにクローンした後、クローンしたディスクからWindows Server 2016を起動するには、「BIOS」で起動ドライブを変更する必要があります。詳細については、読み続けてください。

ステップ 1. PCを再起動し、メーカーのロゴが表示されると、メーカーによって特定のキーを押し続けて、「BIOS」に入ります。

bios起動キー

ステップ 2. 矢印キーで「Boot」タブに移動し、クローンしたSSD/HDDを最初に起動するドライブとして設定します。

boot

ステップ 3. 「F10」を押して、変更を保存し、終了します。

Windows Serverでのディスククローンに関するよくある質問

1. ディスククローンとディスクバックアップ、どちらが良いのでしょうか?

カスタマイズした設定を含むディスクの状態をコピーしたい場合、あるいは災害時にコンピューターを迅速に復旧させたい場合、クローンを作成する方がよいです。しかし、ディスクを定期的にバックアップすることで、持続的に保護したい場合や、サーバーを異なるハードウェア構成のPCにクローンする必要がある場合は、バックアップの方が適しています。

2.  Windows Server 2012を新しいハードウェアにクローンできますか?

残念ながら、ドライバの非互換性の問題で、Windows Server 2012を異なるハードウェア構成のサーバーに直接クローンできません。この問題を解決するには、「バックアップ」と「復元」機能を使用し、復元時に「ユニバーサル復元」機能にチェックを入ればよいです。

おまけ:クローンされたHDDの再利用/処分

1. HDDの再利用

クローンされたHDDは新しいSSD/HDDのバックアップ保存用ディスクとして使用できます。AOMEI Backupperの「バックアップ」機能で、新しいSSD/HDDを定期的に古いHDDにバックアップすることができます。Windows Server 2016を持続的に保護します。

バックアップ

2. HDDの処分

クローンされたHDDを他人に譲たり、廃棄したりしたい場合、重要なデータの流出を防止するには、徹底的に消去する必要があります。AOMEI Backupperの「ディスク消去」ツールはあなたのニーズを満たすことができます。4つの消去方式に対応し、削除されたデータが復元できないことを確保できます。

消去

まとめ

ご覧のように、AOMEI Backupper Serverを使用して、Windows Server 2016のクローンを簡単に作成できます。Windows Server バックアップと比較して、このディスククローンソフトはより簡単で柔軟です。クローン以外にも、バックアップ、復元、同期、ディスク消去など様々な機能を備えています。

さらに、AOMEI Backupper Serverには「PXEブートツール」という機能が搭載されていて、ネットワーク経由でLAN内の複数台のクライアントパソコンを起動させることができます。企業ユーザーには非常に便利です。

会社内の無制限のPCとサーバーを保護したい場合、AOMEI Backupper Technician Plusをご利用ください。ITプロフェッショナル、システム管理者、技術者、またはコンサルトはこのバージョンを使うと、有料サービスの形でクライアントに技術サポートを提供できます。また、「ポータブル版を作成」機能で、AOMEI BackupperをUSBなどのリムーバブルデバイスにコピーし、インストールせずに他のPCに直接実行できます。今すぐ購入し、データを守りましょう。

無料体験版 無制限のPC&Serverに対応
安全かつ高速