By Comnena / 最後の更新 2021年12月20日

ユーザー事例

説明なしでWindows 11に更新すると、「注意が必要な情報」または「次の作業が必要です」ページが表示されます。

Win11のアップグレード中に、「注意が必要な情報」というエラーウィンドウが表示されました。しかし、システムは完全に標準に達しているので、この問題をどのように解決すればよいですか?

-あるユーザーからの質問

注意が必要な情報

「注意が必要な情報」エラーの原因

このエラーは、Windows 11のアップグレードが35%または85%に達したときによく発生します。このエラーの原因は、互換性のないデバイス、ドライバー、ゲーム、プログラム、またはプログラムのアンインストール時に削除する必要のある廃棄ファイルである可能性があります。通常、Windows 11更新ツールは、これらすべての理由をこのエラーウィンドウに一覧表示する必要がありますが、表示されない場合もあります。

Windows 11と互換性のないいくつかの既知のプログラムとデバイスを以下に示します。

TeamViewer
VirtualBox
VMware Player
LDPlayer
dnplayerext2
BlueStacks
NOX Player
LinuxLive USB creator
UxStyle

Windows 11の「注意が必要な情報」エラーの解決策

この記事では、Windows 11の「注意が必要な情報」エラーに対する3つの異なるソリューションが提供されています。

☞準備:マウスやキーボードのBluetoothレシーバー、外付けHDD、プリンター、スキャナーなど、コンピューター上の不要な外部ハードウェアをすべて取り外します。

解決策1:互換性のない既知のプログラムとデバイスをアンインストール

VirtualBox、VMware Player、BlueStacks、LDPlayer、Nox Player、TeamViewerなど、上記の互換性のない既知のプログラムやデバイスのいずれかを使用している場合は、それらをアンインストールしてください。例としてBlueStacksを取り上げます。

手順 1. コントロールパネルのプログラム一覧から「BlueStacks App Player」を探して「アンインストール」をクリックします。

アンインストール

手順 2. アンインストールしていいかと聞かれるので、「はい」をクリックします。

はい

手順 3. 暫く待つと削除が完了したと表示されます。

削除が完了

エラーが解決しない場合は、現在のWindowsでWindows 11と互換性のないプログラムとファイルを手動で見つける必要があります。

解決策2:Virtualbox.exeファイルを削除

ユーザーのフィードバックによると、最も一般的な問題ファイルはvirtualbox.exeです。PCにVirtualBoxがない場合でも、ほとんどのエミュレーター(LDPlayerやさまざまな種類のプログラムなど)は、このファイルをバックグラウンドで使用する場合があります。

Virtualbox.exeファイルを削除する方法を学び、Windows 11のインストールを段階的に続行してみてください。

手順 1. 解決策1のようにVirtualBoxをアンインストールします。

VirtualBoxをアンインストール

手順 2. アンインストールが完了したらしいんだけど、VirtualBoxによって作成されたデータはまだあります。

データはまだある

手順 3. ファイルエクスプローラーでこのPCを開き、検索ボックスにVirtualBoxと入力し、Enterキーを押して検索を開始します。

手順 4. VirtualBoxに関連するフォルダーを削除します。

フォルダーを削除

解決策3:互換性のないファイルまたはプログラムを手動で検索

それでもWindows11の「注意が必要な情報」エラーが発生する場合は、互換性のないファイルまたはプログラムを手動で見つける必要があります。

手順 1. スタートメニューを開き、「フォルダーオプション」と入力して、検索結果でクリックします。

手順 2. 「表示」タブで、隠しファイルと隠しフォルダーの設定を見つけます。「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」オプションをオンにして、「適用」をクリックします。

隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する

手順 3. ファイルエクスプローラーでこのPCを開き、検索ボックスに*_APPRAISER_HumanReadable.xmlと入力し、Enterキーを押して検索を開始します。5〜10分かかる場合があります。

*_APPRAISER_HumanReadable.xmlと入力

手順 4. Windows Searchは、複数のファイルを見つける可能性があります。すべてのファイルを1つずつ確認することをお勧めします。問題のあるファイルまたはプログラムを見つけた後、それを削除します。

手順 5. 最初のファイルを右クリックし、「プログラムから開く」>「VSCode」を選択します。Notepad ++またはNotepadをお持ちの場合は、これらのアプリからこれらのログファイルを開くこともできます。

手順 6. キーボードのCTRL + Fを押して、エディター(Notepad、Notepad ++、またはVSCode)の検索バーを開きます。

手順 7. DT_ANY_FMC_BlockingApplication Value="TRUE"と入力して、検索します。ここでTrueになっているアプリケーションがブロックされるアプリケーションです。

手順 8. 少し下にスクロールして、LowerCaseLongPathUnexpandedプロパティを見つけてください。このプロパティのValue属性に、問題のあるファイルまたはプログラムの場所が表示されます(例えば:%programfiles%\ ldplayerbox \ virtualbox.exe)。

Value属性

手順 9. 上記の問題のあるファイルからわかるように、問題のあるプログラムはLDPlayerです。このプログラムをアンインストールし、LDPlayerのすべてのファイルが削除されているかどうかを手動でチェックして、すべてが正常であることを確認します。問題のファイルが別のプログラムである場合、操作は同じです。

問題のあるプログラムとファイルを削除した後、Windows 11の更新ウィンドウに戻り、「更新」をクリックします。

最高の無料のWindows11バックアップソフトウェアでファイルを保護

上記の解決策から、「注意が必要な情報」エラーを修正するためにいくつかのファイルまたはプログラムを削除する必要があることがわかります。したがって、Windows 11にアップグレードする前にコンピューターをバックアップすることが非常に重要です。それまでの間、アップグレード中にコンピューターに何が起こるかを予測することはできません。コンピュータのバックアップがあれば、データの損失を心配する必要はありません。

ここでは、AOMEI Backupper Standardを強くお勧めします。これは、Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XP用の無料バックアップソフトウェアであり、以下の機能を提供します。

複数のバックアップの選択:システム/ファイル/ディスク/パーティションのバックアップを含みます。ファイルバックアップを使用すると、ディスク領域をあまり使用せずに、ファイルをさまざまなストレージにすばやくバックアップできます。システムだけをバックアップする場合は、システムバックアップを選択します。
3つのバックアップタイプ:増分/差分/フルバックアップを含みます。毎回フルバックアップを作成すると、時間とディスク容量が無駄になりすぎます。このソフトウェアは、ターゲットディスクスペースを節約するための増分および差分バックアップ機能を提供します。差分バックアップはProfessional版で利用可能です。
さまざまなバックアップスケジュール設定:このソフトウェアは、ユーザーがデータを継続的にバックアップするのに役立つため、変更を見逃すことはありません。スケジュール設定で、デイリー/ウィークリー/マンスリー/イベントトリガー/USB挿入を選択できます。最後の2つのモードは、Professional版で使用できます。

最高の無料バックアップソフトウェアとして、AOMEI Backupper Standardはシンプルで効率的な方法でファイルをバックアップするのに役立ちます。ここでは、ファイルの損傷や紛失を防ぐために、ファイルを外付けHDDにバックアップする方法を説明します。このソフトウェアをダウンロードしてコンピュータにインストールしてください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 1. AOMEI Backupper Standardを起動すると、濃い青色のインターフェイスが表示されます。「バックアップ」タブの「ファイルバックアップ」をクリックします。

ファイルバックアップ

手順 2. 必要に応じて、「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックします。バックアップするファイルまたはフォルダを選択します。

ファイルを追加

手順 3. 矢印の下のボックスをクリックして、バックアップ先を選択します。Windowsで検出できる限り、ファイルをNAS、外付けHDD、またはその他の場所にバックアップできます。

バックアップ先を選択

手順 4. このプログラムの左下隅で、必要に応じて「オプション」、「スケジュール」、「スキーム」をクリックできます。

オプション:コメントの作成、電子メール通知の有効化、イメージの圧縮レベル/暗号化/分割などを行うことができます。

オプション

◑スケジュール:ファイルバックアップをスケジュールできます。

バックアップをスケジュール

◑スキーム:5つの異なるバックアップスキームがサポートされています。古いバックアップを削除して、最新のバックアップバージョンを維持しながらディスク領域を解放できます。

スキーム

上記の機能の一部は、Professional版にアップグレードする必要があります。

手順 5. すべて問題がないことを確認し、「開始」をクリックしてファイルをバックアップします。

開始

まとめ

これはすべて、Windows 11の「注意が必要な情報」エラーに関するものです。このページで提供されている解決策でこの問題を解決できると思います。Windows 11はつい最近リリースされました。使用初期には様々な問題が発生する可能性があります。システムとファイルを保護するには、信頼できるサードパーティのツールが必要です。AOMEI Backupperが最良の選択になることは間違いありません。

Windows 11を更新する前にWindows10 OSをバックアップするために使用することもできます。Windows11をWindows10に戻すことはできない問題が発生した場合は、Windows 10システムイメージで簡単に解決できます。この強力なソフトウェアはクローン、同期、復元機能も提供します。コンピューターはServerである場合、AOMEI Backupper Serverの利用をお勧めします。もし、高級機能を求めない場合、無料版はいつまで利用しても構いません。

最後までありがとうございます。弊社のメールは「[email protected]」で、もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。@(o・ェ・o)@