By Akira / 最後の更新 2022年04月12日

実例:Windows11を初期化できない

 

ある時点でコンピューターを初期化しようとすると、「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました。変更は行われませんでした」というエラーメッセージが示されます。この問題の解決策はありますか?ありがとうございます。

--Redditからの質問

Windows 11を初期化できない

「このPCを初期状態に戻す」は、Windowsを工場出荷時のデフォルト構成にすばやく復元できるWindows11のオプションです。これは、Windowsを最初から再インストールしたり、製造元のリカバリパーティションを使用したりすることより高速かつ便利です。PCを他の人に販売または寄付する場合は、情報やプライバシーが漏洩しないように、PCを工場出荷時の設定にリセットすることをお勧めします。

上記の場合に示すように、「このPCを初期状態に戻す」機能を使用すると、多くのユーザーがリセットの失敗の問題に遭遇しました。Windows11が初期化できないでも、心配しないでください。次の6つの方法は、この問題の解決に役立ちます。

Windows11で初期化が失敗したときの対処法

それでは、Windows11で「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました。変更は行われませんでした」というエラーを解決する方法を見てみましょう。これらのソリューションのほとんどは、Windows10またはWindows8にも適用されます。

方法 1. スタートアップ修復を実行する

Windows11には、スタートアップ修復ツールが組み込まれています。一般的な起動時の問題を検出して修復できます。Windowsスタートアップ修復を実行するには、次の手順に従います。

手順 1. Shiftキーを押しながら「再起動」を押すことで、回復環境にアクセスします。

手順 2. そして「自動修復」の画面で、「詳細オプション」ボタンをクリックします。

詳細オプション

手順 3. 次は「オプションの選択」画面が表示されるので、「トラブルシューティング」をクリックします。

トラブルシューティング

手順 4. 最後は「詳細オプション」→「スタートアップ修復」をクリックします。

スタートアップ修復

その後すぐに、WindowsはPCをスキャンして診断し、PCが正常に機能しなくなる可能性のある問題がないかどうかを確認します。

方法 2. コマンドプロンプトを利用する

Windows11が初期化できない問題を修正するには、コマンドプロンプトを利用することもできます。

まず、管理者としてコマンドプロンプトを開きます。これを行うには、検索ボックスにcmdと入力し、「コマンドプロンプト」を右クリックして、「管理者として実行」をクリックします。

♦SFCコマンド

SFCは、Windowsシステムファイルのスキャンと検証に使用できます。ファイルが破損していて検証できない場合は、修復できます。

手順 1. コマンドプロンプトが表示されたら、次のコマンドを入力してEnterキーを押します。

☞sfc/ scannow

sfc

手順 2. 次に、exitと入力してコマンドプロンプトを閉じ、システムを再起動し、PCを初期化できるかどうかを確認します。

♦DISMコマンド

DISMを使用して、SFCで修正されていない問題を修正できます。したがって、SFCが機能しない場合は、DISMを試すことができます。

手順 1. 管理者としてコマンドプロンプトを開きます。次のコマンドを入力して、Enterキーを押します。

☞DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth

dism

手順 2. システムを再起動し、このPCの初期化を再試行してください。

♦レジストリの名前を変更する

手順 1. コマンドプロンプトウィンドウに次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

cd %windir%\system32\config

ren system system.001

ren software software.001

手順 2. コマンドプロンプトを閉じます。Windows回復環境を使用している場合は、「続行」を選択してWindowsを起動します。Windows11が初期化できない
問題が修正されているかどうかを確認してください。

♦reagentcコマンド

手順 1. コマンドプロンプトで次のコマンドを1つずつ入力します。Enterキーを押すと、それぞれが終了します。

reagentc /disable

reagentc /enable

reagentc

手順 2. 「exit」と入力して、コマンドプロンプトを終了します。Windowsを再起動し、PCを初期化してみてください。

方法 3. システムの復元ポイントを使用する

コンピューターを以前の動作状態に復元できるようにWindows11のシステム復元ポイントを作成します。一部のシステムでは、システムの復元はデフォルトで無効になっています。システムの復元ポイントの作成を開始する前に、これを有効にする必要があります。

システムの復元ポイントが作成されている場合は、以下のタスクに従って、システムを以前の状態に復元できます。

手順 1. Windows+Rを押して、「実行」ボックスを開きます。次に、sysdm.cplコマンドを入力し、Enterキーを押します。

sys

手順 2. 「システムの保護」タブに移動し、「システムの復元」をクリックします。

システムの復元

手順 3. 復元先の復元ポイントを選択し、「次へ」をクリックします。

復元ポイントの選択

手順 4. 「復元ポイントの確認」画面が表示されたら、確認し「完了」をクリックします。

完了

方法 4. システムのバックアップイメージから復元する

システムイメージは、システムドライブのバックアップファイルです。これは、システム障害が発生した場合にオペレーティングシステムを復元するために使用できます。

Windows11の初期化が機能しない場合は、バックアップからシステムを以前のバージョンに復元することで、この問題を解決できます。イメージバックアップから復元するには、以下の手順に従います。

手順 1. 「設定」に移動します。「システム」を選択し、「回復」をクリックします。

回復

手順 2. 「回復」画面で、「回復オプション」下の「今すぐ再起動」をクリックします。

今すぐ再起動

手順 3. PCが再起動したら、「トラブルシューティング」->「詳細オプション」->「イメージでシステムを回復」を選択します。

イメージでシステムを回復

手順 4. 次に、システムイメージを選択し、「次へ」をクリックします。

システムイメージの選択

手順 5. 画面の指示に従ってプロセスを完了します。

方法 5. 回復ドライブから復元する

♦Windows11でリカバリドライブを作成する

ご注意:
回復ドライブを作成する時、プログラムは沢山のファイルをUSBメモリにコピーするので、少なくとも16GBのフラッシュメモリを準備する必要があります。
回復ドライブを作成する時、USBメモリ上のデータはすべて削除されることに注意してください。重要なデータがあれば、事前にバックアップを取っておいてください。

手順 1. パソコンにUSBメモリを接続します。そして、検索ボックスに「回復ドライブ」と入力します。検索結果から「回復ドライブの作成」をクリックします。

手順 2. ポップアップウィンドウで「システムファイルを回復ドライブにバックアップします。」チェックボックスにチェックを入れて「次へ」をクリックします。

回復ドライブにバックアップ

手順 3. 準備したUSBメモリを選択して「次へ」をクリックします。

保存する場所

手順 4. 次の画面で「作成」をクリックして回復ドライブの作成を開始します。

作成

♦回復ドライブからWindows11を復元する

手順 1. USBメモリをパソコンに接続します。

手順 2. 回復ドライブの正常起動後に「キーボード レイアウトの選択」が表示されます。そして、ディフォルトの「Microsoft IME」をクリックします。

IME

手順 3. 「オプションの選択」->「トラブルシューティング」->「ドライブから回復する」をクリックします。

ドライブから回復する

手順 4. 画面の指示に従ってプロセスを完了します。

方法 6. Windows11を新規クリーンインストールする

上記のいずれの方法でもPCの初期化の問題を解決できない場合は、Windows11の新規インストールを試みることができます。

Windows セットアップでCドライブをフォーマットしない限り、すべての個人用ファイルはWindows.oldというフォルダーに格納されています。インストール後に、Windows.oldフォルダーから必要なファイルをコピーすることができます。

フォーマット

Windows11でリセットを実行する簡単な方法

ご存知のように、PCを初期化すると工場出荷時の設定に戻ります。すべてのソフトウェアと一部の個人データが削除されます。また、このプロセスで、いくつかのシステムの問題が発生する可能性があります。

したがって、コンピュータを保護するために、システムとデータをバックアップする必要があります。AOMEI Backupper Standardは、Windows 11/10/8.1/8/7/XP/Vistaのシステムイメージを作成するのに役立つ強力な無料のバックアップソフトウェアです。

これを使用すると、PCの起動に失敗した場合でも、WinPEでシステムの復元を実行するための起動可能なUSBドライブを簡単に作成できます。また、このソフトウェアは、バックアップ、クローン作成、同期、復元、その他の強力なツールなどの複数の機能を提供します。

次に、AOMEI Backupper Standardを使用してPCを以前の状態に簡単に復元する方法を示します。開始するには、フリーソフトをダウンロードしてください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
事前する前の準備:
「バックアップ」タブに移動し、「システムバックアップ」を選択して、システムイメージを作成します。
「ツール」タブに移動し、「ブータブルメディアの作成」を選択して、PCの起動に失敗した場合に備えてブータブルメディアを作成します。

手順 1. AOMEI Backupper Standardを起動します。左側にある「復元」をクリックします。次に、「タスクを選択」または「イメージファイルを選択」をクリックして、前に作成したシステムイメージを見つけます。

復元

手順 2. 「System Backup」をバックアップタスクとして選択し、「次へ」をクリックします。

バックアップイメージ

手順 3. バックアップ全体または一部を選択して復元し、「次へ」をクリックします。

バックアップの選択

手順 4. バックアップを復元するターゲットパスを選択し、「次へ」をクリックします。そして、「開始」をクリックして操作を実行します。

ターゲットバス

ヒント:ユニバーサル復元」の機能を利用して異なるハードウェアを搭載した別のコンピュータで作成したバックアップイメージを復元することができます(AOMEI Backupper Professionalにアップグレードする必要があります)。

まとめ

以上は、Windows11を初期化できないという問題を解決する方法です。PCを初期化する前に、データの損失を防ぐために完全バックアップを作成する必要があります。AOMEI Backupperで作成されたバックアップイメージを使用すると、いつでもPCを以前の正常の状態に復元できます。また、HDD間でデータを転送したり、古いHDDをより大きなSSDに交換したりするのにも役立ちます。