By ゆき / 最後の更新 2020年11月11日

Windows8とはどのようなOSか?

Windows8、Windows8.1を搭載したノートパソコンやデスクトップPC、タブレットが増えてきましたが、Windows8がどのようなOSか知っていますか?従来のWindowsと比べ、インターフェースや操作感が大きく変化しますか?使いにくくなりますか?次はWindows8/8.1を簡単に紹介しましょう。

Win8

Windows 8(ウィンドウズ エイト)は、マイクロソフトがリリースした、Windowsシリーズに属するパーソナルコンピュータおよびタブレット端末用のオペレーティングシステム(OS)である。3種類のプレビュー版のリリースを経て、2012年8月から10月末にかけて正式版が順次リリースされた。2013年10月18日より、Windows 8.1の提供が開始された。Windows 8.1はWindows 8と同一のサポートライフサイクルポリシー下で提供される

--フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』により

Windows 8は米国マイクロソフト社が2012年に発表したパソコンおよびタブレット型端末向けのオペレーティングシステムです。同社の製品、Windows 7の後継バージョンとして開発しています。スマートホン向けのWindows Phone 8同様、タッチパネル操作を前提とした平面的なデザインを持つユーザーインターフェース、Modern UIを採用しました。

    特徴:Windows8(標準ブラウザとしてInternet Explorer 10が搭載される)では、新たに「スタート画面」と「Windowsストアアプリ」が登場しました。つまり、Windows8を起動すると、これまでのデスクトップ&スタートボタンを主体としたインターフェースではなく、アプリケーション(ソフトウェア)や機能のアイコンが並ぶスタート画面が表示されます。キーボードやマウスに加え、タッチによる操作が強く意識されています。

    Windows8のタイル画面これはWindows8のタイル画面

デスクトップへ移動するにはデスクトップのタイルをクリックする必要があります。設定の変更でデスクトップを初期画面にすることはできません(しかし、Internet Explorer 11が搭載されているWindows8.1ではデスクトップ画面を表示した状態でタスクバーで右クリック⇒プロパティでデスクトップ画面からの起動を設定できる)。

なぜ、Windows8でHDDをクローンする?

  • ハードディスクの完全な複製(コピー)を作成するためにWindows8/8.1でハードディスク全体をクローンしたいかもしれません。クローンしたディスクを安全な場所に保存して、バックアップとして使うことができます。※例えば、クローン元のディスクが故障した場合には、クローン先のディスクを直接使用できます。

  • パソコンのパフォーマンスを向上させるためにWindows8/8.1でハードディスクをアップグレードしたいかもしれません。こういう時に、Windows8/8.1を再インストールせず古いHDDを新しいHDDまたはSSDに交換する最善の方法はディスククローンを作成するということです。

★ここでは、強力なHDDクローンフリーソフト「AOMEI Backupper Standard」を強くお勧めします。ディスククローンだけでなく、パーティションクローン、バックアップ&復元、ファイル同期、ブータブルメディア作成などの機能も備えています。起動ディスクをクローンした後にクローン先のディスクも起動可能になります。

※補足:AOMEI Backupper Professional版にアップグレードすると、差分バックアップ、リアルタイム同期(如何なる削除/追加/編集操作は同期元のフォルダから同期先のフォルダへ同期される)/ミラー同期(同期先のフォルダは常に同期元のフォルダと同じファイルを保持する)/双方向同期(一方でファイルを変更するともう一方のディレクトリで同期を取る)、システムクローン、ユニバーサル復元など、もっと高度な機能が利用可能です。また、Windows Server 2008(R2)、2012(R2)、2016、20019の場合はAOMEI Backupper Server版(有料)を選んでください。

Windows8を再インストールせずHDDを交換する方法

AOMEI Backupper Standardはデータディスクのクローン及びMBR起動ディスクからMBRディスクへのクローンだけをサポートします。起動ディスクをMBRからGPTへ、GPTからGPTへ、またはGPTからMBRへクローンする場合、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードしてください。

▼次はAOMEI Backupper Standardを使用して、Windows8/8.1でシステムハードディスク(MBR)をハードディスク(MBR)にクローンする方法・手順を見てみましょう。

ステップ 1. この無料クローンツールをダウロードし、インストールし、起動します。「クローン」 タブの「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ステップ 2. クローンしたいソースディスクを選択して 「次へ」をクリックします。

クローン元のディスク

ステップ 3. ターゲットディスクを選択して「次へ」をクリックします。

クローン先のディスク

※注:ターゲットディスク上の既存データがすべて上書きされるので、事前に重要なデータをバックアップしておくことをお勧めします。

ステップ 4. ここでは「パーティションを編集」「SSD 4Kアライメント」「セクター単位のクローン」を利用して、クローンタスクの詳細設定を行うことができます。

ディスククローン設定

ステップ 5. 最後は操作概要を確認し、問題なければ「開始」をクリックします。

プロセスが終了するまで待ちます。それから「完了」をクリックします。ディスククローンにかかる時間はソースディスクの容量によリ異なります。また、AOMEI Partition Assistantを使用してWindows8/8.1でHDDをクローンすることもできます。

ハードディスクのクローン作成が完了した後にパソコンの電源を切ります。古いハードディスクを外して、新しいハードディスクのみ接続された状態で起動させます。※もし従来のハードディスクを使い続けたいなら、パソコンのBIOSで起動ドライブを古いハードディスクから新しいハードディスクに変更し、新しいハードディスクから起動するよう設定してください。

最後の言葉

Windows8/8.1についての概要、Windows8/8.1でハードディスクをクローンする理由、Windows8/8.1を再インストールせずにHDDを新しいHDDと交換する方法は以上です。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。