By Comnena / 最後の更新 2022年04月19日

Windows 11でMBRをGPTに変換する理由

Windows 11

Windows 11にアップグレードしたいユーザーにとって、「Windows 11はMBRまたはGPTを使用していますか?」という質問があります。MicrosoftがリリースしたWindows11の要件によると、Windows 11は古いMBRディスクパーティションスタイルを破棄し、代わりにGPTを使用します。これは、Windowsコンピューターをより安全にするためでもあります。したがって、Windows 11にアップグレードする場合は、現在のMBRディスクをGPTディスクに変換する必要があります。

それでは、ディスクのMBRとGPTは何ですか?MBRとGPTは、HDDなどのストレージデバイスで一般的に使用される2つの異なるパーティションスタイルです。これらは、MBRからレガシーモードおよびGPTからUEFIモードのさまざまなブートモードに対応します。GPTは、MBRパーティションスタイルよりも柔軟性があり、最新のハードウェアと互換性があります。GPTの最大の利点は、ディスクのサイズとパーティションの数に制限がないことです。MBRディスクパーティションスタイルでは、最大2TBのボリュームと1個のディスクに最大4つのプライマリパーティションをサポートします。

Windows 11でMBRをGPTに簡単に変換する方法

ディスクがまだMBRの場合は、Windows 11に更新する前にGPTに変換する必要があります。WindowsでMBRからGPTに変更するにはどうすればよいですか?心配しないでください。次に、2つの簡単な方法を紹介します。

方法 1. ディスクの管理でMBRをGPTに変換

組み込みツール「ディスクの管理」は、ボリュームとディスクの拡張、縮小、削除、およびフォーマットをサポートします。また、MBRディスクをGPTディスクに変換することもできます。

ただし、変換プロセス中に、すべてのパーティションが削除され、未割り当て領域を使用して新しいパーティションを作成するため、以前のデータはすべて失われます。事前にパーティションバックアップを作成してください。次に、以下の手順を実行できます。

手順 1. 「スタート」をクリックしてください。そしてテキストボックスに「diskmgmt.msc」を入力して「Enter」キーを押します。

手順 2. ターゲットディスクのボリュームを右クリックし、「ボリュームの削除」を選択してこの操作を繰り返し、すべてのボリュームを削除します。

ボリュームの削除

手順 3. ディスクが未割り当て領域として表示されたら、ディスクを右クリックして「GPTディスクに変換」を選択します。そして、残りのすべてのステップを完了します。

GPTディスクに変換

変換プロセスが完了したら、ディスク管理を閉じます。これで、GPTディスクを使用して、必要に応じてパーティションを作成したり、ディスクに新しいOSをインストールしたりできます。

方法 2. DiskpartでMBRをGPTに変換

MBRディスクをGPTに変換するのに役立つ別の組み込みツールDiskpartを選択することもできます。Diskpartを使用してMBRをGPTに変換するには、ディスク全体をクリーンアップする必要があるため、最初にディスクデータをバックアップすることを忘れないでください。次に、以下の手順に従います。

ステップ 1. スタートメニューをクリックし、検索ボックスに「Diskpart」と入力し、検索結果からDiskpartを右クリックし、「管理者として実行」を選択します。

ステップ 2. diskpartと入力し、Enterキーをクリックします。

ステップ 3. 次のコマンドを1つずつ入力し、毎回Enterキーを押します。

list disk
select disk 1(MBRディスクを選択する必要があります。)
clean
convert gpt

Diskpart

手順 5. 変換プロセスが完了したら、exitと入力します。

方法 3. サードパーティソフトウェアでMBRをGPTに変換

最初の2つのMBRからGPTへの変換ツールを使用する場合、空のMBRディスクのみをGPTに変換できることに注意する必要があります。したがって、MBRディスク上の既存のパーティションをすべて削除する必要があります。これにより、データが失われます。

ボリュームを削除してデータを失うことなくMBRをGPTに変換する場合は、サードパーティのパーティションソフトウェアであるAOMEI Partition Assistant Professionalが要件を最もよく満たすことができます。データを失うことなく、MBRをGPTに、またはGPTをMBRに変換できます。

これで、AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードしてインストールできます。次に、以下の手順に従います。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
注意:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

手順 1. ソフトウェアを開き、変換するMBRディスクを右クリックして、「GPTディスクに変換」オプションを選択します。

GPTディスクに変換

手順 2. ポップアップウィンドウで「はい」をクリックして、操作を確認します。

はい

手順 3.「適用」ボタンをクリックして、変換をコミットします。

適用

注:このソフトウェアは、GPTからMBRへの変換もサポートしています。OSなしでGPTをMBRに変換する場合は、起動可能なメディアを作成し、そこからPCを起動してWindows PEモードに入り、変換を完了することができます。

ブートモードをUEFIに変更する方法

Windows 11でMBRをGPTに変換したら、ブートモードをUEFIに変更する必要があります。方法は以下の通りです。

ステップ 1. メーカー指定のキーボード(F2、F9、F12など)を連続して押して、ブート(Boot)画面を表示させます。

ステップ 2. BIOSの「Main」メニュー画面で、「Boot」を選択します。

ステップ 3. 「Boot」画面から、「UEFI/BIOS Boot Mode」を選択し、Enterを押します。

ステップ 4. すると、「UEFI/BIOS Boot Mode」ダイアログボックスが表示されるので、「UEFI」を選択します。

UEFI/BIOS Boot Mode

ステップ 5. 変更内容を保存して画面を終了するには、F10を押します。

パーティションスタイルを変換せずにWindows11システムバックアップをGPTに復元

GPTディスクに加えて、Microsoftが提供するWindows 11の要件では、TPM2.0とセキュアブートが必要です。ただし、一部のコンピューターはこれら2つの条件を満たしていません。この時、信頼性の高いバックアップおよび復元ソフトウェアAOMEI Backupper Professionalがお手伝いします。これにより、ディスクパーティションスタイルを変換せずにシステムバックアップをGPTに復元でき、TPMとセキュアブートを回避できます。

このソフトウェアは強力なバックアップ機能を備え、システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップの4つのバックアップソリューションをサポートします。必要なアイテムをバックアップし、Windows11システムバックアップをGPTディスクに簡単に復元できます。「ユニバーサル復元」機能でパーティションスタイルを変換せずに、システムバックアップを別のハードウェアを備えた別のコンピューターに復元できることです。

★この機能は、次の状況で役立ちます。
TPM2.0とセキュアブートを回避してWindows 11をインストール
ディスク変換なしでWindows 11をインストール
別のハードウェアでクラッシュしたシステムを即時回復
異なるハードウェアがインストールされているコンピューターにシステムを移行
物理マシンと仮想マシンの間にシステムをインストール
マザーボード、CPU、およびその他のハードウェアを交換した後、システムを再インストール

復元を開始する前に、Windows 11が既にインストールされている別のコンピューターにAOMEI Backupper Professionalをインストールする必要があります。次に、それを使用して、システムイメージとブータブルメディアを一緒に作成します。これらの準備が完了したら、以下の手順に従って、システムを起動できないコンピューターに復元できます。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
 安全かつ高速

手順 1. システムイメージとブータブルメディアを含むディスクを、Windows 11をインストールするコンピューターに挿入します。次に、コンピューターを再起動して、ブータブルディスクから起動します。ソフトウェアインターフェイスが表示されたら、「復元」をクリックし、「タスクを選択」または「イメージファイルを選択」をクリックします。

タスクを選択

手順 2. 復元するバックアップイメージを選択し、「次へ」をクリックします。

バックアップイメージを選択

手順 3. Windows11をGPTディスクに復元するターゲットを選択します。

ターゲットを選択

手順 4. 「ユニバーサル復元」にチェックマークを付け、「開始」をクリックします。

ユニバーサル復元

Windows 11でのMBRからGPTへの変換に関するFAQ

1. Windows 11にはUEFIが必要ですか?

Microsoftは、ユーザーに強化されたセキュリティを提供するために、Windows11でUEFIを使用することを決定しました。これは、Windows 11がUEFIで実行される必要があり、レガシーモードと互換性がないことを意味します

2. ディスクがMBRかGPTかを確認するにはどうすればよいですか?

「ディスクの管理」ウィンドウで、確認するディスクを見つけます。それを右クリックして「プロパティ」を選択します。「ボリューム」タブをクリックします。「パーティションスタイル」の右側には、ディスクが使用しているものに応じて、MBRまたはGPTのいずれかが表示されます。

3. SSD MBRまたはGPTですか?

ほとんどのPCは、HDDとSSDにGPTを使用します。GPTはより強力で、2TBを超えるボリュームを許可します。MBRディスクタイプは、32ビットPC、古いPC、およびメモリカードなどのリムーバブルドライブで使用されます。

まとめ

Windows 11ではコンピューターがUEFIモードをサポートしている必要があるため、ディスクをGPTに変換する必要があります。この記事では、Windows 11でMBRをGPTに変換する2つの便利な方法を紹介します。これら2つの方法を使用する場合、以前のデータがすべて削除されるため、重要なファイルを事前にバックアップすることをお勧めします。

AOMEI Backupper Professionalを使用すると、ディスクを変換せずにWindows 11システムバックアップをGPTディスクに復元できますこのソフトウェアのユニバーサル復元機能を使用すると、ハードウェアが異なるコンピューターにシステムバックアップを復元できるため、データの損失やコンピューターの再インストールを回避できます。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019/2022(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Backupper Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。

この記事が助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。最後までありがとうございます。