Windows 8/8.1でHDDをクローン・交換する方法

HDDの交換は、パソコンのパフォーマンスを維持するために必要不可欠な作業です。本記事では、Windows 8/8.1環境でHDDをクローンし、新しいドライブに交換する方法を詳細に解説します。興味のある方、ぜひ続けてご覧ください。

ゆき

By ゆき 最後の更新 2024年06月18日

共有: instagram reddit

なぜWindows 8/8.1でHDDをクローン・交換するか?

最近、多くのWindows 8/8.1ユーザーは、HDDをクローン・交換する方法を探しています。これはなぜでしょうか?HDDをクローン/交換する理由とは?

Win8

パソコンの性能向上やストレージの増強を図るために、HDDをクローンし、交換する方法は非常に有効です。特にWindows 8/8.1を使用している場合、古いHDDを新しいHDDやSSDにクローンすることで、システムのパフォーマンスを向上させ、データの安全性を確保することができます。

また、一部のユーザーは完全な複製(コピー)を作成するためにHDDをクローンします。クローンしたディスクを安全な場所に保存して、バックアップとして使うことができます。こうすれば、クローン元のディスクが故障した場合には、クローン先のディスクを直接使用できます。

Windows 8/8.1でHDDを交換・クローンするための最高のソフト

Windowsにはクローン機能がないので、HDDをクローンするにはサードパーティー製のクローンソフトを使用する必要があります。

Windows 8.1でHDDからSSDに変換する場合ディスク0とディスク1はGPT,MBRが同じゃないと変換できないんでしょうか?同じにする方法も合わせてご教授お願い致します。

- Yahoo!知恵袋からの質問

恐らく、多くのユーザーはクローンソフトを探している場合に、上の質問があるでしょう。実は、優れたクローンソフトを使用すれば、パーティションスタイルを変換せず、ターゲットとしての新品SSD/HDDをフォーマットせず、直接クローンできます。

AOMEI Backupper Professionalはこのようなクローンソフトです。この強力なソフトは、ディスククローンだけでなく、パーティションクローン、システムクローンもサポートしています。いくつかのクリックだけでHDDを他のHDD/SSDに簡単にクローンすることができます。

多くの高度な機能を備えるため、クローン作成前後の時間と手間を最大限に節約できます。初心者から技術者までのニーズを満たすことができます。

  • 起動可能Windows 8/8.1がインストールされている起動ディスクをクローンした後にクローン先のディスクも起動可能になります。

  • インテリジェントクローンデフォルトでは、使用されているセクターのみをクローンするので、大容量HDDを小容量SSDに簡単にクローンすることができます。また、クローン中にソースディスクの不良セクターもスキップされるので、不良セクターによるクローン失敗を回避することができます。

  • SSD 4Kアライメントクローンした後、ターゲットディスクとしてのSSDの性能を向上させ、寿命を延ばすことができます。

  • 全メーカー製のSSD/HDDに対応Samsung/Crucial/Kingston/WDなど全メーカー製のSSD/HDDに対応しています。

  • 全Windows PCに対応Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPに対応しています。Windows Server 2008(R2)、2012(R2)、2016、20019、2022を使っている場合、AOMEI Backupper Serverをご利用ください。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

Windows 8を再インストールせずHDDをクローンする方法

▼次はAOMEI Backupperを使用して、Windows 8/8.1でシステムハードディスクをハードディスクにクローンする方法・手順を見てみましょう。

ステップ 1. このクローンツールをダウロードし、インストールし、起動します。「クローン」 タブの「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ステップ 2. クローンしたいソースディスクを選択して 「次へ」をクリックします。

クローン元のディスク

ステップ 3. ターゲットディスクを選択して「次へ」をクリックします。

クローン先のディスク

👀注意:
  • クローンした後、ターゲットディスク上の既存データがすべて上書きされるので、事前に重要なデータをバックアップしてください。
  • ターゲットディスクの容量がソースディスクの使用済み容量より小さい場合、「システムクローン」を試してください。

ステップ 4. ニーズに応じて下の3つのオプションでクローンをカスタイマイズできます。

ディスククローン設定

  • パーティションを編集:ターゲットディスクはソースディスクより大きい場合、容量を最大限に活用するには、このオプションで、ターゲットディスクのパーティションのサイズを調整できます。クローン完了後、ターゲットディスクに使えない未割り当て領域がないことを確保できます。

  • SSD 4Kアライメント:ターゲットディスクがSSDである場合、このオプションにチェックを入れると、クローン作成後のSSDの読み取りおよび書き込み速度がさらに向上します。

  • セクター単位のクローン:ターゲットディスクがソースディスクと同じか大きい場合、このオプションにチェックを入れると、ソースディスクが使用されているかどうかに関わらず、ソースディスクのすべてのセクターをクローンします。この機能によって、暗号化されたディスクを解除せずにクローンすることができます。また、ソースディスクの1:1複製を作成したい方に適しています。*「パーティションを編集」と同時に使えません。

ステップ 5. 最後は操作概要を確認し、問題なければ「開始」をクリックします。

プロセスが終了するまで待ちます。それから「完了」をクリックします。ディスククローンにかかる時間はソースディスクの容量によリ異なります。

ハードディスクのクローン作成が完了した後にパソコンの電源を切ります。古いハードディスクを外して、新しいハードディスクのみ接続された状態で起動させます。

もし従来のハードディスクを使い続けたいなら、パソコンのBIOSで起動ドライブを古いハードディスクから新しいハードディスクに変更し、新しいハードディスクから起動するよう設定してください。手順については「起動ドライブを簡単に変更する方法」をご参照ください。

最後に

Windows 8/8.1でハードディスクをクローンする理由、Windows 8/8.1を再インストールせずにHDDを新しいHDDと交換する方法は以上です。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。

ゆき
ゆき· 編集者
ゆきは、AOMEI Technology会社の編集者として長年AOMEI製品についての記事やコンピュータに関する記事を翻訳したり、書いたりしています。パソコンの基礎知識とか、AOMEI製品のバックアップ&復元、クローン、同期などの機能について詳しいです。 IT業界に対して深い興味を持っています。そのほか、旅行、アニメ、音楽、色々なことに趣味があります。