By Akira / 最後の更新 2022年04月13日

実例:OSを別のHDDに移行したい

 

古い120GBのHDDを持っていますが、ディスク容量不足の問題にうんざりしているので、すべてを再インストールせずにOSを別のHDDに転送してHDDをアップグレードしたいと思います。古いHDDで、新しいデータを保存したり、新しいアプリケーションをインストールしたりすることはできません。また、コンピューターの動作速度は非常に遅いです。それで、OSを再インストールせずに別のHDDに転送することは可能ですか?

--Yahoo!ユーザーからの質問

OS移行

なぜOSを新しいHDDに転送する?

多くのユーザーにとっては、上述のディスク領域不足の問題に直面したことがあるかもしれません。この場合、最善の解決策は、OSを新しいHDDまたはより大きなHDDに転送することです。コンピュータユーザーにとってはOS移行は珍しいことではありません。

一つの理由:システムの(再)インストールに結構時間がかかるので、人々は常にOSを一つのコンピューターから別のコンピューターへ移行しようとします。例えば、企業の場合にはシステムを一つのコンピューターにインストールした後、他の複数台のPCでインストールは一つずつ実行される代わりに、OSを他のPCへ移行するのは時間と手間を節約できて、もっと便利、楽でしょう~o(^▽^)o
もう一つの理由:お使いのパソコンが古くなるにつれ、その動作が重くなったり、処理速度も遅くなります。ほとんどのユーザーはそれを新しいパソコンに買い替えることを考えます。しかし、前のOSとかアプリとかを続けて利用したいです。こういう時、2つのパソコンのマザーボードは同じである限り、古いPCから新しいPCへOSをクローンすることで古いパソコンのOSやデータを直接引越し(移行、移動)すればOKです。好きなアプリやプログラムを新しいPCにもう一度インストールする必要がありません。

OSを新しいHDDに移行する前の準備

√1. Windows 7が正常に動作するコンピューターが必要です。

√2. 新しいHDDまたはSSDをコピー先として用意します。

※注:コピー先のHDDまたはSSDの空き領域は、必ずしも古いHDDの総容量よりも大きいとは言えませんが、古いHDDの使用領域よりも大きい容量を確保してください。

√3. 新しいHDD(またはSSD)をパソコンに接続するためのケーブルまたはアダプタが必要です。デスクトップパソコンの場合、SATAのデータケーブルと電源ケーブルを介して新しいHDDをセカンダリ・ディスクとして接続することができます。ノートパソコンの場合、SATA-USB変換アダプタを介して新しいHDDを外から接続することができます。

、SATA-USB変換アダプタ

※注:ドライブベイに余裕があるデスクトップPCは2台のHDD(またはHDDとSSD)を同時に取り付けることができます。また、SSD用スロットを装備したパソコンはHDDとSSDを同時に搭載して、併用することもできます。

√4. システムクローンソフトウェアが必要です。

OSを新しいHDDにクローンするのに最適なソフトウェア

OSを別のHDDにクローンするには、プロのクローンソフトウェア-AOMEI Backupper Professionalを使用することをお勧めします。5,000万人以上のユーザーに広く使用されており、Windows11/10/8/7/XP/Vistaなどに適しています。システムクローンの作成とディスククローンの作成をサポートしており、必要に応じて選択できます。

システムクローン:システムクローンの機能を使用して、OSを新しいHDDに転送できます。すべてのシステム関連ドライブ(システム予約済みパーティションやUEFIパーティションなど)を同時にクローンできます。また、システムのカスタム設定、個人用ファイル、およびシステムドライブにインストールされているプログラムも、新しいHDDにクローンされます。

ディスククローン:ディスククローンの機能を使用して、OSを大きなHDDから小さなHDDに移動することができます。また、選択したシステムドライブ(通常はC:ドライブ)の各セクターを新しいドライブにクローンする場合は、「セクター単位のクローン」を指定できます。

ここで、AOMEI Backupper Professionalをダウンロードして、OSの移行タスクを簡単に完了することができます。次に、具体的な手順を見てみましょう。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

Windows11/10/8/7でOSを別のHDDに転送する方法

以下は、AOMEI Backupper Professionalを使用してOSを新しいディスクに移動するための具体的な手順です。

手順 1. AOMEI Backupperを起動し、「クローン」をクリックして、「システムクローン」を選択します。

ヒント:ターゲットHDDに十分なスペースがある場合は、ディスククローン機能を使用してHDDをSSDにクローンすることができます。これで、OS、インストールされているすべてのプログラムまたはすべても個人データが含まれます。

システムクローン

手順 2. このソフトウェアは、OSドライブやその他の起動に必要なパーティションを含むソースパーティションを自動的に選択します。したがって、別のHDDを宛先の場所として選択し、「次へ」をクリックして続行します。

ヒント:ターゲットの場所がパーティションの場合、クローンされたパーティションは削除または上書きされます。したがって、重要なデータがある場合は、事前にファイルをバックアップしてください。

保存する場所

手順 3. ソースドライブとターゲットドライブを確認したら、「開始」をクリックしてシステムクローンの進行を開始します。

>>SSD 4Kアライメント:ターゲットドライブがSSDの場合、このオプションを選択してSSDのパフォーマンスを向上させることができます。
>>セクター単位のクローン:使用されているかどうかに関係なく、システムパーティション上のすべてのセクターのクローンが作成されます。これには時間がかかります。
>>パーティションを編集:この機能を使ったら、コピー先のディスクのパーティションサイズを手動か自動で調整できます。

開始

手順 4. 進行状況が100%になったら、「完了」をクリックしてインターフェイスを終了してください。

完了

そのほか:
ディスクまたはシステムのクローン作成機能に加えて、最初にシステムイメージを作成してから、システムイメージを別のHDDに復元することにより、OSを別のドライブに移動できます。コンピューターが起動できない場合でも、起動可能なメディアを使用してシステムイメージを復元できます。

新しいHDDからパソコンを起動する方法

クローンが完了した後、パソコンを直接にHDDから起動できます。でもその前、「BIOS」または「UEFI」で起動順位を変更する必要があります。

手順 1. パソコンを再起動し、メーカーのロゴが表示され、メーカーに応じて特定のキーを押し続けて、「BIOS」または「UEFI」に入ります。

手順 2. 「Boot」タブに移動し、新しいHDDを最初に起動するドライブとして設定し、「F10」キーを押して、設定を保存し、完了します。

bios

おまけ:古いHDDの再利用/安全処分について

1. 古いHDDの再利用

クローンした後、新しいHDDをシステムディスクとして使用し、古いHDDをデータディスクとして使用すると、システムの性能を最大限に活用できます。

また、HDDをバックアップ保存用のデバイスでも可能です。AOMEI Backupperのファイル/システム/パーティション/ディスクバックアップ機能を使用して、重要なデータを定期的にバックアップすることをお勧めします。こうすることで、新しいHDDのデータセキュリティも守られ、古いHDDも活用できます。それに、古いHDDは十分な容量があるため、容量が不足しているのも心配する必要がありません。

ディスクバックアップ

2. 古いHDDの安全廃棄/譲渡

ゴミ箱を空にすればデータが完全に消去されると考えっていますか?それは不十分です。こんなふうに削除されたデータはプロの復元ソフトによって簡単に復元することができます。重要なデータを漏れる可能性があります。

したがって、データセキュリティのため、古いHDDを他人に譲たり、廃棄したりする前に、データを徹底的に削除する必要があります。AOMEI Backupperの「ディスク消去」機能は、4つの消去モードに対応し、いずれかのモードを使っても、あなたのデータを徹底的に消去できます。ぜひ使ってみてください!具体的な手順については、こちらをご覧ください。

ディスク消去

まとめ

ご覧のとおり、AOMEI Backupperは、システムクローンを実行する簡単な方法を提供します。これを使用すると、クローンされたHDDからコンピューターを正常に起動できます。また、システム予約済みパーティションを別のドライブに移動するのにも適しています。

Windows Server 2003、2008、2012、2016、2019、2022(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Backupper Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。

はい、以上です。この記事が役立つ場合は、友達と共有してください。何か質問や提案がある場合は、コメント欄に残してください。または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。