By Comnena / 最後の更新 2021年09月26日

ISOイメージを使用する主な利点

コンピュータの問題が発生した場合に備えて、OSのバックアップを作成することは非常に重要です。バックアップがISOイメージ形式の場合、他のデバイスで復元または使用すると非常に便利です。システムがクラッシュしたり、データが失われたりした場合は、すぐにISO取得状態に戻ることができます。

他のイメージバックアップ形式と比較して、ISOイメージ形式のバックアップにはいくつかの利点があります。

1. ISOイメージ自体は起動可能であるため、起動に問題が発生したときにPCを復元するために使用できます。
2. 別のPCに簡単に展開できます。
3. バックアップツールやクラウドに依存しません。
4. 仮想ドライブとしてマウントすることにより、そのコンテンツを表示できます。(Windows 8/8.1/10では、ダブルクリックしてマウントします。)
5. 仮想マシンでISOイメージを実行します。

コマンドでOSからWindows10 ISOを作成する方法

Windows 10/11には、リカバリ環境でWindowsイメージをキャプチャできるDISM機能が組み込まれています。これを使用するには、Windows10リカバリメディアまたはインストールディスクが必要です。これを準備したら、以下の手順に従ってWindows10リカバリイメージをキャプチャできます。

手順 1. リカバリメディアまたはインストールメディアからPCを起動します。

手順 2. インストールディスクから起動する場合は、Windowsセットアップ画面でShift + F10を押して、コマンドプロンプトを表示できます。リカバリメディアから起動する場合は、「トラブルシューティング」>「詳細オプション」>「コマンドプロンプト」を選択します。

手順 3. 次のコマンドを入力して、Enterキーを押します。

dism /Capture-Image /CaptureDir:C:\/ImageFile:D:\Windows10\install.wim /Name:Windows10 /description:2018-01-10

注意:ドライブ文字はリカバリモードで変更される可能性があるため、WindowsインストールドライブはCドライブではない可能性があります。ImageFileスイッチのロケーションパス「D:\Windows10」を、カスタムを保存するターゲットロケーションパスに置き換える必要があります。また、capturedirスイッチのドライブ文字CをWindowsシステムパーティションに置き換える必要がある場合もあります。

windows10 ISOを作成

このプロセスには時間がかかる場合があり、その間PCの電源を切ることはできません。このイメージファイルは、Windows 10/11 PCをリセットするために使用できます。起動可能なISOイメージとして作成するには、次の手順に従います。

手順 4. ファイルエクスプローラーでWindows10インストールディスクを開きます。その内容をコピーして、内蔵または外付けハードドライブのフォルダに貼り付けます。たとえば、Dドライブにある「iso-files」という名前のフォルダにコピーします。Windows 10/11 ISOをマウントして、そのコンテンツをコピーすることもできます。

手順 5. 前に作成したカスタムイメージinstall.wimをSourceフォルダーにコピーし、元のイメージを置き換えます。

手順 6. Windows 10/11用の最新のWindowsアセスメントおよび展開キット(ADK)をダウンロードしてインストールします。インストールする展開ツールを選択するだけで済みます。

ADKをダウンロードしてインストール

手順 7. 管理者特権でコマンドを実行します。

oscdimg.exe -m -o -u2 -udfver102 -bootdata:2#p0,e,b[path of the iso-files]\boot\etfsboot.com#pEF,e,b[path of the iso-files]\efi\microsoft\boot\efisys.bin [path of the iso-files][new location to save the iso image of the current windows]

コマンドはちょっと複雑です。簡単にするために、無料のツールをFolder2ISOとして使用して、手順4で作成したフォルダーからISOイメージを作成することもできます。

Windows 7/8/10/11でISOイメージを作成する方法

Windows 7では、組み込み機能のバックアップと復元を使用して、ハードドライブのWindows7のイメージバックアップを作成できます。復元することも、仮想ドライブとしてマウントすることもできます。ただし、ISOではなくVHD形式です。

データを定期的にバックアップする必要がなく、バックアップするデータが少ない通常のユーザーの場合は、Windows7のバックアップと復元で十分です。高度なバックアップと復元の経験が必要なユーザーには、無料バックアップソフトウェアAOMEI Backupper Standardを使用できます。

NTFSだけでなく、Windowsによって検出されたすべてのボリュームを保護するために使用でき、1つだけではなく、より多くのスケジュールされたバックアップタスクを持つことができます。

AOMEI Backupperを使用してOSからイメージバックアップを作成する方法は以下のとおりです。

手順 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロード、インストール、実行します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 2. 「バックアップ」タブで「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

手順 3. システムバックアップの場合、プログラムは自動的にバックアップ元を選択します。イメージのバックアップを保存するターゲット場所を選択するだけです。

ターゲット場所を選択

手順 4. 「スケジュール」をクリックして、必要に応じてバックアップを実行するタイミングを構成します。その後、「開始」をクリックしてバックアップを開始します。

バックアップが完了したら、USBドライブまたはCD/DVDを使用して起動可能なメディアを作成できます。システムが起動できない場合は、それを使用してWindows 11/10/8/7のすべてのバージョンを起動し、PCを復元できます。

補足:ここでは、システムバックアップを作成するもう一つの選択を提供しています。AOMEI OneKey Recovery(OKR)を利用して、回復パーティションを直接作成して、システムを回復パーティションにバックアップすることができます。その回復パーティションを利用して、簡単かつ高速にシステムを復元することができます。

まとめ

前述のように、コンピュータのバックアップは重要です。OSからISOイメージを作成することも、AOMEI Backupperでカスタムシステムイメージをバックアップすることもできます。全体として、ISOイメージの使用法は広くなっていますが、ISOイメージを作成するにはさらに多くの労力が必要です。さらに悪いことに、ISOイメージを更新する場合は、これをもう一度繰り返す必要があります。

AOMEI Backupperを使用している場合は、スケジュールバックアップを設定すると、イメージバックアップが自動的に最新の状態に保たれます。増分バックアップと差分バックアップ機能を使用すると、わずかなディスク容量で複数のイメージバックアップを作成できます。

コンピューターはServerである場合、AOMEI Backupper Serverの利用をお勧めします。もし、高級機能を求めない場合、無料版はいつまで利用しても構いません。